またまた子ども用のマスクを6枚
c0179853_8571374.jpg


 お正月に我が家に来ていた長女のところの保育園児と小学3年生の孫が、「かわいい! 作って!」と言った、ディズニーキャラクターのツムツムで、子ども用マスクを5枚縫った。

 その時、長男のところの孫、小学4年生の反応がいまいちだったので、あとで聞いてみたら、「わたしもマスクは欲しいけど、どちらかというと、色も柄も無地にちかいものがいい」との返事。

「クラスの友達のほとんどは、市販の白いマスクばかり。数人、ばあちゃんが作るような可愛いマスクをしているけど、目立つよ。でも、慣れたら、どうってことないけど…」と、小学生ながら、気を使ったことを言う。

 そして、昨年縫っていて、見本に残していたピンクの水玉模様のマスクを見て、「これがいい」というので、それを持たせた。

 また、まだ縫っていない布地を見せたら、裏地用に買っていた黄色の小さな水玉模様がいいということなので、今回、それも1枚、縫った。

 お~~、小学生も高学年になると、マスクの柄の好みも変化するのか!
 大発見だ!(笑)

 長男ところの孫とは、将来の話とか、友達関係とか、世の中のこととか、ちょっと大人の会話もできるようになった。
 
 自分が子育てしていたころを思い出す。

 中学生になって、不機嫌な時代に突入するまでの、祖母と孫の蜜月関係だなあ。
[PR]
by miman57 | 2017-01-11 09:00 | 作ったもの | Comments(0)
縫って、編んで、出かけて、そして日々の想いにふけり…。そうだった、ぼちぼちと、家の中と人生の片付けも、始めなくては。
by miman57