<   2016年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

倉敷美観地区(1人日帰りバス旅行)

c0179853_8442545.jpg

c0179853_8444080.jpg

c0179853_8445628.jpg



 またまた、スーパーの懸賞で、日帰りバス旅行が当たった。
 そして、またまた、夫が言う。「わしも行きたい」
 でも、私も言ってやった。「私は、1人で行きたい」
 そして、すぐに、自分の名前だけを書いた、申し込みの葉書を投函した。

 結局は、夫は神社総代の仕事と、卓球の試合を控えた練習で忙しくて、当日は、旅行どころではなかった。
 「予定が決まるまで、申し込みをちょっと待ってくれ」と言う言葉に従っていたら、いつものように、「今回は、すまんのう。そのうちに、旅行なんか、わしがいつでも連れて行ってやる」ということになっていただろう。

 私も、年をとって、賢くなった。
 夫の言う「そのうち」なんていう日は、待っていても、永遠に来ない。

 …ということで、昨日、私1人で、岡山県の倉敷美観地区と笹岡ベイファームに行ってきた!
 そして、1人旅行もこれで3度目となったので、「そのうちに」ということで、旅行費用を前渡していた退職記念旅行ですらすっぽかした、夫の悪口も、今回で卒業だ。(笑)

 今回の旅行ではバスは満車ではなかったので、お1人様の参加者は、2つの座席に1人ずつということで、相席はなし。

 でも、お喋りなしのほうが、旅行に集中できて、よかった。
 もうこの年齢なので、見るべきものはきちんと見ておきたいし、経験できることも納得できる形で経験したい。
 
 1人旅行の、孤独と緊張と開放感がたまらなく好きだ。
 「自分の人生の主人公は、自分なのだ」ということに、気づかされる。
 

 
[PR]

by miman57 | 2016-02-26 08:47 | お出かけ | Comments(2)

縮緬細工(椿の花)が7つ

c0179853_10295556.jpg


 頑張って、縮緬細工の椿の花を7つ仕上げた。

 あと、残るは2つになった…。

 でも、同じものを黙々と作り続ける作業に、ほんと、嫌気がさしている。
 未完成なこの2つ、目の前から消えてなくなればいいのになあ。

 一度は 「20個もあるんだもの、2つくらい作らなくても」と、ゴミ箱に捨てようかと思った。
 いや、一度ではなく、二度か三度…。(笑)

 でも、そうやって新しいものにとりかかっても、私の性格上、未完成でギブアップしたことがずっと気になるんだろうなあ。

 頑張るしかない。
[PR]

by miman57 | 2016-02-24 10:31 | 作ったもの | Comments(2)

縮緬細工のピンクッション・2つ目

c0179853_7512082.jpg


 縮緬細工の椿の花の残り布で、2つ目のピンクッションを作った。

 1つ目のピンクッションの残り布なので、パッチワークのログキャビンの模様にすることはできず、2つ目は、ただ剥ぎ合わせただけ。
 でも、縮緬布の色と柄が華やかなので、これでもじゅうぶんに可愛い。

 作るにあたって参考にした本は、2008年発行のNHKテキスト『おしゃれ工房』の、ログキャビンのピンクッション。
 でも、10センチ四角のピンクッションはちょっと大きすぎるかも?

 …と、以前、この本を参考にピンクッションを作った時も思ったと、思い出した。(笑)
 それで、2つ目は、ちょっと小さくした。

 下の写真は、その時に作って、今も使っているピンクッション。
 クロスステッチで作った八角形のピンクッションも、一緒に並べてみた。

c0179853_7525940.jpg

[PR]

by miman57 | 2016-02-22 07:54 | 作ったもの | Comments(0)

縮緬細工のピンクッション

c0179853_9512492.jpg


 椿の花作りに飽きてきた…。
 それで、花びらを裁断したあとの細長い残り布で、ピンクッションを作ってみた。

 縮緬布が可愛くて、ついつい夢中になり過ぎ、少々疲れた。

 脳みそ休止状態で、今日は、他に書きたいことが思い浮かびません…。
 
[PR]

by miman57 | 2016-02-21 09:54 | 作ったもの | Comments(4)

縮緬細工(椿の花)が5つ

c0179853_10414018.jpg


 前回は、縮緬細工(椿の花)の根元を括っている紐について、あれこれと考察して、紐の太さと長さを決めたのだけど、今回は、その紐と口べり布の色について、あれこれと。

 口べり布を葉っぱと同じ緑色にして、紐の色を薄い茶色にしてみた。
 そして、紐飾りは、こげ茶色。

 ほんと、こういうことをしていると、寝食を忘れる!

 実を言うと、私の小さいころになりたかった職業は科学者で、尊敬する人はマリー・キュリーだった。
 一日中、実験にあけくれる生活に憧れた…。

 勉強嫌いに致命的な能力不足で、科学者のかの字もこすらない人生となったけれど、まさか、縮緬細工で、寝食忘れてあれこれ工夫するところに、小さいころの夢の片鱗が現れているとは!

