今年の冬も電飾!

c0179853_915554.jpg


 何事にもポジティブシンキングな夫も、今回の家族の健康のことでは、さすがに気が滅入ったようで、「今年は、庭に、電飾をしない」と言っていたのだけど。

 昨日の電話で、「患部を切除すれば、ただちに命にかかわることはない」と聞かされて、「少し気が晴れた」と、飾ることにした。

 手術後の長期治療や、仕事のことや、幼い孫たちのことも心配だけど、とにかく、今の目の前の課題を1つ1つクリアしていくしかない。
 まだ起きていないことを、あれこれと考えると、体が辛くなる。


 …と、しんどい話は横において、先日、紹介したがんばり屋の小学3年生の孫のこと。

 2学期最後の先生との面談があり、通知表が1から3までの評価で、どうやらオール3だったらしい。先生に、「素晴らしいです。言うことありません」と、言われたとか。

 長女からの電話で、「いったい誰に似たのだろう?」という話になって、「それはもう、隔世遺伝で、このばあばしかない!」「いや、それだけはあり得ない!」と、30分も笑い転げながらお喋りしてしまった。ヽ(^o^)丿

 それから、年末に孫3人を2泊3日で我が家であずかる計画も、子ども達夫婦と最後の打ち合わせをして、ゴーサインが出た。

 ああ、年末の3日間、我が家は季節外れの運動会になるなあ~~。
[PR]

by miman57 | 2016-12-21 09:20 | 日々に想う | Comments(2)

Commented by chisato-antares at 2016-12-21 14:23
お孫さんとの年末は大変でしょうけどできるのって今のうちだけなんですよね
私自身親戚の仲間と年末年始を過ごしていたのは小学生まで
うちの子たちは10年以上前までは別荘で年末年始を過ごしていましたがおばあちゃんと過ごす年末年始を作ろうと思い自宅で過ごすようになりそれ以来姉一家がこちらに来るようになって・・・迎える方になりました。
ミニ運動会になりそうですが楽しんでくださいね。いつまでもいい思い出になりますよ♪
Commented by miman57 at 2016-12-22 12:58
chisatoさん、コメントをありがとうございます。
いとこ同士の孫たちを仲よくさせるのは、
祖父母の務めだと思うところがあるので、
機会を利用して、一緒に遊ばせてやりたいと考えています。
でも、ほんと、小学生まででしょうね…。