子ども用マスクが3つ

c0179853_10391760.jpg

 営業部長の夫が、「子ども用マスクを作れ!」と言ったので、子ども用マスクを作った。
 実際は、布地を全部使い切るために、6つ作っている。黄色いゴム紐が足りなくなったので、完成した3つだけ、写真に撮った。

 布地を使い切りたい、小物は何個かまとめて作るほうが能率があがると、それなりの理由があるのだけど、「おまえは、作るとなると、同じものばかり作る」と、夫が文句を言った。以前、1つだけしか作らなかったら、「客は選んで買いたがるものなんだ。何個か、同じものを作れ」と言ったはずだ。

 ついに、私の堪忍袋の緒が切れた!
「それ以上、口出しするのだったら、店売りは、やめます」

 営業部長としての仕事と楽しみのなくなる夫が、慌てた、慌てた…。手作り作品販売の世界では、当然ながら、若い女の人と話す機会が多いのだ。(笑)

 …ということで、営業部と製造部で話し合って、まったくやめるのではなくて、販売を縮小する方向で話がまとまった。

 私は作りたいものを作りたい。
 技術の腕も上がってきたようなので、制作日数のかかるものをじっくりと作りたい。
 しかしながら、販売は、ダイレクトに数字に出るので、ついつい、制作時間のかからない小物を多く作って、店に並べたくなってしまう。営業部長の考えにも、一理はある。

 …ということで、囲碁のほうも、「初段を目指す」と新しい目標を定めて頑張ることにしたのだけど、手作り作品販売も、ちょっと方向性を変えてみようと思う。

 ところで、作り方の覚書を書き残そうと頑張ってみたのだけど、挫折しました…。(涙)
 カテゴリから、作り方覚書を削除しました。




[PR]

by miman57 | 2017-06-07 10:41 | 作ったもの | Comments(0)