2017年 09月 18日 ( 1 )

デイジーのポットホルダーが3つ

c0179853_08235645.jpg


 3色使っての、デイジーのポットホルダーを3つ編んだ。
 先の2つで、編むのはいやになっていたのだけど、夫に糸を買ってもらったので、「編め!」と言われると頑張るしかない…。(笑)

 台風18号が、南にある高知県を通過。
 風はいつものように石鎚山が防いでくれたのだけど、雨はそうもいかなくて、恐ろしいほどに降った。

 夜の7時ころ、我が家から車で1時間くらい離れたところに住んでいる長女から「避難勧告が出たので、準備している。前を流れている川が氾濫したら、土が崩れて、家が傾くかもしれない」と、切羽詰った電話があった。
 我が家も、近くを流れている1級河川が氾濫するかもしれないとの町内放送で、緊張する。
 しかし、9時には、雨も小止みとなり、長女宅も我が家も一安心。

 しばらくして、「そちらは、どうなっている?」と、街中のマンション住まいの長男から電話があった。

 長男と台風の話となると、必ず、我が家の飼い犬の犬小屋が、台風で吹き飛んだ話になる。
 雨が降っているのに、小屋に入ろうとしない犬を叱っていたら、犬小屋が庭の反対側まで吹き飛んだ。「風で、犬小屋が飛びそうです、ワン」と言ってくれたら、私だって気づいたのにと、飼い犬に申し訳ない気持ちもあるが、犬に怪我はなかったので、そのあとは我が家の笑い話となった。

 そして、「以前にも、うちの南を流れるあの川が氾濫しそうになっただろう。お母さん、見に行って、警戒中の消防団の人に怒られたって言っていた」と、長男が言った。

 15年飼っていた飼い犬が死んだのは、10年も前。
 川が氾濫しかけたのは、これは30年も昔のこと。

 この秋で、私は66歳、長男は41歳。
 私は当然のこととして、長男も、昔のことを懐かしむ歳になったんだなと思ったことだ。

 



[PR]

by miman57 | 2017-09-18 08:25 | 作ったもの | Comments(0)