カテゴリ:作ったもの( 350 )

デイジーのポットホルダーが3つ

c0179853_08235645.jpg


 3色使っての、デイジーのポットホルダーを3つ編んだ。
 先の2つで、編むのはいやになっていたのだけど、夫に糸を買ってもらったので、「編め!」と言われると頑張るしかない…。(笑)

 台風18号が、南にある高知県を通過。
 風はいつものように石鎚山が防いでくれたのだけど、雨はそうもいかなくて、恐ろしいほどに降った。

 夜の7時ころ、我が家から車で1時間くらい離れたところに住んでいる長女から「避難勧告が出たので、準備している。前を流れている川が氾濫したら、土が崩れて、家が傾くかもしれない」と、切羽詰った電話があった。
 我が家も、近くを流れている1級河川が氾濫するかもしれないとの町内放送で、緊張する。
 しかし、9時には、雨も小止みとなり、長女宅も我が家も一安心。

 しばらくして、「そちらは、どうなっている?」と、街中のマンション住まいの長男から電話があった。

 長男と台風の話となると、必ず、我が家の飼い犬の犬小屋が、台風で吹き飛んだ話になる。
 雨が降っているのに、小屋に入ろうとしない犬を叱っていたら、犬小屋が庭の反対側まで吹き飛んだ。「風で、犬小屋が飛びそうです、ワン」と言ってくれたら、私だって気づいたのにと、飼い犬に申し訳ない気持ちもあるが、犬に怪我はなかったので、そのあとは我が家の笑い話となった。

 そして、「以前にも、うちの南を流れるあの川が氾濫しそうになっただろう。お母さん、見に行って、警戒中の消防団の人に怒られたって言っていた」と、長男が言った。

 15年飼っていた飼い犬が死んだのは、10年も前。
 川が氾濫しかけたのは、これは30年も昔のこと。

 この秋で、私は66歳、長男は41歳。
 私は当然のこととして、長男も、昔のことを懐かしむ歳になったんだなと思ったことだ。

 



[PR]

by miman57 | 2017-09-18 08:25 | 作ったもの | Comments(0)

台形ポーチ

c0179853_14495383.jpg


 敬老会プレゼント制作&夏休み前に、手芸クラブで作りかけていた<台形ポーチ>。
 先日、先生から、内袋用の布地をもらって、完成した。

 ところで、手芸クラブで次に作る物は、町内文化祭に出品するバッグ&ヒョウタンの押し絵壁掛けと決まった。好きなほうどちらか、両方できる人は両方作りましょうという感じだったので、私は、孫の運動会もあることだしということで、バッグだけを選んだ。

 その時、先生が、「こんなものもどうかと思って、作ってきました」と、ほぼ完成に近いところまで作っている作品を2つ見せてくださった。
 バッグと、ステンドグラスパッチワークキルトの壁掛け。

 バッグは、「これだったら、出来そう」という感じで次に作る作品に決まったのだけど、ステンドグラスパッチワークキルトのほうは、「こんな時間のかかりそうなものは、先生、私達には無理です」ということで、ひょうたんの押し絵の壁掛けになった。

 「こんな時間のかかりそうなものは…」って、みんなで言ってしまったのだけど、あとで考えたら、先生は作ってこられてたのよねえ。そのうえに、舞子キーホルダーの、切ったり印付けをした材料を10人分用意してくださっていたうえに、この台形ポーチの内袋の布地も切って印付けまでしてくださっていた。

 手芸クラブに入った時、先生のお歳は70歳くらいと聞いたので、もう75歳かな?

