子ども用のマスクを6枚
c0179853_1122288.jpg


 今度は、男の子向きの色で、子ども用のマスクを6枚縫った。

 孫3人とも女の子なので、男の子向きの布地は買わないと決めているのだけど、これは、「男のいるママ友にプレゼントしたい」と長女に頼まれて、前回に縫った布地の残り。

 前回、子ども用マスクを35枚縫って、2枚を見本のために手元に残し、記録を見たらお店では5枚売っている。
 ということは、あとの28枚は、全部、孫とその友達にプレゼントしたのか…。


  …と、1年前、子ども用のマスク作りに夢中になり、買いあさったガーゼの布地。

 私は、残り布は種類別に分けて、ジプロックのフリーザーパック(大)に入れているのだけど、このジッパーができないほどに、たくさんのガーゼの布地を持っていた。

 これが、いま縫っていることで、少しずつ減っていき、パックがぺったんこになりつつある。
 目に見える結果って、快感ですね。(笑)

 さあ、まだまだ頑張るのだ!
[PR]
# by miman57 | 2017-01-10 11:24 | 作ったもの | Comments(2)
牛乳パックで作る小物入れ
c0179853_9334847.jpg


 お正月帰省していた長女一家が5日の夕方に帰ったけれど、長男とこの孫1人だけを、お嫁さんの仕事の都合で、もう1日あずかった。

 夫も仕事が始まったので、孫と2人きり。
「ばあちゃんと何をして遊ぶ?」と聞いたら、「工作がしたい」とのことだったので、牛乳パックで小物入れを作った。

 急に言われても、材料も道具も作り方の本も揃っているところが、我ながらすごい!(笑)

 本の一番最初にのっていた、取っ手つきの小物入れを作った。

 使いものにならないようなちゃちな物が出来るだろうと思っていたら、赤い布地がよかったのか、可愛くて使えそうなものが出来た。
 孫が喜んでくれたので、何よりだ。

 上機嫌の孫が帰ったあと、出来上がっていた小物入れに、内張りをしてみた。
 寸法が適当で、あまりうまく貼れていない。

 でも、ほんと、なんか妙に可愛い!

c0179853_9352229.jpg

[PR]
# by miman57 | 2017-01-08 09:36 | 作ったもの | Comments(2)
子ども用のマスクが8枚
c0179853_32081.jpg


 今年の年末年始は、子ども達家族の滞在が今までになく長くて、大変だ。
 最近、体力ガタ落ちだと思っていたら、ほんと、三度の食事の準備と片づけとたくさんの洗濯物だけで、手一杯…。

 でも、あと2日、頑張ろう!


 …という状況なのに、子ども用マスクを8枚縫った。

「今は、縫い物をするような状況ではないだろう。今年は特別だ」と夫が言ったので、「家事と子育てをまじめにやっていたら、常に<特別な状況>の連続だ。それを、私は、40年やってきた。もう、嫌! 65歳になった今年から、家庭内の<特別な状況>より、自分のしたいことを優先する」と答えた。

 正直言うと、こんなこと私も言いたくない。
 しかし、言わないと、相手の理解は得られないのだなあ、相手が、家族でも他人でも。
 …って、人間を65年もやってきて、いまごろ言うセリフかと思うけど。


 子ども用マスクは、昨年、たくさん縫った。

 いま、過去ブログを読んだら、35枚縫ったと書いてあった。
 手元には、見本用の2枚しか残っていないので、残りの33枚はいったいどこへいったのだろう?まったく覚えていない。

 マスクを縫っていて、「そうだ、このマスクの作り方から、ブログにアップしていこう!」と思い立った。

 パソコンのあちこちを触っていると、画像に線を入れたり文字を書き込んだりする方法を、少しずつ思い出した。
 それから、こういう編集作業というのが、私は大好きなことも、思い出した。

 ぼちぼちとやっていきます。
 
[PR]
# by miman57 | 2017-01-05 03:22 | 作ったもの | Comments(2)
子ども用マスク(制作覚書)②
子ども用マスク(制作覚書)の②です。

c0179853_592480.jpg


  幅15センチ、丈16センチに裁った表と裏のガーゼ布地を中表に合わせて、
   上と下を1センチのところで縫う。

 ② ①を表に返して、アイロンをかける。
   今度は上と下を0.8センチのところで縫う。




c0179853_5393760.jpg


  中央に印をつける。
   中央印より、3.6センチのところ、①を縫う。
   テクノロート(7センチ)を、左端の開き部分より差し入れる。
  ②を縫う。
   テクノロートを縫わないように注意する。
  ( テクノロートは硬いので、ミシン針が折れます)








