クリスマス柄のハギレ

c0179853_07283312.jpg


 私は、季節とかイベントに合わせた布を買って、それで何かを作るということをしてこなかったのだけど、なんとなんと、クリスマス柄のハギレを、初めて買っちゃった。

 どういう心境の変化なのか、自分でもわからない。
 あえていえば、可愛いものを作って、心を浮き立たせたかったのかな…。

 薄利多売はいやだとか、和布で頑張るとか、これからのことについていろいろと考えたりはするのだけど、きっちり方向づけしてしまうと、計画通りにいかない時のストレスが大きいのだと、今回、落ち込んだことで気がついた。

 これでは、本末転倒だ。

 何よりも縫うこと編むことを楽しもう!
 でもでも、製作には手を抜かない。
 どの作品をあとから見ても、「ああ、あの時は、この技術とセンスが私の持てる最大のものだったんだな」と思えるものを作ろう!

 …ということで、クリスマス柄のハギレを買って、ちょっと凹んでいた自分を甘やかしてやりました。(笑)





[PR]

# by miman57 | 2017-10-23 08:35 | 作ったもの | Comments(0)

『史記』―商君列伝―

 4月から始まって、半年受講したカルチャー講座の『史記』の、昨日は、半年ごとの更新日だった。「前回の4人のお仲間たちも更新して、続けるのかな?」と、不安だったけれど、全員、続けて2回目の講座を受講。ほんとうに嬉しい!

 そして、そして、もっと嬉しいことが!
 なんとなんと、新しい人が入ってきた、それも、女性!

 1日かぎりのお試し受講だったらしいけれど、離してなるものですか!
 さっとそばに寄って挨拶して、強引に私の横に座ってもらい、「新しいお友達が出来そうです!」と、先生にも言っちゃったね。

 彼女の受講の動機が、「日本の古典の勉強をしているのだけど、その中に、古代中国のこともよく出てくるから知りたくて」だった。私より10歳くらい年配者に見えたけれど、なんだなんだ、私より、上級者じゃないか。

「講義内容、理解出来ますので、受講者になります。来月より、よろしく」ということで、お別れした。
 ほんと、嬉しい、嬉しい。「矢でも鉄砲でも、降ってきやがれ。いまの私は、なんでも許してやろうじゃないか」と、いまだにそんな気分だ。(笑)

 ところで、今回からの講座、内容もまあまあ知っている『戦国時代』に入るので、もう、数日前から幼稚園児の遠足みたいに楽しみだった。

 知的好奇心が刺激されるって、こんなにも楽しいことなんだと思う。
 たぶん、受講の間、私の目はキラキラとしていて、顔も輝いているのだろうなあ。

 写真は、またまた先生の中国のお土産のお菓子。
 これで、お土産のお菓子をいたただくのは、3回目。

 正直に言います、前の2回のお菓子は味見しただけで、まずくて最後まで食べられなかった…。
 しかし、今回は、美味しかった!
 余っていたので、1個よぶんにもらって帰ってきて、デジカメでパチリ。

c0179853_09254519.jpg





[PR]

# by miman57 | 2017-10-22 09:31 | 日々に想う | Comments(0)

レース編みのテーブルセンターが3つ

c0179853_05200480.jpg
c0179853_05201023.jpg
c0179853_05201426.jpg


 もうすぐ、町内文化祭。
 手芸クラブの会員は、手芸クラブで作った作品1つと、自前の作品を何点か、手芸作品を出展することになっている。

 手芸クラブで習った作品は、今回は葡萄のアップリケのバッグと決まっているのだけど、(でも、まだ完成していない。(>_<))、自前の作品については、毎年、悩むところ。
 毎日、何かを作っているようで、最近の作品については、人にプレゼントしてしまうか売ってしまうので、手元には残っていないのだ。

 それで、今回は、以前に編んだレース編みのテーブルセンターを出すことにした。
 3つとも出すか、1つにするかは、思案中。
 糸は、3つとも、エミーグランデです。

 久しぶりに過去作品を眺めていて、「うわ~~、こんなものを編む根気が、以前の私にはあったのだなあ」と、自分で驚き!
 しょっちゅう里帰りしてくる長女と孫の相手をしながらだよ、それも!(笑)

「そういえば、手作り作品を販売するようになって、大きな時間のかかる作品を作らなくなったなあ」と思い、ちょっと残念にも思う。
 まあ、どちらの道をすすんでいても、楽しみも悩みもそれぞれなんだろうけれど。






[PR]

# by miman57 | 2017-10-21 05:23 | 作ったもの | Comments(2)

キャラメルポーチが2つ(ネコ柄)

c0179853_07453902.jpg


 久しぶりに、キャラメルポーチを2つ作った。
 飽きもせずに繰り返し作っているので、ぺたんこ型やマチ付き台形型より、自分は、このキャラメル型が好きなんだなと思う。

 ファスナーの根元を隠すための長方形の小さなタブを所定位置につけるのが難しくて、裏から縫って表にひっくり返してから、「上手く出来た」「歪んだ」の、いつも<賭け>状態。(笑)
 しつけもしっかりかけてはいるのだけど、重なる布の厚さが半端ではないので、どうしてもずれてしまう。
 今後の課題だ。


