2017年 11月 19日 ( 1 )

『史記』の人物と社会(戦国時代)

c0179853_06590365.jpg

 昨日は、カルチャーセンター『史記』は、戦国秦の将軍の白起・王翦列伝だった。

 白起・王翦といえば、コミック『キングダム』でしょうということで、全巻完読の私は講義中に話題を振ってみたのだが、先生を始めとして『キングダム』の存在を知っている人はいても、読んだのは私1人だった。

 でも、『キングダム』が若い人に人気があるのは、『史記』研究家として嬉しくもあり残念でもある先生の話で、盛り上がった。

 前回では、アンディ・ラウ主演の映画『墨攻』の話で、先生と盛り上がった。映画『墨攻』は、私と先生以外は知らなかった。

 私の脳みそと好奇心って、若い?とも思うし、『史記』を学問ととらえる人から見ると、かなり邪道を突っ走っているんだろうなとも思い、こういう話を嬉しそうに受講中にふるのは、あまりよくないことでもあると、内心、反省もする。

 …ということで、とても楽しく刺激的な1時間半だった。

 『史記』について、新しく知ったこと、すでに知っていて再認識したことなどを書きたいのだけど、いっぱいあり過ぎて書けない…。 

 そうそう、先生が、「風蕭々として易水寒し、壮士ひとたび去って復(ま)た還らず」という詩を紹介してくれた時、「あっ、それ、知っている。言える」と思って、そのあと、そんな自分のことをつくづく<変なお婆ちゃん>と思ってしまった。(笑)

 帰りに書店によって、韓非子の本を買った。

 家に帰って、パラパラとページをめくっていたら、50年昔、父が人生訓としていろいろ話してくれたことが書いてあって、驚いた。
 なんだなんだ、お父さん、あなたの話のネタ本は、韓非子だったんだね。




[PR]

by miman57 | 2017-11-19 07:04 | 華流&韓流 | Comments(0)