受講料も頑として受け取らないし、材料費も、「家にある布地を使いましたから」と言って、ほとんど受け取ってくださらない。そのうえに、先日は、「長い夏休みをいただいて申し訳ありませんでした」と言って、お菓子とジュースを用意してくださっていた。

 私もこの年齢になると、芸能人を含めて身近にも人を好きになるということはほとんどないのだけど、先生のことはますます大好きになる。
 





[PR]

by miman57 | 2017-09-15 14:57 | 作ったもの | Comments(2)

麻紐かごが4つ

c0179853_16414298.jpg


 手作り作品を委託販売をお願いしているお店で、『ブローチ展』があり、「1つ、買ってやるから、店に行くぞ。そしてついでに納品だ」と夫が言ったので、ブローチ欲しさに、この1週間、好きなゲームも休んで、せっせと作品作りに励んでいた。

 上の写真が、頑張って作った麻紐かご4つです。
 紫の布はリバティ。
 リバティの小花柄は、麻紐に馴染んでいる。でも薄い布なので、芯地を貼ったほうがよいかも? 次に試してみよう。

 そして、下の写真が、買ってもらったブローチ。

 七宝焼きふうの素敵な花のブローチがあって、それが一番お高いこともあって、それを買ってもらおうと初めは思っていたのだけど、ネコちゃんの可愛らしさに負けてしまった。
 値段が、5分の1になって、嬉しさのあまり、レジでの夫の声が裏返っていたわ~~。(笑)

 こういうのを見ていると、布雑貨だけではなく、造形アートもやってみたいと思うのだけど、もうこの年齢ではほかのことに手を出したら、『二兎を追うものは、一兎も得ず』になることは目に見えている。

 最近、布雑貨以外の手芸材料や手芸本をぼちぼちと始末している。
 でも、今までかなりいろんなものを思い切りよく捨ててきた私なのだけど、手芸関係のものだけは、なかなか捨てにくい。

「いつかは作るぞ!」と思って集めてきたものばかりなんだけど、もうこの年齢になると、その<いつか>はないんだなあと認めることが辛い。

c0179853_16415468.jpg




[PR]

by miman57 | 2017-09-14 16:45 | 作ったもの | Comments(0)

舞子のキーホルダー

c0179853_06430601.jpg

 町内敬老会プレゼント作りと夏休みが終わって、昨日から、手芸クラブが始まった。

 初めの1時間ほどで、町内文化祭に出品する作品作りについて話し合い、あとの1時間で<舞子のキーホルダー>を作った。

 もう、可愛すぎるわあ~~~!!!
 プレゼントしたら喜んでくださりそうな人の顔が頭の中に浮かんできたので、あと3つ、材料を先生にお願いした。

 それにしても、手芸クラブの皆さんは、作った作品を友人知人に欲しいと言われることが多いようで、その話題で盛り上がったことです。(笑)

 涼しくなってきて、集中力が戻ってきて、針を持つ手が動くようになったのはいいのだけど、1日を家に閉じこもって縫い物・編み物ばかりしていたら、少々鬱々してきていた。久しぶりに人の集まるところに参加して、お喋りして笑ったりしたら、おおいに気が晴れた。

『鬱々としてきたら、家から出て、人に会ってお喋りすること!』と紙に大きく書いて、目につく壁に貼っておかなくちゃと思う。

 下の写真は、手芸クラブと地域女性部で作った、敬老会プレゼントの<刺し子のコースター>。
 私はまだ敬老会に入る年齢ではないけれど、制作参加者へのお礼としてもらった。

c0179853_06432779.jpg
 



[PR]

by miman57 | 2017-09-13 06:47 | 作ったもの | Comments(0)

麻紐かごが4つ(ネコ柄)

c0179853_07595571.jpg


 麻紐かごを4つ、作った。
 思いついて、縁はネコ柄。売れるかな?

 昔は、リビングにミシンを出しっぱなしにしたり、縫いかけの布が散らかっているのが嫌いだった夫だけど、今は夫婦2人暮らしとなり、妻の機嫌のよいのが一番と悟ったのか、(笑)、リビングを私の作業場とすることに文句を言わなくなった。

 それで、リビング南の窓に向かって長机を置いて、ミシンを据えて、作業場としている。
 
 写真のように、窓の向こうは、夫が手入れしている緑いっぱいの庭。

 写真に写っている横に渡した棒は、シェードを括りつけるためのもの。
 毎年、夏になると、窓全体にシェードで覆って、日除けとしていた。しかし、今年は庭の見える<かっこいいアトリエふう作業場>のために、シェードの半分は中止した。

 そうしたら、南にむいた大きな剥ぎだし窓は、やはり暑かった!

