続々・1年ぶりの囲碁クラブ
 1年ぶりに会費納入に顔を出した私を、「さあさあ、打つぞな。お座りな」と強引に碁盤の前に座らせたのは、以前に『あんたは、囲碁の精神がわかっとらん!』という題でブログに書いた、「姿勢が悪い」「へらへら笑って誤魔化すな!」と、初対面に日に、囲碁初心者の私をいじめた人。

 いま読み返したら、昨年の6月7日の記事なので、ちょうど1年前のこと。
 この記事、あの2チャンネルでも引用されて、根性のあるおばさんと書き込まれたわあ~~。(笑)

 囲碁クラブで一番仲の良いMさんも、(仲が良いというより、2級で、囲碁クラブでは私の次に弱いので、私と打つ機会が多いかったのだ)、「ミマンさんには、囲碁クラブに来られない理由があるんだろうか?」とかなんとか、私に話しかけているのか独り言かわからないアクションを繰り返していたけれど、行動に移したのは、あの意地悪爺さんだった。

 それで私も、「いっぱい置き石をさせてくれるのだったら、打ってもいい」と、長い間さぼっていた初心者とは思えないような偉そうなことを言った。
 そうしたら、「おお、なんぼでもいいわ。ミマンさんが置きたいほどの石を置いたら、ええわ」との返事。


 ネットで若い人の囲碁関係の書き込みを読むと、「勝った、負けた」の言葉ばかり。
 でも、まったく上達しない私が言うのもなんだけど、生きていくという日常生活の中で囲碁を打つということは、黒と白の石を通して、いかに人と人の心が触れ合い、そして<ものを想う>ことなんだろうなと。

 …ということで、今回の囲碁クラブ復帰にあたっては、90歳に近いお爺さんたちと今年で前期高齢者になるお婆さんの心模様を、ブログに書き残していこうかと考えている。

 あのお爺さんたち、ネットサーフィンなんて絶対にしそうにないから、私のブログを見つけることないと思う…。という心配よりも前に、現実は、あと何年、お元気で囲碁クラブに来られるかのほうが、大きな心配事なのだなあ。
[PR]
by miman57 | 2016-06-08 11:13 | 囲碁日記 | Comments(0)
縫って、編んで、出かけて、そして日々の想いにふけり…。そうだった、ぼちぼちと、家の中と人生の片付けも、始めなくては。
by miman57