 
[PR]
# by miman57 | 2017-01-03 14:00 | マスク(制作覚書) | Comments(0)
子ども用マスク(制作覚書) ①
 小学3~4年生用の、子ども用マスク。


 鼻のあたる部分にテクノロート(形状保持プラスチック線材)をいれてあり、3本あるヒダが広がって顔にフィットするので、つけ心地がとてもいい。
 いろいろな形の子ども用マスクを作ってみて、この形が一番かっこよくつけ心地もいいと思った。小学生では、マスクのヒダを広げて使うということを知らない子もいるので、要注意。



 完成した大きさは、幅が13.5センチ
 丈は8センチ(ヒダを広げると、中央部分で、11.5センチ)

c0179853_18481476.jpg

c0179853_18482971.jpg


 用意するもの
c0179853_456015.jpg


  幅が19センチ、丈が15センチの表と裏のガーゼの布地を、1枚ずつ。
  幅4ミリのテクノロートが7センチ。
  ゴム紐は長さ25センチのものを2本。


(続く)


 
[PR]
# by miman57 | 2017-01-02 10:41 | マスク(制作覚書) | Comments(0)
初日の出…、の前(笑)
c0179853_7414898.jpg


 元旦の朝、4時起きして縫い物をしていたら、なんとなく外は上天気の予感。
 それで、2階のベランダに出て東を見ると、雲1つない美しい夜明け前の空だった。

 お隣の屋根の上にお日様が昇るのを待っていたら、夜明け前のくっきりとした稜線の美しさもなくなるだろうと思い、初日の出ならぬ初日の出前の写真です。(笑)

 それにしても、上天気。
 こんなにいいお天気の元旦は久しぶりだなあ。

 部屋に戻って、再び縫い物にとりかかっていると、よほど気分が高揚していたのだろう、今年の抱負なんていうものについて考え始めた。

 最近の私、年のせいか、元旦だからといって、特別な日だとは思えなくなっていて…、今年の抱負なんてことを思うのも、これまた久しぶりだなあ。


 …ということで、今年の抱負。

 ブログを利用して、ミマン流の縫い物レシピの作成!

 以前から考えてはいたことだけど、越えなくちゃいけない課題が多くて…。
 
 ミマン流レシピといっても、まったく自分の創作ではなくて元になった手芸本などがあるから、著作権とかめんどい問題がでてくるのかなあと思ったり。

 写真と図と文章で、読む人に理解できる様に説明するのは、これはなかなかに難しそうだ。
 そんな時間があるのなら、縫っていたほうが断然いい!(笑)

 でも、そんな問題を1つ1つクリアするのは、おもしろいかも?

 まあ本心を言えば、あれを作ったこれを作ったと、完成品の写真をアップするのに飽きたということかな。ぼちぼちとやってみようと思う。
 
[PR]
# by miman57 | 2017-01-02 07:46 | 作ったもの | Comments(4)
和柄のポーチ(№18~№19)
c0179853_9304413.jpg


 昨日、製作途中を写真でお見せした、和柄のポーチが2つ完成!

 ちょっと効率というものを求めて、2つ、同時進行で作ってみた。
 好きで楽しんでいる縫い物が、内職になるのは嫌なので、1つ1つ完成させつつ丁寧に作りたいと思っている。
 でも、複数同時進行だとどういう感じかなと、好奇心に負けた。(笑)

 大きさは幅16センチ、高さ12センチ。

 着物地の端切れを、風呂敷にして一包み持っている。
 「いつかは、これで素敵なポーチやバッグを作るのだ」と、5年くらい前に集めたもの。

「いつかっていう日は、願っていれば、必ず来る」と、あのころまで思っていた。

 65歳になったいまは、「いつかっていう日は、今でしょう。今やらなければ、いつかなんていう日は、永遠に来ない」と、身を切られるような痛さと辛さで、思い知った。

「いつか、そのうちに」という言葉を信じられた若い時が懐かしくもあり、その愚かさに身もだえするほどに腹立たしくもあり…。
[PR]
# by miman57 | 2016-12-25 09:32 | 作ったもの | Comments(2)
『作り方』を記録したい…
c0179853_7231540.jpg

c0179853_7233062.jpg


 60歳過ぎた時に、がくっと身体の衰えを感じた。
 でも、頭のほうはまだまだ大丈夫と思っていたら、この最近、それもおかしくなってきた。

 何かを縫おうと思っても、「縫い方を覚えているだろうか?」と考えておっくうになり、なかなかとりかかれない。
 型紙や縫い方の載っている本や買っているはずの布が、探しても見つからない。

