カテゴリ:日々に想う( 110 )
続・ウインドウズ10が勝手に…
 ウインドウズ10が勝手にダウンロードされて、その対処に四苦八苦したことは書いた。

 マイクロソフトのやり方に腹を立てるよりも、こうなった以上、ウインドウズ10をマスターして、その便利性を享受してやると思い、2日間ほど、パソコン画面のあちこちをクリックしまくっていた。

 そしたら、今から15年前に初めてのパソコンを手に入れ、当時まだ大学院生だった長男にバカのアホのと罵られながら、使い方を覚えようとした頃を懐かしく思い出した。

 1年かかって、ホームページビルダーを使って、当時入会していた同人誌のHPを立ち上げ、同人誌内の仲間や全国の小説家志望の人たちと交流も出来るようになって、「よくやった。これで俺のパソコン教室は卒業だ」と長男に言われた。(しかし、この私の頑張りが、同人誌内の一部の仲間の妬みを招いてしまったのは、残念だった)

 …と、そんなことを懐かしく思い出していると、なんと私の心に穴が開いて、新鮮な風が吹き渡ったのだ。そして、その風がささやいた。

 「人生を投げ捨てるは、まだ早いかも?」

 …ということで、小説も書き始めたし、手芸作品も製作姿勢を見直すために、販売委託する店を替えてみようと思い立ち、個人で店舗を構え委託作家を抱えているお店に偵察に行ってみた。

 店主は、芸術家サロンのマダムっていう雰囲気だった。
 そして、たまたま納品に来ていた人から、某絵画ギャラリーでの共同出店を誘われたりもした。
 私もそのうちに、<作家さん>と呼ばれる人たちのお仲間になるかもです…。
[PR]
by miman57 | 2016-06-01 09:55 | 日々に想う | Comments(0)
物書きミマンの復活?!
 昨年の秋、うつ病を発症するほど、今までの人生を振り返った。

 悔やむことがいっぱいある。
 こんな夫と結婚すんじゃなかったとか(笑)、私の子育て間違っていたのだろうかとか、失敗続きのダイエットとか…。

 で、考えて考えて、死ぬに死にきれないほど一番悔やむことは、小説家になる夢を捨てたこと。
 「そのうちに書けるようになるから、今は、諦めてくれ」と言い続けた夫とか、えらく教育費のかかった出来の悪い子どもとかのせいにしたいけれど、やっぱり、結局は、自分の意思が弱かっただけだ。

 いま自分の命を自分で始末するほどの根性があるのなら、その根性を、小説を書くことにむけてみようと思う。

 …ということで、体調や気分が少しよくなってきたこの春から、まずは、短いエッセイから書いている。 すでに、2つほど完成させて、応募した。

 そして、「おっ、私、決められた字数を守って、ちゃんと起承転結で書ける!」ということを発見!

 3つ目は、小説を書いてみようと思う。
 昨日、ウインドウズ10の新しくなった画面に、書き始めた小説のファイルをショートカットで貼りつけた。

 でももう、うまく書きたいとか、賞が欲しいとかじゃないんだなあ。
 書いている間は、自分の面白くなかった人生を振り返っては、ぐだぐだ落ち込まずにすむ。
[PR]
by miman57 | 2016-05-31 09:56 | 日々に想う | Comments(0)
ウインドウズ10が勝手に…
 昨日の朝刊で「ウインドウズ10が、勝手にダウンロードされる」という記事を読んだあと、「気をつけなくちゃ」と思いつつ、パソコンを立ち上げてお気に入りのブログ訪問していたら、突然に、なんとまあ、私のパソコンにウインドウズ10が勝手にダウンロードされ始めた。(>_<)

 止める方法もわからず…。
 長い1時間が過ぎて、パソコン画面を見たら、まったく見たことのない画面になっていた。

 それから四苦八苦して、やっと自分のブログ『ミマンの日記』の再設定までこぎつけて、その日は、精根尽き果てた…。

 最近、体力も衰えたと思うけれど、気力も衰えた。
 新しいことを始めるのが、おっくうでしようがない。
 この現象が、脳みその老化で、認知症にも繋がるのだろうなあ。

 …ということで、初めはウインドウズ10が、勝手にダウンロードされたことに怒りを爆発させていたが、「いや、これは、新しいことに挑戦するよいチャンスだ。8.1より進化した10のほうが、慣れれば使い勝手がいいのに決まっている。何事も、新しく変化することを、楽しまなくちゃ」と、考え直した。

 余談だけど、オンラインゲーム『ドラクエ10』でも、私の実年齢を知らないチームの仲間の若い人たちが「ああしたほうが便利。こうしたほうが強くなれる」といろいろ教えてくれることを、内心では「うぇ~~~! コントローラーのどのボタンをクリックすればいいんだ?」と怖気つつも、「操作を間違えても、命を取られる訳じゃなし」と考えて、素直に「はい!」と返事していろいろいろとやってみるように心がけている。

