「ほっ」と。キャンペーン

和風柄のミニペットボトルカバー

c0179853_7445868.jpg



 先日、裾丈をお直ししたズボン4本を母に渡したとき、私の持っていたミニペットボトルカバーを見て、「私も、そういうのが欲しい。でも、あなたのその白っぽい色遣いは、汚れが目立ちそうで、嫌!」と、母はたいそう我儘なことを言った。

 はいはい、お望み通りの布を選んで、作ってあげますよ。
 私、86歳のご老体の言われることには、逆らわないと決めてますもんね…。(笑)

 …ということで、お直し便利屋さんから、ひさしぶりに手作り職人に戻って、和風柄のミニペットボトルカバーを作ってみた。

 我ながら、いい感じの柄合わせになったと思う。
 最近の母は、指先に力が入らないということなので、プラスチック製の丸い玉のストッパーはつけていない。


  


 
[PR]
# by miman57 | 2014-06-28 07:49 | 作ったもの

孫の浴衣のお直し

c0179853_4545953.jpg



 先日の3歳の孫の浴衣のお直しに続いて、今度は6歳の孫の浴衣のお直し。

 しかし、3歳用もこの6歳用の浴衣も、来年はもう直す着丈の余裕はなし。

 歩き始めた頃の孫に甚平さんを縫って、それから始めた孫の浴衣作り。
 「お母さんが縫ってくれるから、子ども達に浴衣が着せられる。1年に10センチも身長の伸びる子どもに、毎年、買ってまでは、浴衣は着せられない」と、長女におだてられてきたのだけど。

 さてさて、来年の孫たちの浴衣を新しく縫えるかどうか自信がなくて、今から心配…。
 
 縫えなければ、既製品を買ってやるしかないのかと、先日、デパートに出かけた時に、呉服売り場で、子ども用浴衣の値段を見てきた。(笑)

 
  






 
[PR]
# by miman57 | 2014-06-26 04:58 | 日々に想う

朝顔のふたば

c0179853_6112267.jpg



 長男のところの小学2年生の孫から、昨年に学校で育てたあと採取した朝顔の種を10粒ほどもらい、夫が庭に蒔いていた。
 それが、いま、次々と、芽をだしてきている。

 先週、我が家にお泊りに来た孫にそのことを言うと、「ばあば、朝顔の<ふたば>が出てきたのね」と…。

 <ふたば>という難しい言葉を、孫の口から聞く日がくるなんて。

 毎日、庭に出て眺める朝顔の発芽とその成長も嬉しいけれど、日常生活の会話では使わない言葉を、学校の授業で覚え始めた孫の成長も嬉しい。


  






 
[PR]
# by miman57 | 2014-06-25 06:15 | 日々に想う

浴衣

c0179853_845887.jpg



 夏風邪をひいてしまい、この数日、グズグズゴロゴロと過ごしている。

 それで、何もする気が起きず、パソコンを立ち上げると、『都議会ヤジ』で検索して、セクハラ発言の顛末を追うことばかりしていた。
 いろんな人がいろんなブログで、事の成り行きをああだこうだと分析していて、それに賛同やら否定やらのコメントがたくさんついていき、時間を追って読むのが面白い。

 中に、「『早く結婚したほうがいいんじゃないか』というヤジはセクハラとは思えない、まして『産めないのか』なんていう発言は、どこを探してもない。マスコミの操作だ」というのがあった。
「へえ、そういう見方もあるのか」と思って、ついつい、そのブログのコメント欄や関係する他のネットニュースを、追い続けて読んでいた。

「こんなことしていてもなあ」とは思うのだけど、真相が知りたくて、どうにも止まらない。(笑)

 そして、ついに「ブログ主は、問題の都議会での塩村議員の発言時間が、10分くらいあるというのがわかっていないのではないか。テレビのニュースで流れるのは、ほんの1分ほど。フルバージョンのYouTubeを見なさい」と言うコメントを、昨夜、見つけて…。
 これを読んだ途端に、「そうだった、素人のああだこうだの話なんて、所詮、そういうもの」と、私、竜宮城から帰ってきた浦島太郎みたいに、目が覚めてしまったわあ~~。