 ミシン作業を終えると、すぐに、北側のキッチンに逃避。
 片付いていないシンクとごちゃごちゃと食器を押し込んでいる食器戸棚を見ながら、夫の書類で埋まっているダイニングテーブルの隅で、縫い物をしている。

 今日は、理想と現実は、なかなか一致しないという悲しいお話です。(笑)

 



[PR]

by miman57 | 2017-09-11 08:06 | 作ったもの | Comments(0)

デイジーのポットホルダーが2つ

c0179853_08130542.jpg


 営業部長の夫に買ってもらったレース糸で、デイジーのポットホルダーを2つ編んだ。
 レース糸は、ダルマレース糸20番ツヤ消し。1玉が50グラムで、デイジーのポットホルダー1つに約28グラム使う。

 思いついて、デイジーのポットホルダーで画像検索してみた。

「うわ~~、このデイジーのポットホルダー、きれいに編めてる!」って、画像をクリックしたら、自分のブログ過去記事に飛んでびっくり! そして、販売している人のサイトにも飛んだのだけど、値段設定が私のほぼ倍で…。こちらもびっくり!(笑)

 デイジーのポットホルダーを編むのは、1年半ぶりかな。

 やっぱり自分としては、「買ってくださるのは嬉しいけれど、どんなふうに使うのだろう? ポットホルダーとしては、白糸を使っているので、汚れやすいだろうなあ…」と、思ってしまう。
 それでも、根強いファンがおられるようで、店に出すと、いつのまにか売れてなくなっている。

 


[PR]

by miman57 | 2017-09-09 08:15 | 作ったもの | Comments(0)

デージーの鍋つかみ(制作途中)

c0179853_13083815.jpg


 昨日、ネコ柄麻紐かごバッグ3つと、編みあがった麻紐鍋つかみ6つを、お店に納品してきた。
 家を出るぎりぎりまで、麻紐鍋つかみの仕上げをしていたので、私としたことが、写真を撮ることを忘れてしまった。(>_<)

 私は2つのお店で手作り作品を売っているのだが、この3年、好きで編んだレース編み作品が、お店では全く売れず…。今の人たちは、レース編みの敷物の上に花瓶を飾るようなことや、レース編みのコースターなど使わない生活をしているのだろうと思った。

 レース編みが得意で、出来上がったレース編みの繊細さが大好きな私は残念に思うけれど、時代の流れと思えばしかたがない。

 それでも、2年前に夢中になって編んだけどぜんぜん売れなかったレース編みのコースターをラッピングしなおして、ダメもとで今年もお店に出したら、なんとこの夏、ほとんど売れてしまったのだ。しつこく残っていた、最後の1枚のデージー鍋つかみも売れていた。

 営業部長の夫が興奮して言った。
「レース編みブームの再来に違いない。編め!編め! 糸は、わしが買ってやる!」
 
 ブームの再来かどうかはわからないけれど、もちろん、糸は買ってもらうことにした。しかし、手芸店で、レース糸の値段の高さに、営業部長は、口が滑ったことをちょっと後悔した様子だった。(笑)

 …ということで、久しぶりに<デージーの鍋つかみ>を編み始めた。

 私は、内側から糸を引っ張り出せないレース糸の玉は、大きめの丼鉢にいれている。これだと、玉が転がることなく糸取りが出来る。
 



[PR]

by miman57 | 2017-09-08 13:12 | 作ったもの | Comments(2)

麻紐と裂き布で編んだ鍋つかみ

c0179853_17064941.jpg
c0179853_17063754.jpg


 麻紐かごバッグを編むのに飽きて、作り始めた小物が、<麻紐と裂き布で編んだ鍋つかみ>。

 これを作るのは久しぶり。そして、作った物は、全部売ってしまって、手元には1枚もない。
 これも、レース糸で編んだデージーの鍋つかみと同じく、自分で作って売りながら、「買ってくださるのは嬉しいのだけど、どんなふうに使うんかいな?」だった。

 そういえば、私って、自分で作ったものをほとんど使っていない。
 作る手が遅いというのもあるのだけど、自分の作った物がいつも目に触れるって、なんか非常に恥ずかしい。この心理、わかってもらえるだろうか…。(笑)

 でも、最近、「それではいかんなあ、実際に使ってみなくちゃ」と思うようになった。
 自分の作品に、やっと目が慣れた? それとも、開き直り?

