梟の柄でハートの鍋つかみ
c0179853_747236.jpg



 ハートの形の鍋つかみの2枚目の布地は、黄色の梟の模様。
 (写真では、色糸のハンドステッチが、全然、見えないなあ…。)

 ほぼ1日を費やしてちくちくして、もし売れたとしてもその金額は、シルバー人材で派遣パートとして働く夫の、たった1時間の時給にも満たない。(涙)

 だけど、針と糸を持つ毎日は、すごく充実している。

 いくら楽しくても、ただ縫って作品を溜め込んでいるだけでは、こんな充実感は得られないだろう。
 他人さまが「これ、欲しい」と認めてくださって、対価を払ってくださるからこそ得られるものだ。

 <趣味が実益を兼ねる喜び>という言葉は若い時より知っていたが、実際に、そのことがこれほどまでに、年金暮らしの味気ない日々を充実感で満たすとは、初めて知った。
 



 

 
 

 
[PR]
by miman57 | 2014-09-25 07:51 | 作ったもの
縫って、編んで、出かけて、そして日々の想いにふけり…。そうだった、ぼちぼちと、家の中と人生の片付けも、始めなくては。
by miman57