 やっと探し出して、とりかかったものの、今度は、指ぬきや鋏を探してばかりいる。
 結局は、目の前にあるのに、見えていない。

 いまその解決方法を1つ1つ探している。
 
 洋裁道具は使ったら、必ず同じ場所に戻すようにした。
 「またすぐ使うのだから、ちょっとここに置く…」は、絶対厳禁!
 布と手芸本の整理も、ぼちぼちとやっている。

 あとは、一番肝心なこと、縫い方の手順だ。
 最近、ブログによく書くことだけど、「次に縫う時に、このくらいは覚えているだろう」ということを、まったく覚えていない。

 それで、写真入りで細かく書き込んだ自分のレシピを作成しようと考えたのだけど、どういうふうにすればよいのか…。

 写真入りだから、ブログにまとめて印刷するのが、いい方法だと思いついた。
 ワードで作成というのもあるけれど、人が見る可能性のある方法だと、客観視できるし、なにより最後まで頑張れそう。

 では、どういうふうに…。

 とりあえず、製作途中のポーチを写してみた。
 眠っていた前頭葉が、少しずつ活性化しつつあるような…。
[PR]
# by miman57 | 2016-12-24 07:25 | 作ったもの | Comments(0)
孫の通学用バッグ
c0179853_8281545.jpg

c0179853_828305.jpg


 来年の春にピカピカの一年生になる、長女のところの下の孫のための通学用バッグ。
 幼稚園の時のものより、大きめにつくってある。

 大きいので、まだ背の低い孫が下げると、引きづるようになるかも。
 それで、肩に斜めがけできるように、内側に紐をつける予定。
 まあ、4年生になる上の孫と一緒に通学するから、重たければ持ってもらえるかな。(笑)
 そして、ついでに、内ポッケトもつけようかなと思案中。

 引き渡しは、来年の3月だから、ここまで作って、あとはまた考えよう。

 バッグの内側も、写してみた。
 こんな大きなバッグが自立している!
 いかに丁寧に縫っているかの証拠だなあ…。 

 裁った布の端は、ロックミシンをかけて端ミシンをかけて、そのうえに細かくまつりつけている。
 布や糸がほつれるのが、私は、病的に嫌いなのだ。
 とくにロックミシンの糸がひっかかってほつれるというのが、想像するだけで鳥肌が立つ。

「入学準備は、お願いね。今から言っておけば、いくらなんでも間に合うでしょう」と、長女に言われたのは9月の運動会の時だったかな。

 その時、縫わなくちゃいけないものをメモして帰ったのだけど、先日、もう一度長女に確認したら、エプロンとか三角巾とかキッチンのカーテンとか、「ついでに、お願いね」とやたらと増えてしまった。

 しまった…、確認などするのではなかった。(>_<)
[PR]
# by miman57 | 2016-12-23 08:30 | 作ったもの | Comments(0)
デイジー型のポットホルダーが2つ(№12~№13)
c0179853_1332577.jpg


 縫い物の手を休めて、デイジー型のポットホルダーを2つ編んだ。

 ポーチをばかり縫っていると、布使いの善し悪しの感覚が麻痺してきて、「残り布を、いかに有効に使うか」に、目が向くようになってくる。
 もったいないの精神も大切だけど、やはりそういうのは、キラッと光る魅力に欠けるところが多いように思われる。
 
 作り手の都合よりも、買ってくださるお客さんを魅了する作品作りを心掛けなくては。
 そのためにも、ポーチ作りから、ちょっとはなれることにした。
 
 このデイジー型のポットホルダー、 №も13になって、ダルマレース糸になってから、13個も編んだことになる。

 その前の手芸店メーカーの糸でもたくさん編んだから、30枚は編んでるのかな。

 全部、同じお客さんが買い上げてくださっているような…。
 店長の話では、「手芸作家ミマンさんのファンとして、買っては、お友達にプレゼントしているのでは」という話だった。

 前回、「いったい何に使うのだろう?」なんて書いて、ほんと申し訳ない。
 ありがとうございます。
 
 
[PR]
# by miman57 | 2016-12-22 13:33 | 作ったもの | Comments(0)
  
縫って、編んで、出かけて、そして日々の想いにふけり…。そうだった、ぼちぼちと、家の中と人生の片付けも、始めなくては。
by miman57
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31