クリスマスブーツ(パッチワークキルト)

c0179853_07163679.jpg
c0179853_07164383.jpg

 季節ものやイベントに合わせた手作り作品は作ってこなかったけど、落ち込む心を奮い立たせようと、(私は、秋という季節が苦手…)、クリスマス柄の布地を買いこんだ。

 まずは、それを、麻紐かご10個の縁取りに使い、次は何を作ろうか?と考えて、「そうだ、クリスマスブーツを作ろう!」と思いついた。

 真夜中にパソコンを立ち上げて、「クリスマスブーツ パッチワーク 画像」とキーワードを入力する。お~~、見ているだけで、わくわくする!

 でも、パッチワークの経験があまりないので、複雑なものは無理だ。つま先とかかとと履き口に別布をもってくるくらいなら、作れるかな?

 …ということで、人生初の<クリスマスブーツ>が完成です。

 完成品は、可愛い!可愛い!
 そして、作っている間も、楽しい!楽しい!

 あと2つくらい作れるほど布地が残っているので、頑張ります。

 


[PR]

# by miman57 | 2017-11-11 07:19 | 縫う&編む(その他) | Comments(4)

『ゴースト・イン・ザ・シェル』DVD

c0179853_07364891.jpg

 思うところがあって、ブログのカテゴリを増やしている。

 今日は、<本・映画・ドラマ>を作ってみた。しかし本や映画やドラマでも、中国と韓国は<華流&韓流>のカテゴリなので、新しい<本・映画・ドラマ>は、中国と韓国の話題以外になる予定。

 …ということで、初のカテゴリ<本・映画・ドラマ>は、レンタルビデオ屋さんで借りてきた『ゴースト・イン・ザ・シェル』。あの『攻殻機動隊』のハリウッド版だ。

 なんとまあ、見ていて何回も寝てしまい、5回くらい見直した。
 この私が、『攻殻機動隊』で寝てしまうとは…! 歳をとるって、こういうことなんだなあ…。

 そして、、脳以外は機械という不死身に近い体を手に入れたスカーレット・ヨハンソンが演じたこの映画のテーマは、<自分探し>と<家族・仲間>と<愛>。

 えっ、不死身の体を手に入れて、一番の関心ごとは、<自分探し>と<家族・仲間>と<愛>…? そういう自分を縛りつけるめんどくさいものから、人類は決別するために、体を機械化するんじゃないの?と、私は言いたい。

 人類の体が新しくなるのだったら人類の悩みも、「おっ、そうきたか!」というような新しいものにしてくれ! 

 65歳の私が、主人公のような体になって、いままさに目の前にある老いや病気や死の不安から解放されるのだったら、この65年間、私を縛りつけていた<自分探し>や<家族・仲間>や<愛>なんか蹴とばしてやるのに。そして、誰の迷惑も知ったことかと、やりたいことをがんがんやってやるのになあ…。

 

[PR]

# by miman57 | 2017-11-10 07:41 | Comments(0)

リング持ち手のバッグ

c0179853_10054376.jpg
c0179853_10024046.jpg


「明日、お披露目します」の約束が、今回は守れました! (^O^)/
 リング持ち手のバッグの完成です。

 上と下の写真で、布の色が違いすぎ!
 両方の写真の中間くらいの紫です。

 布地を整理していたら、紫のバラ柄の布地があったので、何年か前に手芸クラブで作ったバッグと同じものを作ってみた。この紫のバラ柄の布地は、これで使い切った。

 ところで、持ちてのリングは、1000円くらいしている。そして、表の布地は手持ちですんだが、裏布は買った。バッグって、ポーチと違って、布地をたくさん使うのだなと、今回、つくづくと実感。

 「持ち手に1000円も使い、布地に接着芯にレースまで買ったら、売る時の値段設定をどうすれば…。売れなかったら、大損だ」と悩んでしまうのだけど、布バッグ作家になりたいと思っているのに、悩んでそして作らないでは、いつまでも進展はない。今は修業の時期だと思って、思いついたことをいろいろやってみるしかないのだろうなあ。

 この形でウールでも作ってみたい。
 営業部長の夫に、「たくさんの貴重なアドバイス、煩がらずにまじめに聞かせていただきますので、お願いです、冬物布地を買ってください!」と、平身低頭でお願い中。(笑)

 


[PR]

