カテゴリ:断捨離( 7 )

子ども部屋の片づけを開始!


c0179853_08172572.jpg
c0179853_08173143.jpg
c0179853_08173585.jpg

 我が家の長男&長女は、結婚で家を出る時に、まったく自分の部屋を片づけて出て行かなかった。

 当時は、結婚式や新居のことで、若い人たちは頭がいっぱいのようだったし、出ていく部屋のことでうるさく言って、もめたくなかった。親子喧嘩が発展して、結婚準備の話し合いがギクシャクして、婚約解消なんてことになったら、もう取り返しがつかない。

 長男&長女が、我が家を出て行って、10年が過ぎた。

 現在、長男の部屋は長男の残していった物と、私の手芸道具で、ぐちゃぐちゃ。長女の部屋は、長女の残していった物と私の服と日用品の仮置き場として、ぐちゃぐちゃ。

 子ども部屋の片づけについては、物を溜め込むのが好きな夫と、それから我が家をレンタル倉庫と思っているらしい子どもたちとの間で、なかなかうまくすすまない。

 先日も、長男の部屋の片づけの前哨戦として、まずは長男が25年前の中学生の時に使っていたテニスラケットを粗大ごみに出そうとして、「大切な思い出の品を、どうしておまえはそんなに簡単に捨てるんだ」と言う夫と、ひと悶着あった。あ~~、書いていても、胃が痛い…。

 …とは言いつつ、捨て魔の私のことだ。鬱々としていたこの3年で、長男のものは、かなりこっそりと勝手に処分はして、押入れに収まるほどには片づけた。だから、床積みなのは、私の手芸材料だけとなっている。うつ状態から立ち直った私に、夫も反撃開始だな、きっと…。(笑)

 とりあえず、現在の長男の部屋の状況を、写真に撮ってみた。1年後の、来年の年末を目標に、少しづつ片づけて行こう。

 すっきり片づいたら、自分へのご褒美として、窓のブラインドを素敵なカーテンに替えたい。
 




[PR]

by miman57 | 2017-11-17 08:28 | 断捨離 | Comments(3)

1階トイレの物入れの整理

c0179853_08390163.jpg


 久々に、<断捨離>の話題。
 
 1階トイレの手洗い下の物入れの中を片づけた。
 ここには、、孫が小さい時に使っていた子ども用便座と踏み台と、買ったものの使っていないトイレ用洗剤とトイレお掃除便利グッズが入っていた。

「子ども用便座と踏み台、もう使わないでしょう? 処分してね」と、長女に言ったのは、何年くらい前のことだろう。一番下の孫が7歳だから、3年はたつかな?
「そのうちに、赤ちゃんのいる友達にあげる」っていう、長女の返事だった。

 もう、友達の赤ちゃんも、子ども用便座と踏み台なんか必要のない年齢になっているよね。(笑)
 でも、また長女に訊いたら、またまた3年は待たされそうだし、長女と私の会話を夫が聞いたら、絶対に、「いま、急いで、処分しなくてもいい」って、言うはずだし。

 こっそりと、捨てちゃいました。
 自分のものを処分するだけでも、かなりのストレスなのに、他人(家族)が絡んでくると、罪悪感でかなりのストレス。
 
 使っていないトイレ用洗剤も、少しずつ下水に流して処分した。使い切っていない液体洗剤とかペンキとか調味料とか殺虫剤などの処分が一番苦労する。
 
 それから、汚物入れも、もう使う人なんていないのだから、物入れの中に仕舞いこんだ。

 ↓の写真は、トイレの窓。

 
c0179853_08391176.jpg

 


[PR]

by miman57 | 2017-11-01 08:41 | 断捨離 | Comments(2)

段ボール箱は断捨離の<天敵>だ!

c0179853_08144874.jpg

 今日は資源ごみの日なので、新聞紙・雑誌・段ボール箱を出した。
 前回、段ボール箱を資源ごみとして出したのは、8月だったから、たった2か月でこんなに溜まった?

 ちょっと大きな買い物をすると、なんでも段ボール箱に梱包されている。ネットショッピングしたら、これまた当然に商品は段ボール箱の中。
 そして、いま、手芸用品の処分をしていて、それらのほとんどを段ボール箱に入れて仕舞いこんでいたこともあって、今回、段ボール箱のゴミが多かったこともある。

 ところで、今回、その手芸用品の処分をしていて、段ボール箱は断捨離の<天敵>だと思ったことだ。
 
 一時期、部屋の中に溢れてきたものを、段ボール箱に詰めて、重ね置きしていたことがある。その時は、「段ボール箱って、物を整理するのに、なんて便利なアイテムだろう」と思い、買い物の梱包で手に入るものだけでは足りず、ホームセンターで買ったこともあった。

 そして、いろんなものを段ボール箱に詰めながら、「これは、一時的なこと。そのうちに、もう一度、段ボール箱を開けて、中のものをきちんと分類して片づける」と思っていた。

 しかし、結局、何年過ぎても、段ボール箱が開けられることはなかった…。
「あらあ、こんなもの、持っていたんだ」とか、仕舞いこんでいたのを忘れて、ダブって買ってしまったものさえある。

