「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ポーチ・№3(伊予がすり)

 <ちょっと小さい和柄のポーチ・№2>に続いて、色違いで、№3を作った。

 本当は、麻紐で編んだ籠に続いて、来年の春に小学校に入学する孫の通学バッグを縫っていたのだけど、それを横においての、ポーチ・№3の製作。

c0179853_1026179.jpg


 一昨日、編みあがったデイジー型のポットホルダーを納品に行ったときのこと。

 お店がリニューアルして、お客様が増えたという話なのに、私の作品はまったく売れていない。

「今月は、今までで、最高に売れている」という先輩が、たまたま店におられたので、「私は、売れていなくて…」とぼやいたら、そこから、彼女のアドバイス&お説教が始まった。
 
 最近の私の創作意欲減退を心配している夫も加わって、30分は続いたかな…。

 彼女のアドバイス&お説教の内容はというと…。

「ミマンさんは、きれいにファスナーがつけられるという裁縫技術を持っていながら、それを活用していない。編み物なんて、だれでも、炬燵の中でちょっちょっと出来るでしょう? なのに、どうして、そんなものばかり作っているの? それに、材料も、たまたま手元にあったから使ったというのが、作品から透けて見える。ミマンさんの裁縫技術を活かして、妥協しない作品作りとディスプレイをこころがけなさい」

 …というものだった。

 私だって、言い返したいことはある。
 そのうちに、私にしか作れない手芸性のあるバッグやポーチを作るつもりでいるでいるのだ。
 ただ、時期が、今でないだけ…。

 それで、その夜、眠れなくて、ファスナーつきのポーチを縫ってみた。

 縫っていてわかった。
 手芸性のあるファスナーつきのポーチは、作るのが、面倒くさいのだ。
 そして、その苦労に見合った利益は見込めないというのも、意欲を萎えさせる。

 そして、気がついた。
 「時期が、今ではないだけ…」なんて言って逃げていると、その時期っていうものは、永遠に来ないということを…。

 

 
[PR]
by miman57 | 2016-11-30 10:28 | 作ったもの | Comments(0)

麻紐で編んだ小物入れ・3個

c0179853_8455352.jpg


 新しく買った麻紐で、とりあえず、いつもの小物入れを編んでみた。

 麻紐は、あの文房具メーカー・コクヨの製品。
 手芸材料として、文具メーカーとしては想像もしていなかった、まさかまさかの、売れ筋商品とのこと。

 4年前に初めて使った時は、麻紐としては柔らかく編みやすかったのだけど、機械油のような臭いが強くて…。
 私には苦手な臭いだったので、麻紐で編むのは無理と思ったこともある。
 (臭いは2年くらい押入れの中に放置していたら、抜けた…)

 そうしたら、今回は、ほとんど臭いがない。
 う~~ん、企業努力というものはすごいものだと、感心したわ~~。

 この小物入れ、鍵とか印鑑とか化粧小物を入れると便利かな。
 でも、私自身は、作っているのに、まったく利用していない。

 それが、作っている途中で、糸と指ぬきと糸切狭をいれたら、これが便利だった。(笑)
 特に、糸が転がらないのは、ありがたい。

 最近、年齢のせいか、目の前にあるものが見えていない。

 縫い物の途中で、これらを探すこと、探すこと…。
 常に、使ったものは、元の場所に戻すように心がけていないと、縫っている時間より、探し物をしている時間のほうが長いなんてことになる。
[PR]
by miman57 | 2016-11-28 08:49 | 作ったもの | Comments(2)

デイジー型のポットホルダー№9~№11

c0179853_8462844.jpg


 アマゾンの注文した麻紐が届くまでと思い、編み始めたデイジー型のポットホルダー。
 麻紐が届いても編み続けて、(笑)、3個、完成。

 6月の末に、№7と№8を編んでからだから、半年ぶり。

 営業部長の夫が「編め、編め」と煩くて編み始めたのだけど、なんかすごく厭々で編んだ…。

 歳のせいで、細い糸で編むのが、嫌になったのか。
 これは確かに可愛いし、買ってくださるお客様もいらっしゃるのだけど、編んでいる自分が「いったい、何に使うのだろう?」と半信半疑なので、編む手が進まないのかもしれない。
 それとも、届いた新しい麻紐で、早く編みたいと思ってしまうからか?…。

 2つ編んだところで、「もうこれでいいでしょう?」と夫にお伺いをたてたら、「もう1つ編め」とのことだったので、3つ編んだ。

 3つ目は、編んでいて、いつ終わりが来るのだろうかと思ってしまったわあ~~。

c0179853_847370.jpg


 糸は、ダルマレース糸つや消し20番を使用している。
 手作りで利益をだそうと思ったら、ほんとはNGないい糸だ。

 でもこの年齢になると、利益よりも気分よく作ることのほうが、大切。

 それでも、糸を買いすぎた…。(-_-;)
 まだこんなに残っている…。
 
 
[PR]
by miman57 | 2016-11-25 08:54 | 作ったもの | Comments(0)

