人生の片付け・№4

c0179853_7465269.jpg



 昨日、義妹夫婦が、ちょっとした用事があって、我が家に来た。
 その時、我が家のリビングに入った途端に、義妹のご主人が「おっ…」と息を飲むのがわかった。

 最近の私は、ちょっとした用事で我が家に来られた人に、「時間があるのだったら、あがってね。美味しいコーヒーをご馳走するから」と言うようにしている。
 「突然なのに、いいの?」と言いながらリビングに入ると、皆さん、一瞬、はっとされるのがわかって、面白い。

 皆さんが何に驚かれるのかというと、何もないこのリビングの有様にだ。

 私自身は、突然、人のお家に上がり込んだことがないので、普段の生活で人のお家のリビングがどうなっているのか知らないのだけど、まあ、皆さんがいちおうに驚かれるほどに、我が家のリビングには何もないのだろう。
(普段は、テーブルの上にミシンと布と洋裁道具が置いてあるけれど、テーブルの上からはみ出さないように気をつけている)

 4年前の60歳の誕生日に長年溜めていた日記帳を処分した日より、気が向いた時に、普段のごみの日に不用品を1つか2つ入れて捨ててきた。

 しかしながら、家族4人で暮らしていた時からの物の多さに比べたら、始末していく物の数は微々たるもので、『断捨離』の効果なんて、全然ないなあとずっと思っていた。

 しかし、4年の歳月の積み重ねは、確かだ。
 目に見える結果が、やっと得られるようになったと思う。






 
[PR]

by miman57 | 2015-12-07 07:52 | 日々に想う | Comments(4)

Commented by Kahariko at 2015-12-07 09:05
コメントせずにはいられません、この素晴らしい話題。
私の目指すもの、あこがれでございます。
突然の来客を入れられるような我が家の片付け、私がやらなければならないのだけれども、これが怠け者のゆえ、できないで日々を過ごしております。
それをおやりになっているミマンさん、すげぇなぁ、いいなぁ(笑)、と感嘆の気持ちでいっぱいです。
とても私の怠け者の刺激になっています、これからも私にバシバシ刺激をくださいませ。
すみません、画像を保存させていただきました。
ありがとうございます!

Commented by chisato-antares at 2015-12-07 21:18
私の両親の家もあまりものを置いていません。
でも主人の実家はそれはそれはものだらけで・・・
驚いたのは30年近く前に買ったというお高い肌着。もったいないからってずっと押し入れに・・・
30年経った今になって「今ならもったいなくない」と使っています!
そういう買い物だらけで押し入れや箪笥には「これっていつのもの?」というものでいっぱいです

私は自分の実家のようにしたいなと思っています、主人もです
Commented by hazuki72336 at 2015-12-08 17:33
こんばんは~

以前の家は、大きな家具があり
物で溢れていましたね(苦笑)
なので、今の家は余計な物や家具は置かず
ミマンさんのリビングに似ています

二人の生活に必要なものだけにしました
あとあと、処分するのに娘たちが困りますものね
増やさない! これが一番ですねぇ~
Commented by miman57 at 2015-12-09 09:42
kaharikoさん、chisatoさん、hazukiさん、
家の片付けは、いま、旬の話題ですねえ。(笑)
家1軒の不用品を片づけるのに、
業者に任せると、200万円もかかるそうですよ。
『断捨離』は、ぼちぼちと、でも継続して、やらなくては!

hazukiさん、
毛糸のチュニックベスト、編みあがりましたね!
素敵です!