 前回のブログで、半月で12個も売れたと嬉しそうに書いたのだけど、昨日は、お店で凹むことがあった。

「でも、作り続けるしかない」と気をとりなおすのに、3時間くらいかかった。
 あっ、いま思えば、3時間って、短い、短い! (^O^)/

 つくづくと、年金暮らしの年寄りって、買い物先のお店でも病院でもどこでも<お客様>待遇で、目の前の相手が<お客様>で、自分が相手の要望に合わせるということしないで済むんだなと思ったことだ。

 忠言が、やたらと耳に痛くて、とっさに聞こえないふりをしたくなる。

 これでは、世間知らずの我儘な年寄りの道をまっしぐらだなあ。

 自分でいうのもなんだけど、私は気の長い性格で、そのうえに『石の上にも3年』が座右の銘でもあるのだけど、何をしても若い時の倍の時間がかかる年齢になったいまは、パニクる前に『石の上にも6年』と思わなくちゃ。





[PR]

# by miman57 | 2017-10-20 07:49 | 作ったもの | Comments(4)

縮緬細工の椿が完成


c0179853_10395199.jpg


 縮緬細工の椿が7つ、完成です。
 ほんとうは8つなんだけど、1つ、人にあげてしまったので。

 化繊100%の縮緬ハギレの片付けなんだから、「作れるだけ作ったら、残りの布は捨てる」「化繊100%の縮緬ハギレは、これからは絶対に買い足さない」と、作る前に決めていたのに、紐はしかたないとして、布地、買い足しちゃった…。

 それから、ゴミ箱行きの予定だった残りの布地は、きちんと畳んで箱にしまってしまった。
 だって、だって、こんなに可愛いものが出来ちゃうんだもの。(笑)
 
 縮緬細工の本を見ていたら、「金魚、作りたい! 七宝まり、作りたい! 猿ぼぼ、作りたい!」状態になった。葡萄のアップリケのバッグを仕立てなくちゃいけないし、作りかけの作品もいっぱいあるし、そのうえに、こういう時に限って、銘仙を使って作るバッグのアイデアが、ぽこっと浮かんだりもして。

 それからそれから、営業部長の夫の言うとおりに、お店に作品をてんこ盛りにしたので、年内は小物作りから解放されると思っていたのに、半月で12個も売れてしまって、品薄になってしまっていた。

 営業部長が、興奮して、「もっと、作れ、作れ」って、以前にもまして、うるさい、うるさい。

 ああ、困った、困った…。(>_<)
 


[PR]

# by miman57 | 2017-10-18 10:45 | 作ったもの | Comments(4)

葡萄のアップリケのバッグ(製作途中)

c0179853_05562391.jpg
c0179853_05563005.jpg

 
手芸クラブ作品の葡萄のアップリケのバッグ、葡萄のアップリケまで出来た。

 表は、キットの見本通り、裏は、何もないのはさみしいという先生の意向で、残り布で小さいアップリケをアレンジしている。

 こういう手の込んだ今までにやったことのないものは、ついつい逃げてしまう…。
 先週も、手芸クラブの日がのっぴきならないほどに近づいてから重い腰があがるし、今週も、「友人にプレゼントのバッグなどつくっている場合じゃないでしょう」とわかってはいながら、逃げていた。

 手芸クラブの日が2日後と迫って、やっと、頑張ろうという気になった。(>_<)

 手芸クラブに入っていなければ、昨年作ったハワイアンキルトのバッグも、今回の葡萄のアップリケのバッグも、作ってはいなかっただろうなあ。
 おかげで、アップリケとキルティングのこと、少しはわかるようになった。

 下に、昨年の今頃、頑張っていたハワイアンキルトのバッグの写真も貼っておきます。
 今回のバッグ、このハワイアンキルトのバッグよりは、簡単で嬉しいです…。(笑)

c0179853_05574343.jpg
c0179853_05574822.jpg



[PR]

# by miman57 | 2017-10-17 06:04 | 作ったもの | Comments(3)

お婆ちゃんのレッスンバッグ(笑)

c0179853_06165213.jpg
c0179853_06171094.jpg


 布の整理をしているのだけど、縮緬布とともに処分できなかった和風柄のキルティング布で、レッスンバッグを作った。
 孫3人のレッスンバッグは、スモックと同じく目を瞑っていても縫えるくらいに縫ってきたけれど、これは<お婆ちゃんのレッスンバッグ>です。

 手芸クラブで仲良くなった友人が、お裁縫道具を風呂敷包みで持ってきているのが、ずっと気になっていて、大きめの手提げ袋を作ってあげたいなと思っていた。
 ずっと…って、申し訳ない、何年も前から…。
 自分のバッグを作った時から…。

 下の写真は、自分の使っているバッグと今回作った物を並べてみたもの。
 柄は私ほうが可愛いけれど、(笑)、大きさは、今回作ったもののほうが、大は小を兼ねるで断然いいと思う。喜んでくれたらいいな。

c0179853_06172263.jpg

 この和風柄のキルティング布は、手芸店でハギレとしてサービスワゴンにのっていたものを買った。違う柄で4枚も買って、今回で、3枚を使い切った。
 残りの1枚、といってもあまり残っていないけれど、やっぱり捨てられない。

 次は、何をつくろうかな?

