<   2015年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

残り布で作ったシューズ入れ


c0179853_1115080.jpg



 気心の知れた子ども達や可愛い孫たちのものであれ、頼まれものは縫わない、編まないと決めていた。

 「出来上がりは、急いでいないから」と言われても、別のものを作っている間、頼まれもののことが頭から離れない。
 年齢のせいか、それがストレスになる。

 だから、この長女のシューズ入れも頼まれた時、断るつもりでいたんだけどなあ。
 長女の押しが強いのか、私の気が弱いのか、けっきょく、引き受けてしまった。

 …ということで、孫が高校生なるまで、学校の体育館での行事で使うことになるだろうと思い、そうしたらもしかしたら形見の品になるかも知れないと思い、(笑)、余り布だけど、レースを縫いつけたり、縫い目をハンドステッチで飾ったりした。あらまあ、かなり凝ったことをしているのだけど、写真ではわからないなあ。

 それから、孫のものも2つ、頼まれた…。
 やっぱり、断れなかった…。
[PR]

by miman57 | 2015-11-29 11:10 | 作ったもの | Comments(2)

夫のお弁当

c0179853_7381266.jpg



 現在68歳の夫、シルバー人材からの派遣社員として印刷会社で働き始めて、この11月で丸5年となる。

 初めは週に3日、朝の7時半から12時半だったが、1年前より、7時半から3時と勤務時間を長くした。
 それで私も夫のお弁当を作るようになって、ちょうど1年だ。

 元気な夫なので退職後もぼちぼちとは働くのかなとは思っていたけれど、まさか、事務職系だった夫が力仕事の職場でこんなに働くとは考えてもいなかった。
 それも、とても楽しそうに!

 夫から「11月で、丸5年になる」と聞かされて、「海外旅行などの贅沢には縁がなかったけれど、それでも、子ども達夫婦や孫たちとよく遊んで、こんなに好かれる祖父母でいられたのも、この5年の夫の働きがあったからだなあ」と、あれやこれやを懐かしく思い出した。
[PR]

by miman57 | 2015-11-27 07:42 | 日々に想う | Comments(2)

アクリルたわし用の毛糸を買った

c0179853_8395451.jpg


 昨日、手作り作品の納品に行ったついでに、久しぶりに手芸店により、アクリルたわし用の毛糸を買った。

 糸は、横田の<カフェキッチン>。

 ハマナカの糸と比べてたぶんコストアップになり、「今までの販売値段では、利益どころか赤字だなあ」と思うのだけど、「アクリルたわし普及の会」の会員を自称している私なので、まあ、いいか…。(笑)

 私の大好きなアクリルたわしだけど、なぜか、初めは全然売れなくて。

 それで、タグに『ゴシゴシこすっても、金属のお鍋もガラスの食器も傷がつかない。その上に洗剤も少量で、とっても優れもの!』と書くようにしたら、売れ始めた!

 バラで売っていたコースターを5枚組にしたら売れ始めたのと、同じ現象。

 作品を作るのもそうなのだけど、販売にも工夫と努力次第というところがあって、なかなかに面白いです。





 
[PR]

by miman57 | 2015-11-26 08:43 | 作ったもの | Comments(2)

コインケースが3つ

c0179853_11515232.jpg



 先日のブログに、コースター5枚組を縫って、余ったソレイアードの布地で定番コインケースを2つ作る予定と書いたのだけど、うまく布地を使って、3つも出来ちゃった!

 これで、このインパクトのあるソレイアードの布地と棉麻の黄緑色水玉の布地は、ほぼ使い切った。

 ほぼって書くのは、どんな小さな残り布でも、思い切って捨てることが出来ないから。「パッチワークしたら、使えそう…」と思ってしまう。

 私は捨て魔で、服や道具類は当然のこととして、人間関係まであっさりと捨ててしまうところがあるのだけど、なぜか気に入った布地だけは捨てられない。

 ただ、<気に入った>という条件があるので、布雑貨を作る者にしては、安いからという理由で布地の衝動買いはしないので、布地は溜め込んでいないほうだと思う。

 あっ、それから気に入った布地については、しつこくしつこく、そればかりを最後の最後まで使う癖があるし…。(笑)
[PR]

by miman57 | 2015-11-25 11:53 | 作ったもの | Comments(2)

家です!

オンラインゲーム『ドラクエⅩ』の世界に、どっぷりとハマっております。

 サブキャラの家を紹介したので、最後は、メインキャの家。

 Sサイズの土地に建てた、基本的な形の平屋。
 メインは、魔物狩りとレベル上げに忙しい日々を過ごしているので、家の内装・外装に凝る余裕がない。
 でも、彼女は3人の中で一番働いているわけですから、いい家具を置かせてもらおうかなと…。

 裁縫職人は2階建ての家とお花いっぱいの庭に満足してもらって、裁縫に励んでもらい、ツボ錬金職人は、男の子らしいマニアックな家で、コツコツと錬金学を学ぶ日々…。

 家まで建てるとなると、3人それぞれの性格付けに始まって、それぞれのこれからのドラマも始まる。

c0179853_6295666.jpg

c0179853_63099.jpg


 ああ、私って、小さいころ、お人形遊びが大好きだったなあと、懐かしく思い出しています。

 昭和30年代の小学生の時は、ありったけの人形と空き箱と布きれを使って、お人形遊びをしたものだ。
 当時は物がなかった時代だったので、あるもので工夫して遊んだけれど、今だったら、シルバニアファミリー大好き女の子になっていたと思う。

 年をとると、子どもの頃に戻るというけれど、「あっ、同じようなことしてる」と思ってしまいます。

 
 
 
[PR]

by miman57 | 2015-11-24 06:31 | Comments(0)

家です!

c0179853_8101770.jpg

c0179853_8103334.jpg



 オンラインゲーム『ドラクエⅩ』の世界に、どっぷりとハマっております。

 昨日紹介したサブキャラの家に続いて、今日は、同じくサブキャラでツボ錬金職人の家。

 今回はアングルをちょっと変えてみて、家の正面からではなく、後ろから見下ろす場所から撮ってみました。
 
 かっこよくツリーハウスです!

