2017年 06月 15日 ( 1 )

あかがねミュージアム(新居浜美術館)

c0179853_09350466.jpg

 本格的な梅雨に入る前に、畑の手入れをしたておきたいという夫について、長女宅に行ってきた。

 この春で長女のところの孫は、2人とも小学生。だから下校は、4時を過ぎる。そして、お姉ちゃん孫が家の鍵を持っていることもあって、しばらくだったら、2人でお留守番も出来る。幼稚園だと2時にはお迎えだったから、やっと、ゆっくりと長女と2人で遊びに出かけられるようになった。それに、長女も働き出して、自由に使えるお金を持てるようになったこともある。

 それで、前回は、2人で、映画『美女と野獣』を観に行った。
 そして、今回は、畑仕事をしている夫をほったらかして、お隣の町の美術館<あかがねミュージアム>に、『東京富士美術コレクション‐美の東西‐>』展を、2人で観に行った。

 映画も展覧会も1人で行こうと思えば行けなくはないけれど、長女も私もなかなか思い腰が上がらないタイプ。重い腰同士、気兼ねなくお喋りできる同士で、いいコンビだ。(笑)

 ところで、私は、絵の展覧会よりも、こういうしゃれた箱もの(建物)を見るほうが胸がときめく。
 上の写真のように、<あかがねミュージアム>も、かなり素晴らしい外観をしている。

 <あかがねミュージアム>のすぐ横は、JR新居浜駅。
 急いでいたので簡単な昼食を、その中のパン屋さんでとった。

 駅特有のせわしない人の往来を見ていたら、20代の長女とあちらこちらに出かけていた頃を思い出した。当時の長女は月々の稼ぎを洋服代につぎ込んでいたし、私も生活に余裕があったわけではなかったので、近場での旅行だったけれど、まったくの世間知らず長女と、旅行慣れしていないおばさんの2人連れは、ハプニングの連続で…。

 先日、針を動かしながら、「自分の人生で、一番楽しかったことってなんだろう?」と考えていて、「やっぱり、長女との<弥次喜多道中>だな」と思ったことだ。
 あっ、もう1つの楽しい思い出は、孫たちの誕生とその成長…。

 …ということで、下の写真は、小学4年生の孫が、『誰かに、ありがとうの気持ちを伝えよう』とかいう学校の授業で作ったという、夫と私宛の飛び出す絵手紙です。
 う~~ん、夫も私も、ちょっと若すぎる…。(笑)

c0179853_09351729.jpg



[PR]

by miman57 | 2017-06-15 09:38 | お出かけ | Comments(2)