キャラメルポーチ&コインケース(№33~№37)
c0179853_14314530.jpg

c0179853_1432257.jpg


 ネコ柄で、キャラメルポーチが3個と、コインケースが2個。
 
 この柄、よく売れます。
 いかに、いま、ネコブームなのかということが、よくわかります。

 ナンバーは、頑張るぞ!と決心してから、「いったい、私はいくつ作れるのか?」という、通しナンバーです。
 100個が、目標…。
 100個できたら、お祝いしなくちゃ。


 娘婿が退院した日より、私は、なんか頭の中が変な感じ。
 
 お喋りしていて、固有名詞が、すんなり出てこない。
 なんか思い出さなくちゃいけない大切なことがある感じがするのに、それがなんであるのかわからなくて、妙な不安感。
 健忘症みたい…、一時的なものだと思うけど。
 
「この2か月、気が張っていたんだなあ、ものすごく緊張していたんだなあ」と思うけれど、若い時は、いくら頑張ったからって、こんな妙な感じにはならなかったので、ちょっと怖いなあ。

 私より年の若い従妹が、認知症のお母さんを介護を長く続けて、そのお母さんが亡くなった途端に、本人が若年認知症になったという話を聞かされたばかりだ。

 それで、「これは、積極的に、脳みそを使わなと、やばいことになるかも?」と思い、次は、今まで縫ったことのないものに挑戦している。

 出来上がりを、お楽しみに。
 
 
[PR]
by miman57 | 2017-02-11 14:35 | 作ったもの | Comments(2)
Commented by chisato-antares at 2017-02-11 20:33
健忘症なんて誰でも起きますよ~
私も名前が出ない時が多々あります!でもあとで思い出せるのでまだ大丈夫かな?なんて思っています(^_^;)
とってもかわいいポーチですね
お揃いの生地じゃ2つとも欲しくなります
追伸
私でも囲碁覚えられるかな?碁盤もあるのでできたらいいなとずっと思っていたんですが・・・
お孫さんがスタートしたりんごのよんろのご辺りからのスタートがいいかしら・・・
Commented by miman57 at 2017-02-12 08:55
chisatoさん、おはようございます。
今日も、寒い~~!
「よんろのご」「ななろのご」は、字が読めない小さい子ども向けですね。
実際には、回りくどい覚え方になります。
大人用の囲碁入門の本がたくさんありますから、
字の読める大人は、
そこから、囲碁の世界に入ったほうがよいように思いますよ。
縫って、編んで、出かけて、そして日々の想いにふけり…。そうだった、ぼちぼちと、家の中と人生の片付けも、始めなくては。
by miman57
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31