2017年 03月 30日 ( 1 )
子ども囲碁教室
 長女の家に3泊4日滞在して、そのまま長女と孫たちを引き連れて、戻ってきた。
 そして、今度は、長女たちが3泊4日して、昨夕、帰って行った。
 ああ、長い長い1週間だった…。

 長女たち滞在の最後の日の昨日は、この春から小学1年生になる孫を通わそうと考えている『子ども囲碁教室』探し。
 
 私自身は、お姉ちゃん孫が楽しく地元の少年スポーツクラブのバスケットに通っているので、下の孫も囲碁ではなくて、同じバスケットでもいいのではないかと思うところもある。

 それで、「これから1~2年かけて、私が、19路盤で打てるように教えるから、囲碁教室はそれからでもいいんじゃないの」と、提案したのだけど。
 長女が、だめもとでもいいから、1度、囲碁教室に通わせたいという。

 長女の住んでいる田舎町には、子ども専門に囲碁を教える教室はなくて、私の住む町に、調べてみると2か所あった。

 その2か所に、とりあえず電話をして、いろいろと聞いてみる。

 1つめは、週に1度だけど、もう1つは、週に4日、いつでもどうぞという感じだった。
 長女のように、こちらの町の祖父母宅に帰省した時だけというお子さんもいて、そういう子どもの授業料は、月謝ではなく1回500円とのこと。

 長女と話し合って、今度こちらに戻ってきた時に、体験させてもらおうということになった。

 月に1度くらいなら、囲碁教室にためにこちらに来てもよいと長女が言うので、そうなるのかな。
 まあ、高速を使えば片道40分、普通道でも1時間くらいだから、可能だとは思う。


 ところで、今回も、孫たちと11路盤で碁を打ってみたのだけど、あれこれ教えながら打っていると、私の注意が散漫になって、恥ずかしいことに孫たちにボロ負けする。
 さすがお姉ちゃん孫も小学4年生になるだけあって、覚えがはやく、下の孫と同じくらい打てるようだ。

 私自身、この1年、オンラインゲームに夢中になって、囲碁なんてまったくやっていなかった。それで、孫に簡単に負けるのも癪なので、また囲碁をまじめにやろうかなと思い始めた。

 昨年の夏に、「お子様頭」と言われてより、ずっとサボっている囲碁クラブのお爺さんとばったりと会って、「戻ってきなさいよ」と言われたところだし。

 
[PR]
by miman57 | 2017-03-30 11:25 | 囲碁日記 | Comments(0)
  
縫って、編んで、出かけて、そして日々の想いにふけり…。そうだった、ぼちぼちと、家の中と人生の片付けも、始めなくては。
by miman57