孫のベストを編み始める

c0179853_8484222.jpg


 以前に、孫から頼まれて作らなくちゃいけないものが2つあると書いたけれど、その1つは、ランリュックの肩紐カバーだった。
 そして2つ目が、小学校の制服の下に着る、毛糸のベスト。

 いま小学2年生の孫は、1年生の時に私が編んだベストを来て、登校している。
 この1年間の孫の成長で、ベストの丈はかなり短くなったけれど、幅は大丈夫なので、2年生になったこの冬も続けて着ることができている。

 でも、今でも、もうちょっと大きいほうがいいのはもちろんだけど、来年の冬は、もう絶対に無理!

 それで、長女に言われた。
「今から、編み始めたら、来年の冬に間に合うでしょう、お母さん!」

 お正月の孫の置き土産の風邪も治ったので、やっと、編み始めることにした。
 着るものを編むのは久しぶりなので、ゲージと模様合わせの計算がうまくいかなくて、ここまで編み進むのに2日もかかってしまった。







 
[PR]

by miman57 | 2016-02-06 08:50 | 作ったもの | Comments(2)

Commented by chisato-antares at 2016-02-06 17:25
マスクの次のベストを編み始めたんですね
子供の成長は早いからあっという間に着られなくなってしまうんですよね
お気に入りのお洋服が着られなくなったと長女がよく言っていました。今じゃ何年も着られるのでなかなか新しいものに!とならないです
Commented by miman57 at 2016-02-10 09:52
chisatoさん、おはようございます。
孫のベスト、頑張っています。
でも、今回は、「もう、無理かも?」と、弱気です。