トイレの窓にカフェカーテン

 昨日のブログの続きだけど、家具屋さんで、手作りバッグを下げるポールを買ったついでに、切り売りのカフェカーテンの布地も買った。

 先日、「トイレのこの窓にカフェカーテンを下げたら、トイレの中が楽しくなると思うんだけど」と、私は実行とは関係のないレベルで、思いついたアイデアを言った。
 口煩い夫がいつも言い訳に使う、「夫婦の会話」っていうやつだ。

 そしたら、夫は、すぐに窓枠の寸法を測って、メモした。
 そして、家具屋さんで、ポールを買ったら、次はカーテン売り場に直行。
 私そっちのけで、カーテン売り場の女の人と話して、丈と幅を決めて、ああ、買っちゃった。

 この家具屋さんは、県で一番の売り場面積を誇る大型店舗なんだけど、 夫は、20年以上、この家具屋さんの店長と仲良しだし、カーテン売り場の女の人にも顔を覚えてもらって、世間話をする。
 どうしてそうなったのか…。
 言いたくない…。
 
 口煩い夫に煩く言われるのがいやで、私はすぐに、買ってきたカフェカーテンの両端を縫って、トイレの窓にぶら下げましたとさ!

c0179853_13153648.jpg


 夫の口煩ささは、例えると、ドラマの雪山遭難シーンでよく見かける、凍死しかけた人の耳元で、「眠るな! 目を開けろ!」って叫ぶような感じかな。

 私は、「きっと、あの状態の時って、いい気持で眠いのだろうな。私だったら、このまま静かに死なせてくれって、言うだろうな」と、思ってしまう。

 最近の私、このまま逆らうことなく、老いの坂を転げ落ちたらどんなに楽だろうと思っているのに、夫は、「ふんばれ! まだ転がり落ちるのは早い!」って、毎日、口煩く叫んでいるんだなあ。
[PR]

by miman57 | 2016-11-08 10:11 | 作ったもの | Comments(2)

Commented by chisato-antares at 2016-11-08 17:17
ぐふふ!ちょっと笑ってしまいました
ミマンさん、口煩いご主人との相手がんばっていますね!
もう何を言ってくるかわかっているのが面白いです
亡くなった主人の父も口煩くってしかも「俺が一番」の人でしたので母が違う用をしているといつも文句を言ってはあれこれ指示を出していました。
元気なうちだけは口も元気なので頑張って戦ってくださいね。
Commented by miman57 at 2016-11-09 10:14
chisatoさん、おはようございます。
最近の夫の口煩さがひどくなってきましたので、
私も、本腰を入れて、対処方法を考え始めました。
でも、年齢からくるものだったら、どうしようもないのだろうなあ。
ブログに書いて、閲覧者を増やして、
溜飲を下げるしかないのか…。(笑)