カテゴリ:老婆の手縫い服( 2 )

老婆の手縫い服

c0179853_07263144.jpg
c0179853_07263827.jpg

 デイジーのポットホルダー&コースターの中間発表をしてすぐに、生成りの糸を使い切った。手芸店に行く予定がなかったので、<服を縫おう!>よりそのままになっていた服を仕上げることにした。

 …ということで、袖付けだけだったので、半日で完成!

 裁断したままずっとほったらかしにしていたのは、チェックの布地が少し残っていて、それを使ってなんとかならないかと悩んだため。合わせる布で悩み、胸の切り替え位置で悩み、切り替えた場所にレース飾りをつけるかどうかで、またまた悩み…。

 完成すれば、まあまあの出来ではないだろうか。ただ、袖口ゴムは割烹着になってしまったなあ。

 下の写真は、10年以上前に縫った、今回の原型となったチュニック。厚手のよい木綿なので、10年(もしかしたら、15年?)の洗濯に耐え続けてくれている。写真ではわかりにくいと思うが、まるで別の布地のように色落ちしているが、まだまだ10年は着られそうだ。(笑)


 いろいろ考えて、そのものずばりの<老婆の手縫い服>というカテゴリを設けた。
 
 この10年、自分の服を縫わなかったのは、いや何枚かは縫ったが着られるものにならなかったのは、若いころに自分に似合うと信じていた服が、顔や体型が老いたことで、似合わなくなったから。ほんと、混乱の10年だった。

 また、服を縫うということを復活させて、そして、老婆にとって、<服>とはなんぞやということを、ぼちぼちと考察していきたいと思う。




[PR]

by miman57 | 2017-11-30 07:29 | 老婆の手縫い服 | Comments(3)

服を縫おう!

c0179853_05554231.jpg

 昨日の写真に写っている4つのプラスチック衣装缶の1つには、洋服を縫うつもりで買いためていた布地が入っていた。それも、この10年は、孫の服と布雑貨を作ることばかりしていたので、10年以上前に、「素敵!」とか「安い!」とかの理由で買ったものばかり。

 実をいうと、その溜め込んでいた布地で、この最近、1枚、服を縫った。
 しかし、着られるようなものにならなかった。写真に撮って、自慢げにブログにアップすらできない。

 いろいろ思うところがある。
 やはり、布地は生き物だ。布地には流行がある。そして、10年前の私だったら着られたかもしれないが、前期高齢者の私にはまったく似合わないということも起きているのだ。

 洋服用の布地なので、値段もよかったし、長さもある。
 ものすごく捨てがたかったが、これからの<お洒落>についても考えると、10年前の布地にしがみついていたのでは、前に向いて進めない。スカート着分というのも、もう私はスカートは穿かないので、これもいらない。

 いつか、布雑貨につかえるかも?…とも考えたが、「いつかって、いつのこと?」とも思うし、古い布地の活用に頭を悩ませて、縫う手が止まったままということも避けたい。1枚を、清水の舞台から飛び降りるほどの覚悟で捨てたら、あとは、弾みがついた。

 …で、上の写真は、その布地になかに紛れていた、縫いかけの服。

 布地は思い切って処分するけれど、縫いかけについては、このまま捨ててしまうと、縫い物の神様にそっぽをむかれそうな気がする。最後まで縫って、いちおう、縫い物の神様に見てもらわなくては…。(笑)

 昨日一日かけて、後ろファスナーをつけて、襟ぐりの見返しを始末して、両脇を縫った。
 あとは、袖付けだ。 




[PR]

by miman57 | 2017-11-18 05:58 | 老婆の手縫い服 | Comments(5)