 




[PR]

# by miman57 | 2017-10-15 06:20 | 作ったもの | Comments(4)

小学1年生のスモック

c0179853_23361456.jpg


 長女に頼まれていて、1か月前に布を裁ってそのままにしていた小学1年生の孫のスモックを、やっと縫い上げた。

 肩の荷が下りたので、嬉しくて、さっそく写真に撮って、ブログ記事にすることにした。
 夜中の室内の写真なので、きれいに撮れていなけれど、さっさと片づけて、次に移りたいのだ。

 公民館で月1度で開催されている無料の絵画教室に行く時に、着せるのだとか。
 幼稚園で着ていたスモックが小さくなったので、どんな布でもいいから作ってということだったので、昔々に買っていた布で作った。

 孫のスモック作りは、幼稚園で終わりと思っていたのに…。

 …というようなことを、昨年、同じく絵画教室に通っているお姉ちゃん孫のスモックを縫った時も、書いたような気がする。

 今度で、ほんとに最後かな? 
「3人の孫たちの10年にわたるスモック作り、ご苦労様でした」と、誰も言ってくれないから、自分で自分に言っちゃおう!(笑)





[PR]

# by miman57 | 2017-10-12 23:37 | 作ったもの | Comments(5)

布の話題が3つ

c0179853_07484155.jpg


 昨日のブログネタ『石見銀山日帰りドライブ』のお土産です。
 ハギレの詰め合わせが2つと、イタリアのコーヒーと、お菓子。お菓子以外は、石見銀山とは関係ない。(笑)

 一時期、溜まっていくばかりの布集めにストップをかけていたのだけど、最近は、「ハギレって、そんなにお高いものでもなし。ハギレのコレクションくらの老後の楽しみは、自分に許してもいいのでは…」と考えるようになった。

 いい布地をコレクションするかわりに、「これは使わない」と思うものは、惜しみなく処分している状態。

c0179853_07485243.jpg

 縮緬細工の椿は、ここまで出来た。

 作る前に、「布の処分を兼ねているのだから、絶対に何も買い足さない」と決めていたのに、口布用の緑色の縮緬と紐を買い足す予定。
 だって、こんなに可愛いのだもの。作りだしたらやめられない。

c0179853_07490203.jpg

 手芸クラブの作品、ぶどうのアップリケのバッグの途中経過。

 私の都合で、先生から材料を受け取るのが遅れて、進捗状況は、仲間よりもかなり遅れている。
 11月3日の地域の文化祭までの完成予定なんだけど…。
 たぶん…、…、出来るだろう!
 
 




[PR]

# by miman57 | 2017-10-10 07:52 | 作ったもの | Comments(4)

石見銀山日帰りドライブ

c0179853_07512655.jpg
c0179853_07513910.jpg


 長男夫婦に誘われて、島根県の『石見銀山日帰りドライブ』に行ってきた。我が家から、サービスエリアでの休憩も含めて、片道4時間半のドライブです。
 夫もついてきたそうだったが、神社の秋祭りの片付けで、残念ながらお留守番。

 事前に、「緩い山道を、5キロくらい歩く」と長男に言われていて、不安になったけれど、ここで尻込みして行くのをやめたら、次に誘われても行けなくなると思い、「なるようになるさ」と行くことにした。
 案の定、登りの山道で、体力的にへばって、休憩をいれてもらった。しかし、帰りの下りと、お土産屋さんなどの平坦な場所では、若い人について歩けたので、ほっとする。

 次回からのためにも、足腰を鍛えておかなくちゃと思ったことだ。

 写真は、銀山の坑道の入り口と、坑道の中。長男と孫とお嫁さんの足が写っている。(笑)

 長男も結婚して、13年目くらいかな。
 その間に、2泊の旅行を3回ほど誘ってもらって、そして日帰りドライブは、年に2回くらい誘ってもらっている。我が家の場合、夫が旅行に関しては腰が重いので、結婚以来、ほとんど家族旅行も夫婦旅行もなし。
 いま振り返ると、長男夫婦のおかげで、この10年で、あちこちに行けたなあと、感謝、感謝。

 …と、この10年のことを考えていて、変な話だけど、今頃になって、この長男のことをずっと気難しい取り扱い注意男だとばかり思ってたのに、ほんとうは母親の私のことが好きで優しいのだなと、気づいた…。

 それでもしかしたらと思い、「出張の時の車に私もこっそり便乗させてもらって、あなたの会議の間、都会の街を1人ぶらぶらしてみたいわあ」と言ってみたら、あっさりと、「いいよ。自分とお母さんの都合の合いそうな出張があったら、連絡する」との長男の返事。

 長男の頭の中では、私は、いたわらなくてはいけない先の見えている老親になってしまっているのだなあ。
 


[PR]

# by miman57 | 2017-10-09 07:59 | お出かけ | Comments(2)