嬉しいことがあった(その1)

 週に1度、我が家にヤクルトを配達に来てくれている女性。
 年齢は、我が家の長女と同じくらいで30代半ば過ぎ、小学生に通うお子さんが3人いる。

 ものすごい聞き上手で、私のような年寄りの昔話を、嫌な顔1つせずに聞いてくれる。

 その彼女の一番下の子どもが女の子で小学2年生ということなので、先週、縫いあがったばかりのディズニーキャラクター・ツムツム柄のマスクをプレゼントした。
 (そうしたら、上の2人の男の子たちにもということで、2枚のマスクを買ってくれた)

 彼女が昨日、我が家に来た時のこと。
 女の子が、私の縫ったマスクをとても喜んだという話になって。

「その、マスク、可愛い!と、クラスで一躍有名になったみたいです。
 柄が、男の子にも人気のツムツムだったので、普段は話さない男の子からも話しかけられたということで、それはそれは、興奮していました。
 縫ったおばちゃんの名前を教えてというので、ミマンさんの名前を教えたら、日記にマスクのことを書いていました」

 私の名前が、まだ会ったことのない小学2年生の女の子の日記に、書かれたのか…。
 嬉しいなあ。

 最近、年をとるばかりで体調も悪く、家に籠った日々の中で、右を見ても左を見ても面白くないことばかりと思っていた。
 しかし、今回で、「私は生きている。まだまだ頑張れる」と思えたなあ。

 嬉しい話というのは、まとめてやってくるものみたいです。
 もう1つ、明日のブログに書く予定。

 
[PR]

by miman57 | 2017-01-19 09:16 | 作ったもの | Comments(2)

Commented by chisato-antares at 2017-01-19 17:15
ミマンさんそれはとても嬉しいことですね♪
日記に書いてくれるなんて!
子供って純粋で嬉しかったことを素直に表現してくれますね
もう一つの嬉しいことはなんでしょう?
明日が楽しみです♪
Commented by miman57 at 2017-01-23 10:19
chisatoさん、おはようございます。
寒いです!
パソコンの前に座るのも、足が冷える!(笑)
…ということで、
やっと、今日、その2が書けました。<(_ _)>