2017年 06月 30日 ( 1 )

ハワイ土産

c0179853_07134685.jpg

 先日、会社の社員旅行でハワイに行ってきた長男がやってきて、お土産をくれた。

 昨年の秋だったか、長男にハワイ行きを誘われて、私もかなり行く気になっていた。その経緯は、『ハワイに死す』なんていう題で、ブログに書いたはず。

 しかし、その後すぐに、長女の夫の大腸がんがわかって、「この先、どうなるのだろう。もし長女が母子家庭なったら、孫の2人の教育費は、私がなんとしても出してやらなくては! だったら、旅費の20万円も、今は無駄にはつかえない」とまで、考えた。それもあったけど、心身共に疲れて、初の海外旅行を楽しむ気分になれなかったこともある。

 長男には、、「このチャンスを逃したら、お母さんには、もう、海外旅行のチャンスはない」と言われて、締め切りぎりぎりまで誘われた。

 長女の夫の手術が上手くいった今となっては、「あそこまで深く考えなくても、ハワイに行けたかなあ」と、考えなくもない。しかし、運の悪さを残念に思うよりも、たぶん、すべては私の性格からきていることだろうと、潔く諦めがついている。

 ところで、以前の長男は、社員旅行のたびにお餞別を要求しても、お土産は買ってこないというどうしようもない男だったのに、さすが、40歳になったというべきか、(笑)、今回は、お餞別の催促もなかったのに、私達夫婦だけではなく長女夫婦にも、それぞれお土産を買ってきた。

 また、今回、2か月に渡ってパート先の職場のことで悩んでいた長女も、「そんなに大変なら、やめる?」と私が言ったにもかかわらず、仕事を続けることを選んだ。夫の闘病生活にも、驚くほどの気丈夫さで対処しているし。独身の時は、そんなに我慢強い子ではなかったのにと思うと、こちらも感慨深いものがある。

 いまだに成長し変化し続ける子どもたちを見ていると、親としての幸せを感じたり、一抹の寂しさを覚えたり…。
 



[PR]

by miman57 | 2017-06-30 07:17 | 日々に想う | Comments(0)