ちょっと小さい和柄のポーチ・№2
c0179853_835112.jpg


 真ん中に伊予がすりの端切れを使って、<ちょっと小さい和柄のポーチ・№2>が完成。
 写真では茶色く写っているけれど、赤です。

 №1の気になっていた歪みは、本とは違う作り方で、かなり解消した。(企業秘密だ!)

 表布地それぞれに薄い接着心を貼って縫い合わせたのち、厚手のキルト接着心を貼ってる。
 それで、かっちりとした仕上がりになり、素人の作る布雑貨のくたくた感がない。

 裏側にも、お気に入りのよい布地を使ったので、なかなかの出来上がりになったと、自画自賛です!


 自画自賛とといえば、(笑)、№1を玄関の棚に飾っていたら、知人に売れた。
「初めて作る形のポーチだから、ちょっと歪んでいるよ」とお断りはしたのだけど、「お付き合いで買うわけじゃない。私は、これが欲しいから買うのよ」と言ってもらった。

 そして、レースやらビーズで飾った移動ポケット2つも、お店に出したら、すぐに売れた。
 
 私の作る移動ポッケトは、芯地を貼っているので、他の人が作った物と違って、かなり固め。
 移動ポッケトも小さいながら、バッグの種類だと思うので、私はかっちり仕立てたいのだ。

 だからいつもお店に出すたびに、「売れるのかなあ?」と思うのだけど、速攻で売れてしまうので、需要があるということなのだろう。

 それで、「移動ポッケトをもっと作れ!」と営業部長の夫に煩く言われるのだけど、自分で使わないものは作る気が起きないんだな~~。
 
[PR]
by miman57 | 2016-10-05 08:08 | 作ったもの | Comments(2)
Commented by chisato-antares at 2016-10-05 12:22
手作りのものって本当に良いですよね
作る人がここはこうしたほうがいいと改良されているので手に取るとすぐに欲しくなります
家のものは全く作っていない私・・・でも会社で使うベッド柵のカバーを数枚縫いました。もちろん売っているんですが手作りのほうが安いし、布地も選べるのでとても喜んでもらえます。
押し入れにミシンをしまいこんでしまうとなかなか出すまでたどり着かないんですが・・・今度はミシンのカバーでも作ってリビングに置いてもおかしくないようにしてちくちくしようかな?
営業部長さんは売れるものを!売上アップ!第一ですね・・・
でも職人さんは売り上げよりお客様と自分が納得、満足できるものを!第一ですよねー
これってよく会社でもめることに似ているような・・・営業と製造とうちの主人はよくもめていますよ
Commented by miman57 at 2016-10-08 07:37
chisatoさん、コメントをありがとうございます。
手作り作品の好きな人は、本当に、好きで好きでたまらないみたいですね。
そして、欲しいと思うと、我慢が出来ないようです。
お店の店長も、「好きな人は、値段では決めない」と言っています。
…という私は、人の作った物は、
作り方には興味はあるのだけど、欲しいとは思わないのですよ。(笑)

製造と営業と販売、それぞれに思惑があって、大変です。
でも、「だから、商売って面白い!」と思うことがしょっちゅうあります。
縫って、編んで、出かけて、そして日々の想いにふけり…。そうだった、ぼちぼちと、家の中と人生の片付けも、始めなくては。
by miman57