 …ということで、出来上がった<麻紐と裂き布で編んだ鍋つかみ>を、お玉入れの下に敷いてみた。(お玉入れじゃなくて、きちんとした名称があるのだろうけれど、思い出せません)
 こういう使い方で、いいのかな?

 我が家のお玉入れは、お気に入りのル・クルーゼ。
 
 わざわざ海を渡って、長女と三井倉敷アウトレットにお買い物に行って、別行動をしていてぱったりと会った時、「すごく素敵なものを見つけた!」と同時に叫んでしまい、それが、まるで奇跡みたいに、2人とも、このル・クルーゼのお玉入れ。

 私は黄色、長女はピンク色を買った。
 この存在感、半端でない!


 



[PR]

by miman57 | 2017-09-04 17:09 | 作ったもの | Comments(2)

またまた、ネコ柄の麻紐かごバッグが2つ

c0179853_14211977.jpg
c0179853_14213258.jpg


 タイトル通り、またまた、ネコ柄の麻紐かごバッグを2つ作った。
 こだわったのは、秋をイメージしたこと。
 …って、ちょっと濃い色の布地を使っただけです…。(笑)

 ところで、「麻紐かごバッグは、どうみても、春夏使用だよなあ。せっかく、麻紐をたくさん買ったのに、来年まで使えないのか。残念…」と思いながら、麻紐かごバッグを作っておられる作家さんのブログを眺めていたら、麻紐と毛糸を引き揃えて編んでいる作品が!
 そうか、これだと、冬も使えそうだな。

 あと、布地をウールや起毛木綿にするのも、いいかも。そういえば、開け口にもこもこのファーをつけたものを見たことがあった。そうそう、毛糸で編んだモチーフを縫い付けたものもある。

 皆さん、いろいろと考えられるんだなあと、感心したことです。

 しかしながら、前回のブログに、麻紐かごバッグを量産!って書いたけれど、4つで、飽きた…。
 麻紐かごバッグ制作はちょっとお休みして、気分転換に小物を作ろうっと!
 
 


[PR]

by miman57 | 2017-09-03 14:24 | 作ったもの | Comments(2)

ネコ柄の麻紐かごバッグが2つ

c0179853_09340837.jpg
c0179853_09342185.jpg


 上の写真、黒地のネコ柄のバッグが、お客さんから注文のあったものです。

 注文が入った時、「8月は忙しいので、出来上がりは9月になるかも?」とお伝えしていたが、8月中に、お店に届けることが出来た。同じ形で柄のバッグを以前に買ってくださり、「気に入ったので、同じものをもう1つ」とのこと。嬉しいです!

 この麻紐かごバッグ、義妹のために6個作って、お店には2個納品していたのだけど完売。
 お店に納品したネコ柄を買ってくださった人からは、同じものをということで注文が入り、もう1つの花柄のバッグは、納品作業をしていた私の目の前で、お客さんが買ってくださった。その時、「もう1つ、欲しいのに、1つしかなくて、残念」と言われた。

 それで、この夏はもうこの形の麻紐かごバッグは作らないと決めていたのに、ゲンキンなもので頑張って量産することにした。(笑)
 下の写真が、量産、1号。やっぱり、ネコ柄で…。

 布地が足りなくて、取っ手を共布で作ることが出来なかったので、市販のテープを使ってみた。
 市販のテープは見た感じが固そうで、それにアクリル100%なので棉麻の布地との相性にも不安があって、今まで使ったことがなかったのだけど、実際に使ってみたら、すごくいい感じに仕上がった。

 このバッグで、この春から夏にかけて作った麻紐かごバッグは、10個目となる。

 

[PR]

by miman57 | 2017-08-31 09:37 | 作ったもの | Comments(2)