2017年 05月 12日 ( 1 )

長女の家に行ってきた

c0179853_7132252.jpg


 昨日は、田舎に住んでいる長女の家の小さな畑に、夫がサツマイモの苗を植えるために、長女の家に行ってきた。

 夫は、今年は、神社総代の仕事が忙しいので、トマトやオクラやピーマンなどの夏野菜は植えず。あまり手のかからないジャガイモとサツマイモが、一畝ずつとなっている。

 そうそう、「畑仕事は減らして、これからは、孫とかかわる時間を増やしたい」とも、夫は言っている。

 炎天下で屋外仕事を厭わない元気な夫だけど、70歳になったことだし、こういう感じで、少しずつ庭仕事や畑仕事が減っていくのかな…。

 …ということで、畑仕事ははやめに切り上げて、孫たちの学校行事に、祖父母で参加してきた。

 62年前、孫たちの通う小学校では、海難事故で、修学旅行中の小学生たちが大勢死んでしまった。毎年5月には、その子どもたちの慰霊祭があり、それに合わせて、全校児童による<命の大切さを考える集会>ある。

 海難事故で子どもを失くした親の手記の朗読もあり、もらい泣きしてしまった。

 谷川俊太郎の詩を朗読したり、自分たちの将来の夢のことを発表する子どもたちが、不慮の事故にあうことがないようにと祈らずにはいられない。

c0179853_714672.jpg

 
[PR]

by miman57 | 2017-05-12 07:16 | 日々に想う | Comments(3)