持ち手付き麻紐かごの2つ目

c0179853_8192987.jpg


 前回に紹介した『持ち手付き麻紐かご』と同じものを編んだので、二つ並べて、パチリ。

 皮ひも持ち手の縫い付けた部分、やっぱり、可愛いボタンをつけたほうがよかったような…。
 小さな木のボタンがいいように思えるので、今度、手芸店に行ったら、買うことにしよう。



 麻紐を全部使ったので、新しいのをアマゾンで購入。
  今まで使っていたのと同じのを3玉と、どんなのか試してみたくて、ホビー用というのを1玉買ってみた。

 一玉500メートルほど、重さは800グラムあるから、ほぼ1キロに近い。

 4年くらい前に、同じものを3玉、買った。
 使い切るのに、4年…。
 …ということは、4玉買った今回は、どうなるのだろう?

 若いころの私は、5年後10年後の自分を想像するのが好きだったのだけど…。
 65歳の前期高齢者になった途端に、5年後の70歳になった自分の人生について、どんな想像もまったく思い浮かばなくなった。

c0179853_820868.jpg

 
 
[PR]
by miman57 | 2016-11-23 08:21 | 作ったもの | Comments(4)

持ち手つき麻紐で編んだ小物入れ

c0179853_11362655.jpg

c0179853_11363962.jpg


 皮の持ち手がついた、麻紐で編んだ小物入れを作ってみた。

 大きさは直径が13センチ、取っ手を入れないで高さが、9センチ。

 小物入れなんだけど、何を入れたらいいのだろう?
 作った本人にもわからない。
 なんか、かっこいいものを作ってみたかった。(笑)

 皮の持ち手は、幅にこだわったので、1枚皮を買って切って使った。
 無駄なことをしている。

 薄いプラスチック板を丸く切り抜いて、裂いて縁を編んだのと同じ布でくるんで、底板も作ってみた。
 こだわったことをしている。

 ただ、持ち手を茶色の糸で縫いつけたのだけど、ボタンだとよかったかもしれない。
 そこまですると、凝りすぎという感じもする。

 自分であれこれ考えて作るのは、ものすごく面白い。
 夢中になり過ぎて生活が不規則になり、体調を崩すのが残念。


 
[PR]
by miman57 | 2016-11-18 11:39 | 作ったもの | Comments(2)

麻紐で編んだ小物入れ・6個

c0179853_10121590.jpg

c0179853_10123447.jpg


 夏からこっちは、ミニペットボトルカバーとハワイアンキルトのバッグ、そして家族の頼まれものしか縫っていない。

 それで、手作り作品の販売ブースが、売れ残り商品が埃をかぶっているようなみすぼらしい状態。

 手っ取り早く作れて場所もとるような物はないだろうか?と考えて、麻紐で小物入れを編んむことにした。

 初めは3個作ったらやめて、ポーチを縫う予定だったのだけど、やはりいつもの私らしく編みだしたら止まらない…。

 3個編んで、また3個編んで、合計6個。

 …と、いくらなんでもここでやめる予定だったのに、160グラム残っている麻紐を眺めていたら、「ここで、使い切らなきゃ、女がすたる」なんて思ってしまって。(笑)

 同じような小物入れだけど、ちょっとデザインを変える予定。
 次回のブログにアップできるようなものが作れるかな?
[PR]
by miman57 | 2016-11-17 10:14 | 作ったもの | Comments(4)

孫の上履き入れ

c0179853_1982189.jpg


 ちょっと大きめの通学バッグとお揃いの、孫の小学校で使う上履き入れ。

 孫は女の子なんだけど、両親ともに背が高いので、孫も将来のっぽさんになりそう。
 それで、足のサイズも大きい。

 いま、22センチだか22.5センチだかの上履きを履いているとのことだったので、そのうちに必要だろうと、23センチの上履きを買って中に入れてある。

 どのくらいの大きさに袋を縫えばいいのか知りたかったこともあるし、頼まれてから縫いあがるのに時間がかかってしまったので、買った上履きはせめてものお詫びのプレゼント。(笑)

 上履き入れは机の横のフックにかけて使うのか、通学バッグにいれたままなのかわからなかったので、ぶら下げる持ち手っも作り、口も絞れるようにしてみた。

 これで、長男とこの孫の頼まれものと夫の頼まれものが、終わった。
 先日、町内文化祭も無事に終わり、ハワイアンキルトのバッグも会場に飾ることが出来た。

 気になっていたことが、かなり片付いて、ほっとしている。
 やっと、自分のペースで縫い物が楽しめそうだ。
[PR]
by miman57 | 2016-11-15 19:11 | 作ったもの | Comments(2)

夫の卓球用シューズ入れ

c0179853_4393147.jpg


 昨日、紹介した通学バッグとお揃いのシューズ入れは、途中まで縫って吊り紐を通すDカンがないので、いったんお休み。

 その間に、夫からの頼まれものの卓球用のシューズ入れを縫うことにした。
 そして、完成!