 もう一度、自戒を込めて書く。
 段ボール箱は断捨離の<天敵>だ!
 段ボールの空き箱は、ゴキブリと同じく、見つけ次第すぐに<処分>しよう!(笑)

 


[PR]

by miman57 | 2017-10-06 08:21 | 断捨離 | Comments(2)

42年使った鏡台

c0179853_12055516.jpg


 ポットホルダー制作で根を詰めすぎたのか、昨日はテレビの前で1日うだうだしていた。
 土曜日は、『史記』の講座で、そのあと10年ぶりの友人に会ったし、日曜日は、台風騒動だったし…。疲れて、当然だと自分で納得するしかない。

 ただ、月曜日はゴミ出しの日だったので、鏡台の引き出しの中を片づけた。

 数年前に、化粧品は1度断捨離して、必要最低限のものしか持たないようにしているのだけど、それでも、鏡台の引き出しの中に、洋服のタグとか傷薬とか、ごちゃごちゃとした捨てきれないものがあった。しかし数年たって、それらを1度も使わなかったので、今回、思い切って捨てた。化粧水とクリーム、そしてヘアブラシは、洗面所においてある。

 引き出しも、全部、布で乾拭きして、すっきり。(下の引き出しは、空です)
 でも、42年使った鏡台は、満身創痍。鏡台って、小さい子どものよい遊び場だったから、2人の子どもにつけられた傷もいっぱいある。

 夫の退職後に買い直そうかとかと考えたこともあったけれど、私は外出時以外は化粧しないので、いまとなってはこれで充分だ。この歳になると、化粧品をずらっと並べた鏡台(今は、ドレッサーっていうのか)なんて、いらない。

 鏡台を片づけながら、2つのことを考えた。

 1つは、これを機会に<断捨離>のカテゴリを増やそうかなということ。
 もう1つは、最近、まったく自分に似合う服というのがわからなくなって、悩みの種だ。この鏡台を使って、服を着た自分を自撮りして、いったいなぜ似合わないと思うのか、真面目に究明してみたい。カテゴリは、<お婆さんの服>だな…。(笑)

 


[PR]

by miman57 | 2017-09-19 12:12 | 断捨離 | Comments(2)

人生の片付け・№7


c0179853_10322878.jpg

c0179853_10324858.jpg


 今日は、私が一番初めに断捨離を手掛けた場所、玄関の作り付けの下駄箱です。
 
 一番上は、ほら、こんなにすっきり。

 靴は、服と違って、いつかまた履けるというのがないので、思いっきって処分できた。(年をとると、いくら素敵な靴でも、足が痛いのは我慢できない)
 現在の夫と私の靴は、手の届く下の棚で充分。

 満足しながら、スリッパ入れの棚を開けたら、あらまあ、いつのまにか、夫がなにやら小箱を3つも押し込んでいる!

 むっかときて、引っ張り出して捨ててしまおうと思ったのだけど、「まあ、いいか…。見なかったことにしよう」と、また戻した。(笑)

 家の片付けにあたって、片付けそのものにも頭を使うけれど、同居人との折り合いにもまた気を遣うのだなあ。


 

 
[PR]

by miman57 | 2016-01-11 10:39 | 断捨離 | Comments(3)

人生の片付け・№6

c0179853_13414364.jpg



 ここは、我が家のリビングの唯一の押入れ。
 年末の大掃除のついでに、片づけてみた。
 これで、ここは、計画している最終片づけの一歩手前というところ。

 リビングの唯一の押入れでこの狭さだから、以前は、居間で使うのや台所で収まらなかった物などを、溢れんばかりに押し込んでいた。
 大工さんが、4つの段に仕切ってくれていたのだけど、それでは収まりきらなくて、夫に、日曜大工で、仕切りの棚を増やしてもらっていたほど。

 この1年で、ぼちぼちと片づけて、いまでは、何をあんなに溜め込んでいたのか、思い出せない。(笑)

 家の中と心の中の『断捨離』を思いついて、4年目。

 今年、大掃除がものすごく楽だ。




 
[PR]

by miman57 | 2015-12-30 13:43 | 断捨離 | Comments(2)

人生の片付け・№5

c0179853_9331161.jpg

c0179853_9332555.jpg



 台所の片付けがすすんだので、証拠の写真を2枚。

 我が家の場合、なぜ<断捨離>は台所と居間からなのかというと、私と違って夫が溜め込み派なもので…。
 それで、夫にストレスをかけない場所から、ぼちぼちとやっている。

 夫は物を捨てられない人だけど、性格が几帳面なので、たくさんのものを、きれいに段ボールの中にしまい込んだり、押入れのなかに整然と入れている。

 そういう夫を見ていると、几帳面な溜め込み派の頭と体の労力と、私のような捨て魔の頭と体の労力は、同じくらいかなと。
 だから、整理整頓の好きな溜め込み派と、非情な捨て魔のどちらがいいなんて、黒白つける必要もないかなと。

 溜め込み派なのに「断捨離しなくちゃ」とか、物が少ない家での生活を快適に感じる性格なのに、捨てることへの罪悪感に捉われるのが、一番のストレス。
 

 
 

 
[PR]

by miman57 | 2015-12-27 09:35 | 断捨離 | Comments(0)