レース編みのポットホルダー(デイジー)・№16


c0179853_11383326.jpg



 今年最初の手作り作品、レース編みのポットホルダー(デイジー)・№16。

 これ1つを、年末から編んでいて、今朝、やっと仕上がった。
 いったい、何日かかったことやら。

 同じものをいつ編んだのだろうと、過去のブログを読んでみたら、孫の夏休みの宿題を手伝いながら3つ編んでいた。

 その時から半年経っていないのに、がたっと作る気力が失せた…。

 昨日ブログにアップした孫たちの手編みのちゃんちゃんこだけど、写真を取るにあたってじっくり眺めて、「これ、本当に、私が編んだの?」と思ってしまったもの…。

 そうそう、あの時に手伝った夏休みの宿題の読書感想文が、学校代表作品として、市の読書感想文コンクールで優秀賞をもらいました!

 …なんて、喜んでいいのかなあ。ここだけの内緒話です。(笑)
[PR]

by miman57 | 2016-01-07 11:42 | 作ったもの | Comments(3)

Commented by hazuki72336 at 2016-01-08 17:11
こんばんは~

やる気が無くなることもあるのですが。。。
雪が少ないので雪掻きに追われることも無く
今のところは、セッセと好きな手作りが進みます ♪

読書感想文は、コンクールで優秀賞!
凄いですねぇ~
お孫さん、喜ばれたことでしょうね 
Commented by chisato-antares at 2016-01-08 17:16
おおー!あの作文が!すごいですね
結構多くのお子さんが宿題をちょっと手伝ってもらっているようです
私も理科の自由研究は手伝っていましたからね
でも中には「これって小学生の絵ではないよね?」という怪しい絵もありましたよ・・・
だって3年生で陰影なども描いていてそれはそれは子供の絵に見えませんでしたから。
先生もわかっていたようで作品展には選ばれていませんでしたがお手伝いもほどほどにしないと子供って「やってもらえる」と思ってしまうからねー
Commented by miman57 at 2016-01-09 18:48
hazukiさん、chisatoさん、
あの読書感想文、
最後の書き直しは、本人と先生と親と私で頑張りました。
学校が関係したコンクールは、
本人の能力に、親や先生の<指導能力>も加算されての結果です。
なんせ、<教育の世界>のことですから。
だから、担任の先生が一番喜ばれているかな…。