華流時代劇『琅琊榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―』

c0179853_09430725.jpg
c0179853_09425908.jpg

 華流時代劇『孤高の花』『女王・未央』と、韓流時代劇『花郎(ファラン)』『雲が描いた月明かり』を見終わって、次は、華流時代劇『琅琊榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―』54話と『三国志〜趙雲伝〜』59話の、2作をみる予定。

 『琅琊榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―』は、カルチャセンター『史記』の先生のお勧め。

 以前に放送されていた時、ちょっと見たのだけど、宮廷での女人ではなく男たちの政治的駆け引きのお話で、「これは、縫い物をしながら見るには、しんどそう…」ということで、途中で止めてしまった。今回はじっくりとまじめに最後まで見ようと思う。

 それにしても、男ばかりのたくさんの登場人物、名前と顔が覚えられるかなあ…。

 華流時代劇に登場する女の人は髪型とか衣装で区別がつきやすいのだけど、男たちは、髪型も衣装もよく似ている。同じような髭も生やしている。まあ、そのことはドラマの制作側もわかっているようで、「あの時代に、そんな個性的な髪型と衣装はないだろう」という、おしゃれな男たちが時々登場するのも、まあ、目くじらを立てることなくお楽しみの1つ。


 そして、華流時代劇『孤高の花』が終わったあとに始まったのが、『三国志〜趙雲伝〜』。
 予告を見て、「あらまあ、今までの三国志のイメージをぶち壊すような、派手で華麗な趙雲が見られるのかも?」と思ってしまった。これも目くじら立てずに、ドラマとして楽しまなくちゃ。

 でも、2作とも、とりあえず撮り溜めておいて、見始めるのは、忙しいお正月も終わってから。



 そうそう、カルチャセンターでの『史記』講座、前々回から、新しく女性の受講者が増えたことは前のブログにも書いたが、前回、講座のあとにお食事に誘ったら、OKの返事をいただいた。
 そして、ランチを食べながら、「これからは、講座のあとは、こうやってお食事をして、そのあと一緒に遊びましょう」ということになった。

 70代半ばかなと思ったら、80歳になられているとのこと。私のことを、「若い、若い」と連発されて…。それはないでしょうと思うけれど。(笑)

 小説を書いていた頃は、同人誌仲間の年代も性別も違う人たちと交流してたけれど、自分よりも一回り以上年上の人とのお付き合いは、久しぶりだ。




[PR]

by miman57 | 2017-12-29 09:48 | 華流&韓流 | Comments(2)

Commented by tasukeai-maki at 2018-01-02 20:08
明けましておめでとうございます(*^^*)

今年もどうぞ宜しくお願いしますm(__)m
元気で楽しい1年になるように過ごしたいですね♪
Commented by miman57 at 2018-01-08 11:53
ころたんさん、明けましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

ご挨拶が遅れてごめんなさい。<m(__)m>
やっと、普段の生活に戻れました…。