<   2015年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

スイカとオレンジのアクリルたわし

c0179853_1216230.jpg

c0179853_12161582.jpg



 長女と孫たちが3泊4日で来ていた。

 それで、リビングのミシンと洋裁道具を片づけたので、真夜中は、編み物タイム。(笑)

 夏になると、作りたくなるスイカとオレンジのアクリルたわしです。

 スイカのたわしは10個作ったのだけど、4個は写真に撮る前に、すぐに手元からなくなった。

 たくさん作っても、来年用の見本の1つだけを残して、夏の間に、なくなってしまう。
[PR]

by miman57 | 2015-07-31 12:18 | 作ったもの | Comments(3)

きゅうりの佃煮

c0179853_517668.jpg



 今年の長雨、よいことはあまりなかったけれど、我が家の保水性のない庭で作っているきゅうりがたくさん採れたのは、嬉しかった。

 しかしながら、そのきゅうりも枯れかけて、最近、採れるのは、皮の固い種の多いきゅうりばかり…。

 はい、そういうきゅうりは、佃煮にするととても美味しいのだ!

 1.5キロのきゅうりで作ったのだけど、お隣さんにお裾分けしたり、美味しいのでつまみ食いをしたりするうちに、写真に撮る頃には、こんなに少なくなってしまった。(^-^;

 今度は2キロで作ろうと、準備しているところ。







 
[PR]

by miman57 | 2015-07-26 05:20 | 日々に想う | Comments(4)

『ドラゴンクエスト10』・№1

c0179853_10205980.jpg



 長男が我が家に来るたびに、「お母さんは、WiiUをぜんぜん使っていない」というので、ゲームソフト『ドラクエ10』を買った。

 もうこの年齢になったら、ゲームは、囲碁だけで十分と思っていた。
 私が囲碁を始めると言った時、「70歳過ぎても、TVゲーマーでいつづけたらかっこいいのに。囲碁を始めたら、TVゲームしなくなるんだろうなあ」と、長男は残念がったものだ。

 せっかく買ったWiiUだ、やっぱり、冥途の土産に使いこなそう!(笑)

 この『ドラクエ10』、オフラインとオンラインモードを合わせて、ストーリーが4章まであるので、ゆっくりのんびり遊んでいたら、数年は楽しめるかな? 
 私のTVゲーム人生、『ドラクエⅠ』で始まり、『ドラクエ10』で終わるのか…。

 ゲームのインストールとデーターのダウンロードに、半日かかった。
 オンラインゲームというものがどういうものなのか、やっと、理解できた。
 カセットを差し込んだら、すぐにゲーム開始だったファミコンから30年、TVゲームは進化し続けている。
 
『ドラクエ10』のオープニングで、久々に、プロデューサーの堀井雄二さん・キャラクターデザインの鳥山明さん・音楽のすぎやまこういちさんのお名前を見て、感激した。








 
[PR]

by miman57 | 2015-07-25 10:22 | 日々に想う | Comments(2)

かぼちゃが採れたよ

c0179853_8301889.jpg



 夫が長女の家の裏の空き地で耕作している家庭菜園の手入れに行くと言うから、ついていった。

「畑仕事はあなたの趣味だから、私は、一緒には行かない」と思う時もあったけれど、成長著しい孫たちに歓待してもらうのも、あと何年かと考えて。

 それから、長女もそのうち働き始めるだろうから、長女と一緒にスーパーで買い物をするのも、今のうちかなと。

 何よりも、夫が、車を運転して、長女の家の畑を耕しに行くなんて、これこそ、あと、何年、出来ることなのだろう。

 それで、行くたびに、我が家の家計で、6人分の昼食と夕食を私が作るなんて、話が間違っているとは思いながらも、(笑)、夫について行くようにしている。

 天候不順で、トマトの出来は悪いけれど、かぼちゃとナスが採れた。

 かぼちゃを持った、仲良し姉妹をデジカメでパチリ。
[PR]

by miman57 | 2015-07-24 08:33 | 日々に想う | Comments(0)