 でも、外見は改装したのだけど、内装はまだなので、家の中は、もともとのリンゴの木の可愛らしさに溢れていますね。
 そのうちに、若い男の子らしく、不思議な雰囲気を漂わせたかっこいい家に改装していきます。
 
 ちょっと予定を紹介すると、床下に水槽を据えて、家の前の湖で釣った魚を泳がすつもりです。
 …と聞かされただけで、ワクワクしてくるでしょう?(笑)

 家には、執事がいます。
 種族が違うので、顔つきも体型もまったく違うけれど、すでに、2人の間には友情の絆が生まれています。
[PR]

by miman57 | 2015-11-23 08:13 | Comments(0)

家です!

 オンラインゲーム『ドラクエⅩ』の世界に、どっぷりとハマっております。

 前回、3人のキャラたちのために、土地を買い直し家を建てたと書いた。
 しかし、3軒とも同じ形の家では、せっかくの『ドラクエⅩ』の世界を満喫していないと思い、3人の家をそれぞれ違ったものにして建て直した。
 
 バーチャルな世界だから出来ることであって、現実の世界のサラリーマンの収入では、土地を買いなおしたり家を建て直したりなど出来ない。

 いろんな人の『ドラクエⅩ』プレイ日記を読んでいると、お金を何千万、いや何億溜めたという記述があるのだけど、「ローンや教育資金や老いや病気の心配のないバーチャルな世界で、お金を溜めてどうする」と、来年は前期高齢者になるお婆ちゃんは思ってしまうのだなあ。

c0179853_9464174.jpg

c0179853_9465796.jpg


 …ということで、写真は、建て直したサブキャラの2階建ての家。
 これから、家の内外を改装していきます。

 そうそう、家の奥に立っている人物は、なんとまあ、執事!
 『ドラクエⅩ』の世界の細かい雑事をいろいろとこなしてくれるし、そのうえにゲーマーの体調まで、親身な言葉であれこれと心配してくれるのだ。
 
 
 
 
[PR]

by miman57 | 2015-11-22 09:50 | Comments(0)

またまた、ソレイアードのコースター

c0179853_65911.jpg



 またまたソレイアードのコースターの5枚組。

 これで、棉麻で厚めの茶色の水玉模様の布地を使い切った。
 ソレイアードの布地のほうは、コインケースが2つ作れるほど余ったので、これからそれでコインケースを作る予定。

 昨日のブログに、ソレイアードの個性的な柄は、私には扱うのが難しいので、いまの手持ちの布を使い切ったら、ソレイアードとはお別れするつもりだと書いた。
 でも、これを縫っていて、「私は、やっぱり、ソレイアードのインパクトがあって品もあるという模様が、大好き!」と思ってしまった。

 もし、作ったコースターが売れるようだったら、ソレイアードとは、まだまだお付き合いしたいなあ。
[PR]

by miman57 | 2015-11-20 07:06 | 作ったもの | Comments(0)

ソレイアードのコースター2種類

c0179853_1165976.jpg

c0179853_1171553.jpg



 私の手作り作品の定番、ちょっと大きめのコースター5枚組が1つと、布が足りなかったので、4枚組が1つ。

 以前にも書いたけれど、5枚組にするようになってから、ぼちぼちと売れるようになった。
 それで、在庫がなくなったので、ソレイアードの端切れの始末もかねて、秋冬をイメージしたものを作ってみた。
 
 お店に出すときは、下の写真のように束ねて、『ちょっと大きめが使い勝手がいい』とか、『マグカップをのせるのに、最適です』なんてことを裏に手書きしたタグをつける。

 ところで、ソレイアードの布地大好きで、いろいろと集めてみたのだけど、この個性的な柄を作品に生かすのは難しい。
 私の年寄り臭いセンスの問題なのだろう…。
 それで、コイン入れとかコースターに部分的に使うのが、精一杯…。

 今持っているソレイアードの端切れを使い切ったら、もう、ソレイアードには手は出さないつもり、…です。



 
[PR]

by miman57 | 2015-11-19 11:14 | 作ったもの | Comments(2)

姫路城


c0179853_7513964.jpg

c0179853_751561.jpg



 長男夫婦に誘われて、平成の大改修が終わった姫路城へ日帰りドライブ。

 気ままな計画と孫が巻き起こすハプニングと神様がプレゼントしてくださったような晴天で、日帰り観光バスツアーでは味わえない旅の楽しさいっぱいの1日だった。

 観光の内容も楽しかったけれど、「ママと一緒に、後部座席にすわりたい」という孫の希望で、長男一家とのドライブでは、私は初めて助手席に。
 それで、長男とずっとお喋り。

 私達夫婦と親戚の近状から始まって、帰り道は、15年飼っていた犬や、長男が小さかった頃の思い出話。
 こちらも、ほんとうに楽しかった。

 15年生きていた飼い犬が死んでもう10年以上になるけれど、久しぶりにいろんなことをいっぱい話して、「私のことを思い出してくれて、ありがとう。ワン」って、空の上からの飼い犬の声が聞こえたような気がしたわあ~~。

 下の写真は、紅葉の始まった書写山。
[PR]

by miman57 | 2015-11-17 07:53 | お出かけ | Comments(2)