しずく編みのポーチ(製作途中)

c0179853_723950.jpg


 鈎針で編むしずく編みのポーチ、ここまで編めた。
 
 …と言っても、キットについている作り方では、ここで完成なのだけど…。

 でも、いま眺めながら、ファスナーについている白いレースを本体に縫い付けてみようかなと考えたり、ちょっと固めの芯地を貼った内袋をつけてみようかなと考えたり、しずく模様をきれいに落ち着かせるために糊付けしたほうがよいかなと考えたりしてる。

 キットの作り方では、編み物としては完成だけど、使い勝手と仕上がりの美しさを求めたポーチとしては、未完成というところか。
 「キットって、そういうものなんだ」と、ちょっと納得。

 物作りで、使い勝手と仕上がりの美しさを求めた完成品を作るということは、それは、もう作り方の本などには書いていない。

 試行錯誤の経験の積み重ねで、自分の技術力を高めるしかないということなのだろう。
[PR]

by miman57 | 2016-03-14 07:25 | 作ったもの | Comments(4)

Commented by hazuki72336 at 2016-03-14 17:23
こんばんは~

こちらの編み方は、しずく編みというのですねぇ~
初めて見ましたが、ステキな編み方ですね!
模様がしずくに見えますものね

白いレースのファスナーを付けたり、糊付けしたり
内袋をつけたりと考えが浮かぶのは手作りをされてきたからこそ
わかることで、まさに経験の積み重ねですね!
Commented by chisato-antares at 2016-03-14 17:57
すてきなポーチができましたね
色によって雰囲気が変わりそうです
細かい編み物なので肩こりが心配です
Commented by miman57 at 2016-03-15 13:00
hazukiさん、こんにちは!
ほんと、物作りは、本に書いてあるレシピではなく、
経験の積み重ねだと思う、最近です。
これが、<奥が深い>ということになるのでしょうか。
Commented by miman57 at 2016-03-15 13:03
chisatoさん、こんにちは!
さすがに昨日は、縫うのも編むのも嫌で、
録画した映画を観て過ごしました。
それで、今日、完成です。