# by miman57 | 2017-11-09 10:09 | バッグ | Comments(3)

麻紐かごが10個(クリスマス仕様)

c0179853_17341861.jpg


 明日のブログでお披露目って書いたのに、2日過ぎてしまった。<m(__)m>

 麻紐かごをクリスマス柄の布で、縁どりしただけ…。
 それも、タイトルは10個だけど、写真は8個。

 う~~ん、仕上がってみると、閃いたって自慢するほどのものでもなかった。<m(__)m>

 昨日は、いろいろあった…。

 手作り作品を置かせてくれるお店を紹介してもらったので、ちょっと下見に行ったり、納品していたら、手作り作家さんを探しているという人に、スカウトされたり…。
 あっ、インフルエンザの予防接種も受けたのだけど、病院でのった体重計の目盛りに腰を抜かしそうになった。
 
 でも、年齢的に心の器が小さくなっているので、日々の出来事に一喜一憂しないように自分を戒めている。「なにごとも、なるようになるさ。ケセラセラ」です。

 …で、またまた閃いて、夢中で、縫っている。
 今回は、「明日、お披露目します」とは書きません。(笑) たぶん、数日後…。




[PR]

# by miman57 | 2017-11-08 17:39 | 麻紐かご | Comments(4)

麻紐かごが2つと…?

c0179853_16534488.jpg


 いろいろと考えることがあって、少々へこんでいましたが、それでも、針を持った手は休むことなく動いている。どなたとは言いませんが、私もまた、病気かも?(笑)

 …ということで、布を整理していたら、紫と薄紫の棉麻水玉模様の布が、ほんのちょっぴり残っていたので、どこかに紛れ込んでしまわないうちにと、麻紐かごを編んで、縁取りにつかうことにした。

 バッグやポーチを作り始めた頃、この棉麻水玉模様の布は、なんにでも合わせやすかったので、たくさん買って、よく使った。それが、今では、麻紐かごの縁取りに使うほどにしか残っていないなんて…。たくさん縫ってきたんだなと、遠い目で、過去を懐かしんでみた…。

 この定番麻紐かご2つを作っている時に、閃くことがあって、ついでに、ちょっと小さ目麻紐かごを10個、編んだ。

 何が閃いたのかは、たぶん、明日のブログでお披露目できると思います。

c0179853_16534873.jpg



[PR]

# by miman57 | 2017-11-06 16:55 | 麻紐かご | Comments(4)

またまた、ネコ柄キャラメルポーチが2つ

c0179853_10553809.jpg


 布の整理をしていたら、黄土色の無地布地の少しばかり残ったものが出てきたので、ネコ柄布に合わせて、キャラメルポーチを2つ作ってみた。

「なかなかにいい布合わせ」と思ったり、「やっぱり年齢が出ているよなあ」と思ったリ…。

 センスある布使いで作る若い人のブログを眺めては、「勉強しなくちゃ」と思うのだけど、「いや、もともとないセンス。そもそも、自分で使えるものや、同年代の友人にプレゼントできるようなものを作るようにしているのだから、しかたがない」とあきらめるしかないとも思ったリ…。

 最近、布使いや布の色合わせのことで忠告をもらうことが続いて、少々、へこんでます。

 




[PR]

# by miman57 | 2017-11-05 10:57 | ポーチ | Comments(4)

炊き込み赤飯

c0179853_08420207.jpg


 夫は、任期4年で、神社の総代をしている。
 11の町からなる神社で、私の住む町が来年の春の大祭当番となり、他の総代さんと町内会役員の皆さんで、注連縄作りのためのもち米の田植えから始まって、いまは神輿の舁夫(かきふ)探しで、連日、大忙し。

 先日は、そのもち米の収穫があり、注連縄に必要なのは稲わらなので、脱穀・精米したもち米を5キロ、お土産として夫が持ち帰ってきた。

 私は、お餅もつかないし、おはぎも作らないし、もち米100%の赤飯も、ぼそぼそした感じがあまり好きではない。「もち米、5キロもどうしよう?」なんてもったいないことを言っていたら、神様に睨まれそうな気がしてきたので、ネットで調べてみたら、なんとなんと、お米を混ぜて電気釜で炊く<炊き込み赤飯>というものがあることを知った。

 当然ながら、小豆がいるので、スーパーに買いに行ったら、小豆の横で、「赤飯の素」というものを見つけた。神様は、料理下手な私のこと、ちゃんと心配してくださってたんだ!(笑)

 もち米2合に普通のお米1合、そしてこの「赤飯の素」を混ぜこんで、普通に水加減を合わせて、電気釜のスイッチをポン!