ミニペットボトルカバーが4つ

c0179853_947390.jpg


 義妹の友人という方からのオーダー品、ミニペットボトルカバーが4つ、完成。

 いつもだと、写真撮影はリビングの床に並べてなのだけど、今回の写真の黄色い背景は、いったいどこでしょう?(笑)

 夫を、「営業部長!営業部長!」とおだてていたら、なんと几帳面な夫が、玄関ホールにボックスを重ねて、その上に私の手作り作品を並べてもよいという許可をくれた…。

 今までも、靴箱の上とか壁に私に作品を飾ってはいたけれど、今回からは、ますます広がって、下の写真のようになる。

c0179853_105498.jpg


 昔は、妻の手作り作品を人の目に触れるようなところに置くなんてことは許さない夫だったのだけどなあ。
 壁に、鋲を刺すなんてことも、絶対にだめだった。

 それが、今回は、玄関に、市販のださいカラーボックスを置くことを許すなんて。夫も、歳をとったなあと思うことです。

 それで、勇気を得た私は、「リビングに、ミシンを置きっぱなしに出来る作業机と椅子を置きたい」と言ってみたら、なんとまあ、これも、あっさりとOKが出た。驚いた…、……。

 今までは、座卓の上にミシンを置いて、いつでも片づけられるようにしていた。
 だから、縫う時は、正座だった。これが、最近、膝に辛くて…。

 嬉しいなあ~~、念願の、私の作業場ができるのだ~~!







 
[PR]

by miman57 | 2015-07-20 09:50 | 作ったもの

またまた、コインケースが2つ

c0179853_9555011.jpg



「あれを縫ったほうが、売れるかもしれない。これを編んだほうが、売れるかもしれない」と口煩い夫、いや、営業部長の目を盗んで、(笑)、またまた、コインケースを2つ作った。

 このタイプのコインケース、布合わせもいいし、芯地も2種類使って張りを出しているし、ファスナー付けも上手になったしで、定番として、文句なしじゃないかと思う。

 前回、コインケース作りに夢中になった時のように、ずるずると20個も作ってしまうのかと思っていたら、オーダーが入った。

 ミニペットボトルカバーが4つ!

 もう、この年齢なので、作りたいものを作りたい時に作るという我儘を貫こうと思っていたのに、話があった時、頭で考えているのとは違う言葉が口から出てきて、「はい、はい」の2つ返事で、引き受けてしまった。

 やっぱり、私の作ったものを欲しいと言ってくださると、嬉しさに舞い上がってしまうのだなあ。

 
[PR]

by miman57 | 2015-07-18 10:00 | 作ったもの

くじけずに、囲碁クラブ…


 久しぶりの、囲碁ネタ。

 まじめに、町内の囲碁クラブに、通っています。

 2局打ったら逃げ帰るのは相変わらずだけど、先日、長女宅に行かなくてよくなった時、「あっ、囲碁クラブ、休まなくてもいいんだ」と、嬉しく思ってしまった。

 久しぶりに見る孫の顔と、囲碁クラブで人と囲碁を打つのとを、天秤にかけると、私の心の中で、どちらが重いとも言えない感じになってきた。(笑)

 しかしながら、毎回、毎回、囲碁クラブで、下手な私は、後期高齢者のお爺さんに、優しくされているのか、苛められているのか…。

 そのたびに、面白い会話あり、悔しい思いありで、「あっ、家に帰ったら、ブログネタにしよう!」と思うのだけど…。

 家に帰ると、「そんなこと書いて、一喜一憂して、どうなる? ブログ書いている時間で、囲碁の勉強すべきだろう」と、考え直してしまう。

 19路盤で打てるようになって、自分の黒石の固まりが、生きているのか死んでいるのかわかるようになったということは、やっと、囲碁のスタートラインに立ったのだと、当たり前のことに気づいて、さすがの私も<謙虚>というものを知ったということか…。

