2017年 02月 12日 ( 1 )
バッグインバッグ(№38)
 初めてのバッグインバッグを、作った!

 深めのバッグだと、いろんなものがごちゃごちゃとバッグの底に沈んでしまい、「あれは、どこにある?」と、探すのに苦労する。
 それから、バッグを取り換えると、「しまった、あれは、もとのバッグに入れたまま」と、外出先で悔やんだり…。

 そういう時の、お助け道具が、このバッグインバッグ。
 昔は、セカンドバッグって言ってなかったかなとは、思うのだけど。

 出来上がったもので、実際に使ってみたら、バッグの中の整理に、「これは、便利!」と思った!

c0179853_8394449.jpg

c0179853_840025.jpg



 ところで、ここからは、愚痴です。

 このバッグインバッグを作るのに、もちろん、本を参考にしたのだけど。
 本では、まったく芯地を使っていない。
 芯地を使わないバッグって、ただの、よれよれ布袋だよ。

 だから、これを作るのに、自己流で、私は、2種類の芯地を使い分けて使っている。
 底板までは、使っていないけれど。

 今まで、手芸店でいくつかのキットを買ってきて、バッグを作ってみた。
 出来上がりの写真は素敵だけど、まったく、使う気になれないものが出来上がった。

 本を見ていても、「こんな作り方では、だめだな」と思うものばかりだ。
 でも、だめだなというのはわかるのだけど、どうだめなのかがわからない。

 それで、バッグを縫うのは諦めていたけれど、手芸クラブで先生に教わって、それで、最近、使い勝手もよくしっかりした作りのバッグの作り方が、やっと理解できた。

 昔、洋裁の先生のところに通ったことがある。
 その時、「服って、見えないところに、こんなに手間暇かけて、仕立てるのか!」と驚いた。
 芯地と、星止めと千鳥ぐけの、オンパレード!
 書店に溢れる簡単洋裁本の作り方とは、まったくの別世界だった。

 それと同じことが、バッグ作りにも言えるのでは?と思う。
 
[PR]
by miman57 | 2017-02-12 08:43 | 作ったもの | Comments(0)
  
縫って、編んで、出かけて、そして日々の想いにふけり…。そうだった、ぼちぼちと、家の中と人生の片付けも、始めなくては。
by miman57