2016年 07月 31日 ( 1 )

囲碁は7級となった

 3度目の正直となるかの囲碁クラブ、今回は真面目に通っている。
 
 その囲碁クラブで、今年度の新しい会員名簿をもらった。
 初めて通った8年前から比べると会員数は3分の1にまで、減っている…。
 高齢者ばかりなので、まあ、しかたがないといえば、しかたのないことではあるけれど。

 ところで、その会員名簿なのだけど、氏名と住所と電話番号の他に、囲碁クラブらしく級段位も記されていて、なんと、私は、7級となっていた!

 囲碁の級と段位は、正式には棋院からもらうものらしいけれど、小さい碁会所やクラブでは、有段者が暫定的につけることができるのだ。
 
 7級とは、アマ有段者に9子おかせてもらって、勝ち負けは別として、最初から最後まで打ちあえるというものか。
 15級の布石からヨセまでの流れが理解できているに比べると、そのうえにちょっとした技もいくつか使えるようになったという感じかな。

 今は2級の人に5子おかせてもらって打っているのだけど、この最近では、打ち終えた後整地して目を数えないと、私の負けというのがわかりづらいというところまでなった。

 自分でも上達したと思う。
 ものすごく嬉しい。
[PR]

by miman57 | 2016-07-31 11:38 | 囲碁日記 | Comments(2)