 囲碁クラブからの帰りの、自分へのご褒美の街カフェも相変わらずだけど、それでは同じ写真になってしまうということで、いろいろと考えて、我が家の庭の写真をアップすることにした。

 長男の孫が小学1年生の時に学校で育てた朝顔の種を、夫が孫より貰って、我が家の庭で育てること、2年目です。

c0179853_110277.jpg

 

 
[PR]

by miman57 | 2015-07-16 11:03 | 囲碁日記

コインケースが2つ

c0179853_5523771.jpg

c0179853_5525489.jpg



 子ども向けのバッグ作りが続いたあと、久しぶりのコインケースです。

 夫に資金援助を頼んで手作り販売の委託ブースを広げた途端、夫の、いや、営業部長の「あれを作れ、これを編め」の口出しが、ますます煩くなった。

 今回は、「大きなものばかり、作って並べていてもだめだ。小物も作れ」との、命令です。

 作り手にとってスポンサーがいることはありがたいことですが、こうも、口煩いのも困ったことです。(笑)

 作り手の私としては、コインケースを作り始めたらまとめて何個か作りおきしたいところなんだけど、3個目を作り始めた私の横で、夫が、いや、営業部長が、

「コインケースはとりあえず、2つでいい。次は、編んだものを作れ。いや、そのまえに、大人向けのバッグを作れ。なんで、おまえは、子ども向けのバッグばかり作るんだ?」

 と、仰る。

「夏休みが始まるから、子ども向けのバッグを作れ!」と、言ったのは、営業部長でしょうが!(怒)
[PR]

by miman57 | 2015-07-15 05:55 | 作ったもの

子ども用のティッシュボックスカバーが2つ

c0179853_92825100.jpg



 お出かけ続きで、疲れが溜まっている。

 最近の私、お出かけのお誘いを断らないようにしている。すってんころりんで、背骨を傷めてより、これからの残された健康年齢というものを考えるようになり、今のうちに出かけようと思うようになった。

 それと、このところの蒸し暑さで、体調がよくない。

 でも「元気になってから、縫いましょう」なんて、ミシンをしまい込んだら、あっという間に秋になっていそうなのが怖い。

 …ということで、ダラダラ&ボチボチと、こんな体調でも出来そうなものから、縫っている。

 子ども用のティッシュボックスカバーが2つ。

「もう、子ども用のキャラクター布地は、使わない、買わない」と、このブログに、何度、書いた?(笑)

 でも、私の縫い物の原点は、「ばあばが、作ってくれた!」と、喜びにぱっと輝く孫の笑顔なので、固い誓いもあっさりと崩れてしまうのだなあ。
[PR]

by miman57 | 2015-07-11 09:31 | 作ったもの

最上稲荷山妙教寺(岡山県)


c0179853_6571528.jpg



 これも先月のことになるけれど、長男一家に誘われて徳島県の奥祖谷 二重かずら橋で出かけた2日後、今度は、私一人で、バスツァー旅行。

 昨年末、スーパーで買い物をした時にもらった懸賞葉書を出したら、なんとまあ、当選したのだ。
 しかし、夫は都合悪く、それならと私一人で参加した。

 たとえ、日帰りバス旅行でも、知った人が1人もいない旅行なんて、結婚以来、初めてのことのように思う。

 40年もそんな状態が続いたら、今では、夫も子供たちも、「お母さんは、自分たちが引っ張り出さないと、どこへも1人では行けない女」と、思いこんでいる様子。
 
 しかしながら、独身の時は、1人で旅行も出来たのだ。
 結婚して何十年かは、一人旅行に憧れてもきたのだ。
 いつの間に、一人で旅行どころか遠出すらもできない女になってしまったのだろう。

 …ということで、40年ぶりの1人旅行は、爽快なほどの気分転換を味わった。
[PR]

by miman57 | 2015-07-10 06:59 | お出かけ