ヒカルの囲碁入門(問題集)

c0179853_744760.jpg



 腰痛に耐えながら、なんだかんだと忙しかったゴールデンウィークを無事に乗り切った自分へのご褒美として、以前から欲しかった囲碁の本『ヒカルの囲碁入門(問題集)』を買った。

「これ以上囲碁の本を増やしても、私の場合は上達とは関係ない」とはわかっているので、この『ヒカルの囲碁入門』3冊は、本箱の飾りです。

 ところで、いろんな詰碁や定石の問題、私の頭の構造の出来がもともと悪いのか、それとも年齢のせいか、何度問題を解いても、まったく覚えられない…。しばらく時間が経つと、すべて、初めて見る問題に見えるのだ。

 自己嫌悪に陥ったりもしたけれど、今では、あきらめの境地。

 ただ、問題に出てくる石の形を覚えられなくても、解くということを繰り返していると、石の並び全体を見渡して深く考えるという習慣がつく。

 「それでいいんじゃないか」と、思うしかありません…。





 
[PR]

by miman57 | 2015-05-15 07:49 | 囲碁日記 | Comments(0)