2016年 05月 01日 ( 1 )

『始まり』の計画

 近所のスーパーの懸賞で当たった日帰りバス旅行、たまたま夫の都合が悪かったので1人で参加してから、10か月が過ぎた。

 その間に、1人バス旅行は3回、そして、夫をおいての長男家族とのドライブは3回。

 その長男一家とのドライブでは、夫がいないものだから私は助手席に座ることが出来て、運転中の長男に「最近、1人でバス旅行に行っている」という話をすることが出来た。
 そうしたら、「そんなに旅行に行きたいのだったら、おれと行くか。どこにでも連れていってやるぞ」と長男が言う。

 長男の会社は土日が休みでないこともあって、「お母さん、どうぞ。私の条件は、夕食を済ませて帰ってくることです」と、お嫁さんも言ってくれた。

 夫がいたら、お嫁さんや孫に気を使って、そして妻だけが楽しむということも嫌うので、こういう話の展開にはならなかっただろう。

 …ということで、5月の中旬に、長男との旅行を計画をしている。

 でも、初めての長男との旅行なので、夫と長女に声をかけたら、(なんだかんだと言いながら、ここが私の優しいところだなあ)、2人とも参加したいだって。
 もしかしたら、何十年ぶりの我が家水入らずの家族旅行となりそうです。

 『始まり』の計画っていう題は、こうやって、1つずつの連鎖的な積み重ねで、自分1人で動くということを手に入れつつあるのかなと思って…。
 年齢を考えると、ちょっと遅いという気もするけれど。
[PR]

by miman57 | 2016-05-01 09:32 | お出かけ | Comments(0)