繕いものお婆ちゃん
c0179853_8242350.jpg


 この数日の私は、繕いものお婆ちゃんになりきっている。

 ズボンの裾丈直し5本、ズボンのウエストゴムの入れ替え3本、そして防寒用上着のあちこちの裂けてしまった縫い目を繕った。

 この防寒用上着は、38歳になる長男が大学生の時に着ていたもの。
 自宅通学だったので、これを着た長男の姿を、今でも覚えている。

 長い間、衣装ケースにしまい込んでいたが、3年前から、シルバー人材で派遣社員として働く夫が、バイクでの冬の通勤の時に着始めた。

 しかし、あちこちの縫い目がほころび始めて、この春に「もう、捨てたら?」と聞いたら、「繕ってくれたら、まだ着る」と言ったので、本格的に寒くなる前にやっと繕った。

 67歳の夫、あと何年、これを着るのかなあ…?



 
[PR]
by miman57 | 2014-10-24 08:31 | 日々に想う
縫って、編んで、出かけて、そして日々の想いにふけり…。そうだった、ぼちぼちと、家の中と人生の片付けも、始めなくては。
by miman57