 シューズ入れなんて、スポーツ店にいろんな種類の物がいっぱい売っているのだから、買えばいいのにと思い、頼まれてもずっと耳をふさいできた。
 たぶん、10年以上も…!(笑)

 それを今頃になって縫ってやってもいいかと思ったのは、自分でもわからない心境の変化だ。
 69歳の夫だから、使うのはあと5年くらいかな。

 ディズニーキャラクターのオラフの布地が余っていたので、それをメインに使った。
 余り布ぎりぎりに使ったので、オラフの柄の布地と紺色の無地の布地のバランスが悪いかな?とは思ったけれど、まあ、いいや…。

 底の紺色の布地は、二重になっている。
 重さと張りができて、すぽんと、シューズが入れやすい。
 縦長に作って、口の部分を紐でぐるぐると巻いて縛るようにしてみた。

 古いシューズ入れは、たぶん35年まえくらいに作った。
 40歳になる長男が幼稚園の時に作った幼稚園グッズと同じ布地を使っているので、たぶんそうだろうと思う。

 35年使っただけはあって、全体はあまりにも汚いので、刺繍の部分だけ、写真に撮った。

「テニスではなくて、卓球をしている熊の刺繍をしてほしかった」と、35年前に夫に言われたのだけど、(当たり前のことだけど、あの頃の夫は若かったなあ…)、そのころは卓球なんてマイナーなスポーツで、刺繍の図案本には載っていなかったのだ。

c0179853_4414087.jpg


 
[PR]
by miman57 | 2016-11-13 04:45 | 作ったもの | Comments(0)

孫のちょっと大きめ通学バッグ

 6月に縫った学校で使う袋物の布地の柄がよほど気に入ったのか、長男の孫から、同じ柄のキルティング布で、通学バッグとシューズ入れを縫うように頼まれていた。

 頼まれたのは、かなり前…。
 たぶん、夏休みのことだと思うから、3か月以上も前のこと。

 先月、長男一家と旅行に行った時に、「まだ?」と催促された。
 それで、「最近、頼まれものが、縫えなくなった。気のむいた時に、自分の縫いたいものを縫いたい…というか、そうでないと、縫う気が起きなくなった。たぶん、年齢のせいだと思うので、もうどうしようもない。私の年齢だと、縫い物編み物をぜんぜんしない人だっているのだから、わがままにやらせて」と、正直に言った。

 それでも、頼まれて布地まで買っているものは、縫わなくちゃ…。
 出来上がって、ほっとしている。

 さあて、シューズ入れも、頑張らなくちゃ!

c0179853_8421855.jpg



 …と、家族からの頼まれものは、縫わないと決めたし宣言もしたのだけど、どうしてわかってくれないのだろう?

 まだまだ、注文が入ってくる…。
 決めても宣言しても、聞いてもらえないのかなあ…。
[PR]
by miman57 | 2016-11-12 08:43 | 作ったもの | Comments(0)

早々とクリスマス&夫の愚痴(笑)

c0179853_1015165.jpg


 2メートルの大きなクリスマスツリーは、飾りとともに処分した。
 古くなって、プラスチック製の葉がボロボロ落ちることもあったのだけど、「飾らなくちゃ」とか「はやく片づけなくちゃ」と、せかされる気分が嫌になったので。

 そうしたら、皮肉なことに、11月に入るとすぐに、クリスマスのことが気になってしようがない。

 気が早いとは思うけれど、玄関の靴箱の上に、クリスマスカラーのレースの敷物を置いて、クリスマスグッズを並べてみた。

 クリスマスの飾り付けをした街が好き。
 欲しいものはないのだけど、出かけて、ぶらぶらしたいなあ。
 今年の孫たちへのクリスマスプレゼントは、何にしようかな?



 ブログに夫の愚痴を書いたら、閲覧者数が多くなったような気がするので、今日もおまけに書くことにする。(笑)

 下の写真は、私のお金で買った私の手作り作品を並べる飾り棚。
 今日のブログの写真を撮るついでに、写した。

 今年の干支のお猿さんの置物以外は、夫が購入したもの。
 フクロウとまあるい陶器の顔の1つは、この2週間のうちに買った。

 そして昨日も、手作り作品を納入に行ったお店で、夫は、今度はクリスマスの小さな飾りものを欲しがって、それをあきらめさせるのに苦労した。

 夫が買ったものをどこに並べるかって?
 それは、当然、この飾り台しかないでしょう!
 でも、それって、なんか納得できないと思う私は<変>ですか?…。

c0179853_1022613.jpg

[PR]
by miman57 | 2016-11-09 10:07 | 日々に想う | Comments(2)

縫って、編んで、出かけて、そして日々の想いにふけり…。そうだった、ぼちぼちと、家の中と人生の片付けも、始めなくては。


by miman57

カテゴリ

作ったもの
囲碁日記
お出かけ
人生の片付け
日々に想う
マスク(制作覚書)

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

リンク

自作小説のページ
ミマンの日記

手作り作品委託店
Strawberry Field

コスメ使用層の低年齢化

ブログジャンル

シニアライフ
ハンドメイド