カテゴリ:ポーチ( 3 )

コイン入れを作ろう!週間

c0179853_14273676.jpg


 営業部長の夫が、「コイン入れか、マスクを縫え!」と言ったので、コイン入れを作ることにした。

 コイン入れをとりあえず10個、それも普通のを5個と、和布を使ったのが5個。<コイン入れを作ろう!週間>だけども、1週間で作ることは不可能だから、目標は今月末。

 営業部長に販売のすべてをお任せして、私は作ることに専念している。
 売り上げの結果がどうでようと、責任はすべて営業部長にあると考えると、気持ちは楽だ。(笑)

 「目指せ! 和風布バッグ作家!」という目標はあるのだけど、そんな目標よりも、私は何かを作っている時がすごく楽しくて、でも作ると作品が溜まり、売るかプレゼントするしかなく、でもでもそんなことに気を遣うことなく、私はただひたすらに作り続けていたいのだと思う。

 作る物・お店のディスプレイ・情報収集などをすべて営業部長に任せるようになって、(でも、初めの頃は、営業部長の言うてんこ盛り納品や、売れ筋狙い製作、いろんな人とのこまめな会話など、嫌というか恥ずかしくてたまらなかった…)、売り上げはよくなるし、新規のお店の話も舞い込んできた。

 この年齢になって、「ああ、商売って、こういうことなのか。製作と販売をこなす能力って、別物なんだなあ」と、気づかされた。
 頑張ってくれている営業部長を慰労するために、忘年会の席を設けてあげようかと考えている。

 
 やっと、ハギレの整理が終わった。
 
 片づけに入る前は、縫う時間より探し物の時間のほうが長いっていう感じだったのに、最近は、布も材料もさっと出てきて、ほんと嬉しい。
 
c0179853_14274315.jpg
 


[PR]

by miman57 | 2017-12-17 14:30 | ポーチ | Comments(2)

またまた、ネコ柄キャラメルポーチが2つ

c0179853_10553809.jpg


 布の整理をしていたら、黄土色の無地布地の少しばかり残ったものが出てきたので、ネコ柄布に合わせて、キャラメルポーチを2つ作ってみた。

「なかなかにいい布合わせ」と思ったり、「やっぱり年齢が出ているよなあ」と思ったリ…。

 センスある布使いで作る若い人のブログを眺めては、「勉強しなくちゃ」と思うのだけど、「いや、もともとないセンス。そもそも、自分で使えるものや、同年代の友人にプレゼントできるようなものを作るようにしているのだから、しかたがない」とあきらめるしかないとも思ったリ…。

 最近、布使いや布の色合わせのことで忠告をもらうことが続いて、少々、へこんでます。

 




[PR]

by miman57 | 2017-11-05 10:57 | ポーチ | Comments(4)

キャラメルポーチが2つ(ネコ柄)

c0179853_07453902.jpg


 久しぶりに、キャラメルポーチを2つ作った。
 飽きもせずに繰り返し作っているので、ぺたんこ型やマチ付き台形型より、自分は、このキャラメル型が好きなんだなと思う。

 ファスナーの根元を隠すための長方形の小さなタブを所定位置につけるのが難しくて、裏から縫って表にひっくり返してから、「上手く出来た」「歪んだ」の、いつも<賭け>状態。(笑)
 しつけもしっかりかけてはいるのだけど、重なる布の厚さが半端ではないので、どうしてもずれてしまう。
 今後の課題だ。


 前回のブログで、半月で12個も売れたと嬉しそうに書いたのだけど、昨日は、お店で凹むことがあった。

「でも、作り続けるしかない」と気をとりなおすのに、3時間くらいかかった。
 あっ、いま思えば、3時間って、短い、短い! (^O^)/

 つくづくと、年金暮らしの年寄りって、買い物先のお店でも病院でもどこでも<お客様>待遇で、目の前の相手が<お客様>で、自分が相手の要望に合わせるということしないで済むんだなと思ったことだ。

 忠言が、やたらと耳に痛くて、とっさに聞こえないふりをしたくなる。

 これでは、世間知らずの我儘な年寄りの道をまっしぐらだなあ。

 自分でいうのもなんだけど、私は気の長い性格で、そのうえに『石の上にも3年』が座右の銘でもあるのだけど、何をしても若い時の倍の時間がかかる年齢になったいまは、パニクる前に『石の上にも6年』と思わなくちゃ。





[PR]

by miman57 | 2017-10-20 07:49 | ポーチ | Comments(4)