断捨離・№1

c0179853_08010939.jpg

 数年前、身近な人の死をきっかけにうつ病になり、「命を絶つにしても、その前に、ちょっとは片づけておかなくちゃ」と思い、せっせと断捨離に励んだ。

 その後、無事にうつ病から脱出できて、家の中も少しは片付いた。最初は抵抗のあった断捨離、溜め込んだ不用品を始末するということは、私の場合、おもしろくもなかった過去を捨てるということにつながり、家の中が片付くほどに、心の中もすっきりできたのだ。

 しかし、断捨離に励んだ日々から2年ほどたつと、またまた家の中が物でごたごたしてきた。
 それで、一番下の孫が小学生になったこともあるし、我が家に来てももっぱらTVゲームで遊んでいるので、孫の玩具から断捨離してみることにした。2か月ほど前のことだ。

 物を溜め込むのが大好きな夫に相談をしたら、きっと、「そんな思い出深いものを捨ててしまうなんて、お前は鬼だ」と言われそうだった。私だって、孫たちが遊んだブロックや縫いぐるみをゴミに出してしまうなんて、嬉しい作業ではない。

 でも、やらなくちゃ…。
 今では、孫たちが我が家にお泊りに来るのは、2か月に1度くらい。そんな孫たちの使わない玩具の保存よりも、老夫婦2人の快適な暮らしのほうが大切なのだ。

 2度目の断捨離なので、前回よりも悩む時間は短く、ゴミ袋の中に入れることができる。夫もたぶん気づいていたようだけど、なんにも言わない。 前回の、鬼のような形相で断捨離していた私に恐れをなしているのだと思う。(笑)

 絵本以外は処分して、すっきりした。
 そうしたら、断捨離がとまらなくなった。
 しかしながら、前回、自分のものばかりかなり思い切って断捨離したので、今度、断捨離をするとなると、夫の領域に食い込むことになる。

 …ということで、まずは、夫の物もある、共有場所の洗面台の下から。
 なぜ、洗面台の下が共有部分かというと、我が家の場合、掃除は夫が仕切っているので。(笑)

 出てきた、出てきた。
 買ったものの使っていないお掃除便利グッズに、いろんなお掃除用洗剤とその空きボトル。使いかけの種類別殺虫スプレーやカビ防止スプレーなんていうのも、5缶くらいあった。

 はい、写真のように片付きました!
 夫の溜め込んでいた物のせいで入れることが出来ずに、洗面所の窓枠の上に並べていた洗剤も、収まった!

 片づけていて思ったことは、この年齢になると、お掃除やお洗濯の<便利グッズ>はいらないなあということ。基本的な洗剤が1種類と、自分の2本の手があれば、掃除も洗濯もできてしまう。

 

[PR]

by miman57 | 2017-07-24 08:04 | 日々に想う | Comments(0)