 薄く味付けもしてあるようで、美味しい<炊き込み赤飯>の出来上がりだった。
 10袋くらい、買い込んでおかなくては。

c0179853_08420770.jpg
 

 


[PR]

# by miman57 | 2017-11-02 08:45 | 今夜のお惣菜 | Comments(4)

1階トイレの物入れの整理

c0179853_08390163.jpg


 久々に、<断捨離>の話題。
 
 1階トイレの手洗い下の物入れの中を片づけた。
 ここには、、孫が小さい時に使っていた子ども用便座と踏み台と、買ったものの使っていないトイレ用洗剤とトイレお掃除便利グッズが入っていた。

「子ども用便座と踏み台、もう使わないでしょう? 処分してね」と、長女に言ったのは、何年くらい前のことだろう。一番下の孫が7歳だから、3年はたつかな?
「そのうちに、赤ちゃんのいる友達にあげる」っていう、長女の返事だった。

 もう、友達の赤ちゃんも、子ども用便座と踏み台なんか必要のない年齢になっているよね。(笑)
 でも、また長女に訊いたら、またまた3年は待たされそうだし、長女と私の会話を夫が聞いたら、絶対に、「いま、急いで、処分しなくてもいい」って、言うはずだし。

 こっそりと、捨てちゃいました。
 自分のものを処分するだけでも、かなりのストレスなのに、他人(家族)が絡んでくると、罪悪感でかなりのストレス。
 
 使っていないトイレ用洗剤も、少しずつ下水に流して処分した。使い切っていない液体洗剤とかペンキとか調味料とか殺虫剤などの処分が一番苦労する。
 
 それから、汚物入れも、もう使う人なんていないのだから、物入れの中に仕舞いこんだ。

 ↓の写真は、トイレの窓。

 
c0179853_08391176.jpg

 


[PR]

# by miman57 | 2017-11-01 08:41 | 断捨離 | Comments(2)

デイジーのポットホルダーが2つ

c0179853_08464771.jpg


 お店に出していたデイジーのポットホルダーが2つとも売れて、営業部長の夫に、作るように頼まれたので、2つ作った。(買ってくださった人は、いつも同じ人ではないかと思われるのだけど、本当にありがとうございます)

「いくつ、作ればいいの?」と、夫に訊くと、「2つ…、いや、3つ」と答えた。

 答が2つから3つに変わる時の、夫の表情!

 ほんとうは2つでいいのだけど、次にまた「編んでくれ」と頼む時、妻の嫌そうな顔は見たくない。でも、4つと言えば、いま目の前で、もっと嫌な顔をされるだろう。だったら、とりあえず3つと言っておこう。…って、すべて、顔に出ていた!

 それで、私も完成3つを目指して編み始めたのだけど、なんとまあ2つでいやになってしまった。
 まったく集中力が続かない。

c0179853_08464295.jpg

 編み始める前に、糸の整理をした。

 デイジーのポットホルダーは、ダルマのレース糸20番つや消しで編んでいる。デイジーのポットホルダーには最適な糸だと思うのだけど、ドイリーや他の形のポットホルダーを編むには向いていないような…。

 アクリルたわしの毛糸も、横田のカフェキッチンをやめて、他のものを編むのにも応用の効きやすいハマナカボニーに変える予定。だから、このダルマのレース糸20番つや消しも、オリンパスのエミーグランデ20番に変えようかと思う。

 アクリルたわしの時のように、細かな計算をしながら、残り糸をうまく使い切りたい。

 



[PR]

# by miman57 | 2017-10-31 08:49 | レース編み | Comments(2)

金魚! 金魚!

c0179853_07592360.jpg
 

 メダカを飼い始めて3年目。
 しかし、この夏ごろから、金魚を無性に飼いたくなっていた。

 私が小さい時は、田んぼの用水路で群れをなしていたメダカを、家で飼うなんてことはしなかった。やっぱり、飼っていたのは、金魚だよなあ。

 思いついてそして簡単に実行に移せそうなことは、最近は、あとのことを考えずに実行するようにしている。「そのうちに…」と思える時間がなくなりつつあるからだ。

 …ということで、春には15匹もいたメダカがたった2匹になってしまったので、空いた水槽で金魚を飼い始めた。やっぱ、メダカと違って見かけも派手で、見ていて楽しい。

c0179853_07591666.jpg

 それにしても、15匹もいたメダカが2匹とは…。

 病死したのもいるけれど、ある朝、突然、行方不明になるのだ。蓋の隙間から飛び出したとしか考えられないけれど、周りをいくら探しても、ひからびたそれらしきものが見つからない。

 それから、水替えのたびに1匹ずつ、これまた行方不明になっていった。これもまわりをいくら探しても見つからない。ボケの始まった脳みそと強度の老眼では、小さなメダカの管理は難しい…。(>_<)




[PR]

# by miman57 | 2017-10-30 08:02 | 日々に想う | Comments(4)