妖怪ウォッチのティッシュボックスカバー・2つ

c0179853_1619517.jpg



 前回に作った妖怪ウォッチのティッシュボックスカバーを長女の家に持参したところ、喜ぶと思っていたのに、7歳と4歳の女の子の孫たちの反応は、いま1つだった…。

 4歳の孫はお喋りするジバニャンの縫いぐるみを持っているし、妖怪ウォッチのキャラクターたちを印刷したトイレットペーパーも、「ジバニャンがくさいニャンというね」と、孫たちに大うけしたのになあ。

 まさに、柳の木の下に3匹目のドジョウはいなかったというところか。

 「お母さん、小さな子の気まぐれな反応をそんなに気にすることもないわよ。嫌いって言っているわけでもないのだし。これからも、自分が作りたいものを作ったので、いいんじゃないの」と、長女に慰められた。

 そして、「男の子のいるママ友に、プレゼントしたいから」ということで、長女より、妖怪ウォッチのティッシュボックスカバーの注文が入ったので、またまた作ってみた。
[PR]
by miman57 | 2015-03-29 16:23 | 作ったもの
縫って、編んで、出かけて、そして日々の想いにふけり…。そうだった、ぼちぼちと、家の中と人生の片付けも、始めなくては。
by miman57