 でも、これがかなりのストレスなのだ。
 時に、チームの誰とも会話したくないという日さえもある。

 若い時は、人に教えてもらって新しいことを知ったり試すことが好きだったのに…。
 新しいことを始めるのがおっくうというか面倒と思う現象に、体力の衰えも含めて、老化への恐怖を覚える。

 
[PR]
by miman57 | 2016-05-28 12:50 | 日々に想う | Comments(2)
メダカ
c0179853_7262391.jpg


 メダカを飼い始めて1年になった。

 初めは赤2匹と黒2匹だったが、赤は3か月ほどで2匹とも死んでしまった。
 しかし、黒2匹は、1年たっても元気。

 2匹になった時、「家の水槽では入りきれない」と、余ったメダカを押しつけて私に飼うことを強要した長女や、(ほんとは私は欲しくなかったんだよ)、まったく世話をしない夫にももっとメダカを増やすように言われたけれど、そこは「絶対に嫌!」と自分の強い意思を貫いた。
 
 犬も15年飼ったけれど、「可愛い」と言いながら、私以外の家族は誰も散歩すら連れて行かなかったじゃないか。
 1か月に1度をめどに、メダカの水替えしているのだけど、ほんと、この1か月がものすごく早くきてしまうのだなあ。

 最近、ストレスのない老後を送りたければ、家族に対しても、そしてご近所さんにも友人知人親戚にも医者にも、「ノー」と言う勇気を持たなくちゃと思う。
 でも、「ノー」ばかり言って楽なほうに逃げていたら、認知症にはやくなりそうな気もするなあ…。(笑)

 メダカの寿命は人工飼育下では3年くらいと言われているのだけど、果たして、我が家のメダカはどうなるのか。
[PR]
by miman57 | 2016-05-27 07:29 | 日々に想う | Comments(2)
コラージュ(貼り絵)
 1年間頑張ったバレーボールだったけれど退部したので、小学校4年生になる長男の孫の月一のお泊りが復活。

 絵を描くのが好きな孫は、我が家に来ると、じいじに筆記用具やイラストの本をおねだりして、1日中、絵を描いている。
 しかしながら、いろんな紙に絵を描いたり色紙を切り抜いたりして散らかして帰るので、ちょっと気は咎めるのだけど、孫が帰ったあと、それらをゴミ箱に捨てるしかなかった。

 孫の描いたものや作ったものが残って、そのうえに孫も楽しめる方法はないものかと考えて、絵を切り抜いて貼るコラージュをつくったらどうだろうかと思いついた。

 すぐに文房具店に行って、大人用のなかなかに立派なスケッチブックを孫にプレゼント。(笑)

 いろんな毛糸や布と鋏と糊を用意して、コラージュの基本について教えたら、そのあとは、孫は鼻歌をうたいながら、新しいスケッチブックにぺたぺたと貼り付けていた。
 かなり楽しそうだった。 

 映画「ものすごくうるさくてありえないほど近い」で、主人公の少年が9・11で死んだ父親の思い出をたどりながら、その時々で手に入れたものや見たものを描いてはノートに貼り付けて記録とするのだけど、孫もあのようなものがつくれるようになるといいな。
[PR]
by miman57 | 2016-05-23 08:23 | 日々に想う | Comments(2)
『ドラゴンクエスト10』
c0179853_9265229.jpg


 オンラインゲーム『ドラゴンクエスト10』で遊ぶのには、月々に千円をニンテンドーに支払う。
 支払いには、写真のようなプリペイドカードを使う。
 昨日、三千円のプリペイドカードを買ってきたので、これから8月までは安心して遊べる。

 …ということを、ある人に話したら、「高い!」と目を丸くした。
 この人は、私が毎月支払っている手作り品販売のブース代金を聞いては「高い!」と目を丸くし、私が買ってきた布地や糸の代金を聞いては、これまた「高い!」と目を丸くする。

 この人はお金持ちで食べ歩きが趣味だから、毎日のように友人とランチをして、ご主人とも高級お食事処に行かれては、何万円も使ったという話をよくされる。

 だからあの「高い!」と言って目を丸くするリアクションにはどういう意味があるのだろと、思ってしまうのだが…。

 若い頃の私だと、心理分析をして、今度、あの人が「高い!」と言って目を丸くしたら、ああも言ってやろうこうも言ってやろうと、あれこれ考えたのだろうけど。

 この年齢になると、考えるのもめんどくさい。
 人の言動など、もう、どうでもよい。
 この年齢になると、他人さまの言動は、自分のプライドを上げたり下げたりはするけれど、人生そのものを変えてしまうほどの影響力はないのだ。

 「高い!」と言って目を丸くするのは、きっと、あの人の<癖>なんでしょう。
[PR]
by miman57 | 2016-05-11 09:41 | 日々に想う | Comments(2)
床のワックスがけ
c0179853_8362017.jpg


 ゴールデンウィークが落ち着いたところで、春の大掃除というか、床のワックスがけをした。

 築25年になる家とは思えない、きれいな床です。
 リホーム業者のセールスマンでさえ、我が家の玄関ホールの床を見て、驚く。

 新緑の庭もきれいでしょう?(庭のほんの一部しか写っていないけれど)
 
 羨ましいですか?