 「三つ子の魂、百まで」とか、「雀、百まで踊りを忘れず」とか、昔の人はうまく言っているなあと思うことです。
[PR]

by miman57 | 2016-02-20 10:43 | 作ったもの | Comments(0)

私の編んだベストを着た孫

c0179853_1263697.jpg


 編みあがったベストを長女宅に送ったら、写メが戻ってきた。

 前回の型紙を適当に大きくしただけだったので心配だったけれど、サイズ、いいみたいだ。たぶん、10か月後の小学3年生の冬も、大丈夫だろう。

 前回のベストを着た孫の写真は、こちら
 たった1年のことなのに、孫の顔が、幼児から少女になっていて、祖母の私はびっくり。あっ、でも、皆さんには、同じ<ネコ>ですね。(笑)

 マスクを作った時の孫たちの喜びようも嬉しかったけれど、こうして、私の作ったものを着てくれている孫の写真にも、その嬉しさはなんとも言えないものがある。

 先日、手作り作品販売のお店に納品に行ったら、私の目の前で、納品したものが売れた。買ってくださったお客様にお礼を言ったら、「可愛いかったから」のこと。

 そしてまた、私の作った物の大ファンという方からの、「新作を楽しみに待っています。」という伝言を、店長さんから教えてもらった。

 自分も作っていて楽しく、そして可愛い孫たちを喜ばせることも出来て、また時には見知らぬ方から嬉しい言葉をかけてもらえる、本当にいい趣味を持ってよかったと思う。
[PR]

by miman57 | 2016-02-19 12:10 | 作ったもの | Comments(4)

縮緬細工(椿の花)が7つ

c0179853_722464.jpg

c0179853_72424.jpg


 作りかけのままでほったらかしていた、縮緬細工の椿の花。
 数えてみたら、つくりかけは、20個あった。

 そして、途中でやめてしまったのは、手作り作品の販売を始めて、バッグやポーチを優先して縫い始めたこともあるのだけど、口べり布(花の根元の黄緑色の布)を本の掲載寸法でいくつか作ったら、大きさがちょっと変だったので、そこで作る意欲が萎えたのだったということも、今回、思い出した。(本に掲載された寸法が変というよりも、使う布地が違うためかもしれない)

 それで、以前に作っていた口べり布はほどいて、新しく(適当な寸法で)作り直してみた。

 …ということで、昨日、1日かけて完成させた、7つの縮緬細工の椿の花。
 写真を2つに分けたのは、上と下では、口べり布に通した紐の太さと長さが違うから。

 上は、本の作り方通り。
 下の紐は、ちょっと太くて、ちょっと長い。
 どちらがいいかな?太さは上で、長さは、上と下の中間かな?

 悩みながら、これほどの創意工夫への情熱が学生時代の勉強に反映されていたら、今の人生は違ったものになっていたかも?と思ったことです。(笑)

 
[PR]

by miman57 | 2016-02-18 07:04 | Comments(0)

縮緬細工(椿の花)

c0179853_8343169.jpg


 孫のベストを編んでいる時、「次は、何を作ろうかな?」と考えていて、縮緬細工の椿の花の作りかけがあったことを思い出し、それで、これを完成することにした。
 孫の頼まれものは、4月の新学期が始まるまでに、なんとか…。(笑)

 この椿の花は、30個作って、吊るし雛のように天井からぶら下げるものにしようと思っていた。
 でも、手作り作品の販売を始めだして、途中でやめてしまっていたもの。

 その間に、吊るし雛作りブームは私の中で終わってしまい、さて、どういうふうにしたものかと…。

 1つずつのバラで、お店で売ってみようかな。
 3個ぐらいを吊るして、壁飾りにするのもいいし、ブローチに仕立てるのはどうだろうか。

 まあ、作りながら、考えようっと…!

c0179853_8351496.jpg

c0179853_8353281.jpg

[PR]

by miman57 | 2016-02-17 08:37 | 作ったもの | Comments(0)

孫のベストが完成!

c0179853_11391466.jpg


 小学2年生の孫の通学用ベストが、完成!

 ちょっと大きめで、本当は、3年生の冬用。
 でも、今でも着られると思うので、すぐに送ってやらねば。
 あと1か月くらいは、着てもらえるだろう。

 ああ、悪戦苦闘した…。
 でも、苦労話は書かない、すっぱり忘れて、さあ、次に行こう!
 もう、次を、長女に頼まれているのだ。これは、(泣き笑)だなあ。

 孫のベストは昨年に続いて2枚目。(前作の写真はこちら

 糸は、どちらもハマナカのアメリーを使用したのだけど、これが発色もいいし、編みやすいし、仕上がりも軽い。
 そして、家での洗濯でも、風合いが損なわれないという優れものだと思う。






 
[PR]

by miman57 | 2016-02-16 11:44 | 作ったもの | Comments(0)

やっぱり、寝込んだ…

c0179853_7352772.jpg


 孫のベスト、編み上げたら寝込むかも?と書いたのだけど、ここまで編んだところで、3日も寝込んでしまった。(涙)

 「年をとってから、縫い物や編み物で根を詰めると、体を壊す」とはよく聞く話だけど、若い時から続けてきたことなので、自分には関係のないことだと思っていた。
 でも、「やっぱり、根を詰めすぎると、体調不良になるのか。それが嫌で、年をとると、縫い物や編み物から遠ざかってしまうのか」と、今回、身をもって思い知った。

「毎日、少しずつ、無理をしない程度に、やればいいじゃないか」とは、編み物や縫い物をしない夫の言うことで、ここで手を止めることなど出来ないということが、あるのだ。
 作るって、なんでもそうだと思う。

 …ということを、昨日、我が家に来た長女に話したら、「模様編みなんかするからよ。模様がなくていいから、これからも編み続けてよ!」と言われてしまった。

 でも、それを横で聞いていた小学2年の孫が、「それは、嫌だ」という顔を。
 私だって、孫の喜ぶ顔見たさに編んでいるので、模様なしなんて、考えられない…。





 
[PR]

by miman57 | 2016-02-15 07:37 | 作ったもの | Comments(0)