大腸がん

 長女の夫が大腸がんになり、お正月を挟んでの3回の検査のあと、先日、6時間に及ぶ手術。
 
 検査を続けるほどに、初めの病院で聞かされたよりも症状が軽くなっていき、手術後に切り取った患部を医師が目で見た限りでは、ステージ1だろうとのこと。
 それでも、直径2.5センチあったとか。

 直腸を10センチ以上切って、つないだのかな。
 このあと数か月は人工肛門生活となる。

 この1か月、あの検査が済めばすべてがわかる、手術が終わればすべてが済むと考えていたのだけど、がんって、5年が無事に経過するまでは、確かなことは誰にもわからないのだということを、いま知ったところ。

 病院が私の住んでいる町にあるので、検査も手術もお見舞いも、我が家に泊まってから。
 子どもが小学生なので、学校を休ませるわけにもいかず、時々は、私が長女の家に泊まったりもする。

 疲れた…。

 孫のお守りの最中に脳こうそくで倒れた人を2人知っているので、「私のように世間を知らないものでも、2人も知っているのだから、多い話なんだろうな」と思うことだ。
 これだけは、自分はそうなりませんようにと、神様に祈るしかない。

 それから、長女一家と行動を共にすると、どうしてもお金が出ていく…。
 
 乏しい年金の中から、倹約しては少しづつ溜めたお金を、今回で全部、使ってしまうのか。
 長女一家のために溜めたのではないのになあ。
 何を買おうか、それとも旅行しようかって、私にとっては、楽しみなお金だったのになあ。

 預金を崩さなくても、使えるお金が手元にあったことを喜ぶべきなんだろうけれど。

 大学を卒業させたとき、子育ては終わったと思い、それが結婚まで続くことに驚いたのに、孫が生まれてまだまだ続き、病気や失職で、(ブログには書かなかったけれど、長女の夫は、昨年の半年間、無職だったのだ)、ずっと続くのかと、やりきれない気持ちになったり、いや、体力的にも経済的にも、子ども達家族を助けてやれることは幸せなことだと自分に言い聞かせたり。

 「80年の人生を、人は、自分の好きなことをして遊ぶために生まれてきたのではない」と、当たり前のことに気づいている。
 孫が生まれ祖母となった時、これが『命のバトンタッチ』かと嬉しかったのだけど、『命のバトンタッチ』って、生半可なものではないようだ。
 
 
 

 

 
[PR]

by miman57 | 2017-01-28 12:38 | 日々に想う | Comments(4)

Commented by chisato-antares at 2017-01-28 18:27
それは大変でしたね・・・私の祖母が直腸がんで今から55年ほど前に人工肛門にしました。あのころ末期と言われた祖母は91歳まで元気に過ごすことができ、新幹線で東京まで来てくれたり私は自分が高校生になるまで人工肛門だったことを知らなかったくらい、気づかなかったくらい普通に生活を送り、末期だったことなんて信じられないような平凡な生活を送れていました。
今のがんの治療はわかりませんが職業柄ある程度どんな感じなのかわかります。今のストマとても良くできていますので安心してドクターの指示通りの生活を送ってくださいね。
お金のことは難しいですね。私の主人が2回ほど仕事がないことがありましたが半年と言う長い期間ではなかったので自分たちでなんとかしましたが・・・
できる範囲を親子で相談するのもいいかなと。無理をするのはお互いに良くないのでね。
Commented by miman57 at 2017-01-29 12:26
chisatoさん、コメントをありがとうございます。
長女の夫の回復も順調だし、
私も疲れがすこしとれて、「頑張ろう!」という気になってきました。
お金のことも、
きっと、よい方向に、なんとかなるでしょう!
Commented by hazuki72336 at 2017-01-29 12:31
こんにちは~

もしかしたら。。。病気? ガン? かなと。。。
息子さん・娘さんのご家族かと思っていました
大変でしたね ご家族に一人でも病気の方がいると
とても辛いことですよね

ミマンさん 私もガンを抱えていましてもう今年で13年目
5回の手術を経験し生きている限り検査があり薬を。。。
娘たちが、まだ小さかったので辛かったことと
母を置いてはと思う毎日でした
最後の手術からかなり遠ざかり今は落ち着いています
まだお孫さんが小さいので大変でしょうけど、ミマンさんが頼りです
どうかお体を気を付けて、娘さん家族を支えてあげてください
Commented by miman57 at 2017-01-30 12:05
hazukiさん、コメントをありがとうございます。
ご心配をおかけしてしまいました。
娘婿は、順調に回復しています。
本当のステージや転移や、復職のことなどは、
まだまだこれからわかっていくことですが、
先のことは考えずに、とりあえず目の前のことを、
1つ1つクリアするしかないと思っています。
厳しい寒さが続く中、hazukiさんも、お体を大切に。