 しかし、主婦が家事としてやる家と庭の掃除と、男が趣味としてのめり込む家と庭の手入れでは、時間とお金の掛け方が、ぜんぜん違うのだ。

 夫のつぎ込む時間とお金のために、この25年間、私の自由なんてなかったも同然。

 それがこれからも続くのだと思うと、かなり憂鬱。
 …というか、「これ以上生きていても、面白くない」と、最近、私はうつ病を発症した。
[PR]
by miman57 | 2016-05-10 08:39 | 日々に想う | Comments(6)
そば猪口のコレクション
c0179853_32384.jpg


 陶器生産で栄えている隣町で<春の陶器市>があったので、夫と出かけた。

 会場の熱気に煽られて、あれやらこれやらのお皿や小鉢を籠に放り込んで、「いや、老夫婦2人の生活で、いまさら食器を焦って買い込むことはない。陶器市は、来年も再来年もある」と、また売り場に戻しに行った。(笑)

 結局、買ったのは、夫専用の小皿と孫のお茶碗(サンリオの子ども用お茶碗は、小学4年生の孫には小さくなった)と、陶器市に来るたびに集めることにしているそば猪口の、合計3つ。

 40年前の結婚と同時に揃えた来客用の湯飲み茶碗10個は、割れたりして、今は4つしかない。それではと、20年前に新しく揃えた湯飲み茶碗は8個あるけれど、これも形が古臭くなった。

 湯飲み茶碗の形に流行があったとは驚きでもあるけれど、それならと、3度目の湯飲み茶わんは、流行のない形のそば猪口で代用でしようと考えた。
 湯飲み茶わんが不足しているわけでもなく、来客も殆ど無いので、気に入ったのを毎年1つずつ集めるもの、楽しみがあっていいかもしれない。

 3年前から集めだして、やっと、3個、集まった。
 10個集めて、素敵な和風のコースターも10枚作って、そのうちに形見になればいいな…。
[PR]
by miman57 | 2016-04-21 03:25 | 日々に想う | Comments(0)
ドラクエ10・№
c0179853_746139.jpg


 オンラインゲーム『ドラクエ10』で、チームに入隊して、1か月余りが過ぎた。

 現実の世界で経験する以上の、いろんなことがあった!
 もしかしたら、私の年齢からすると、現実の世界で経験する以上のことを、経験してしまったかも…。

 なぜなら、チームの皆さんが、私を<ゲーム経験の浅い、若い女の子>と勘違いされているからだ。

 皆さん、それはそれは親切で優しくて。
 気がつけば、騎士たちに囲まれたお姫様状態で、ゲームの世界を歩いている。(笑)

 初めはその勘違いを訂正しないという罪悪感もあったけれど、いろいろと考えて、ゲームの世界では、自分で作ったキャラクターの見かけ通りの自分を演出することにした。
 たぶん、それがオンラインゲームの基本でもあると思う。

 …ということで、私も演じると決めた以上、そのために起きたあれやこれやを面白おかしく書き連ねるのは、礼儀に反するような気がする。
 それで、カテゴリからも『ドラクエ10』は外して、カテゴリ『日々に想う』の中に差し障りのないことを、時々、書いていくことにしようと思う。
 
 写真は、私のチャットの遅さを心配した長男が買ってくれた、ゲーム機に無線で接続するキーボード。
 でも、買ってくれたものの、使いこなせない。(涙)

 
[PR]
by miman57 | 2016-04-15 07:49 | 日々に想う | Comments(0)
スターウォーズ/フォースの覚醒

c0179853_1065834.jpg



 風邪もよくなったので、夫と『スターウォーズ/フォースの覚醒』を見に映画館へ。

 TVゲーム『ドラゴンクエスト』も1から10までリアルタイムで楽しんできたけれど、映画『スターウォーズ』も、リアルタイムで映画館で見てきた。
 64年生きてきて、この2つが私の唯一の自慢!

 あっ、違った…。

 今回の映画『スターウォーズ』は5作まで続くそうで、最後は4年後の2019年の年末となるらしい。
 だから、リアルタイムで映画『スターウォーズ』を全作見たと自慢するには、これから4年は、元気に生きていなくちゃならないのだ。

 生きる目標が出来た!(笑)

 私と違って物を捨てられない夫が、映画館でもらった『スターウォーズ』のポスターを、さっそくに電話の横の壁に貼り付けた。

 捨て魔の私としては、許せない行為ではあるけれど、4年後まで貼っておくのもよいかなと。
 4年後も、夫婦で、映画館に『スターウォーズ』を見に行けますように…。







 
 
[PR]
by miman57 | 2016-01-20 10:08 | 日々に想う | Comments(0)
  
縫って、編んで、出かけて、そして日々の想いにふけり…。そうだった、ぼちぼちと、家の中と人生の片付けも、始めなくては。
by miman57