 …ということで、ネットの世界から戻ったミマンは、孫の浴衣のお直しに取り掛かりましたとさ。

 

  


 
[PR]
# by miman57 | 2014-06-24 08:51 | 日々に想う

レース編み

c0179853_9442694.jpg



「突然ですが…」っていう感じで、レース編みを始めた。

 細い40番のレース糸を、これまた縫い針のように細い8番のレース針で編むのは、自分の年齢や苦手意識を考えて、「あの世からのお迎えが来る日まで、たぶん、することないだろう」と思っていた。

 それを、どうして、またやってみたいと思ったのか…。

 手作り委託販売を始めて5か月も過ぎ、「数をこなした作り方をするのはやめよう。1つ1つの、自分で作ったという満足感を大切に」と、考えを改めて、腹をくくったからかなあ。
 この年齢(老眼)で、レース編みって、『挑戦!』っていう感じがする。(笑)

 それと、レース編み作品って、男の人がべた褒めしてくれるのだ。
 レース編み=美しく繊細=理想の女性像って、これも、男たちの願望からくるセクハラ?

 東京都議会でセクハラヤジを飛ばした議員ども、はやく自ら名乗り出て、釈明&謝罪せよ!
 

 
  





 
[PR]
# by miman57 | 2014-06-23 09:53 | 日々に想う | Comments(6)

水田

c0179853_5151257.jpg



 畑仕事をする夫について、早朝から、長女の家に行ってきた。

 孫を小学校と幼稚園に送り出し、畑仕事にとりかかった夫を置いて、長女と私はお買い物。
 スーパーと産直市を回って、小さな喫茶店でお茶をして…。

 3時間ほどのお出かけだったが、車の中でもスーパーの中でも、ずっと喋りっぱなし。
 若くても老いても、女って、よくもまあ、お喋りのネタが尽きないものだ。(笑)

 でも、お昼前に帰ってくると、夫は、田植えが終わったばかりの水田を見回りにきていた農家の人と、スイカの作り方について、こちらも木陰に座り込んでお喋りしていた。

 台所で夕食作りをしていると、孫たちが幼稚園と小学校から「ただいま!」と元気に戻ってきて。

 あと数年の、期間限定付きの楽しい時間の過ごし方。
 大切にしたいと思う。
 

 
[PR]
# by miman57 | 2014-06-20 05:19 | 日々に想う

大漁旗

c0179853_6461375.jpg



 ブログのスタイルを新しくしてから、毎日少しずつ、過去記事を削除している。

 以前の長文ダラダラ記事が、新しいスキンでは読みにくいだろうというのと、特定の記事に検索がヒットしているようで、その記事を書いてから時間がたった今、その記事の内容に責任が持てないというのもある。

 しかし、過去記事を削除しようと決めたものの、しばらくの間、かなり悩み迷った。

 5年以上書き続けた内容は、私のまぎれもない人生の記録だから、削除するということは、過去がなくなってしまうということではないだろうか。
 あれこれ考えながらブログを書いた5年と6か月という時間が、無駄だったいうことになるのだろうか。

 それでも、思い切って、まずは1か月ほどの過去記事を消してみた。

「なんだあ、そんなに思い悩むようなことではなかったみたい。過去記事を削除しても、書き続けてきた私自身は、私自身の中にちゃんと存在し続けるんだなあ」

 …と、当たり前のことに気がついた。
  


 
  
[PR]
# by miman57 | 2014-06-18 06:52 | 日々に想う

ハワイアン柄のコースター

c0179853_4395429.jpg



 ハワイアン柄の色違い3種類で、コースターを12枚縫った。

 柄を愛でながら縫っている間、心は、常夏の国ハワイに旅行した気分。(笑)
 でも、私、ハワイどころか海外には1度も行ったことがないし、これからも、行くことはないように思われる。

 数年前までは、旅行熱のまったくない夫と、「退職後は、夫婦で旅行しようと言っていたじゃない。約束が違う」と、口喧嘩を繰り返していたが、最近の私、あきらめがよくなった。

 ハワイアン柄の布を愛でただけで、ハワイに行った気分。
 ソレイアードの布地を見ていると、心は、南フランスで遊んでいる。
 リバティの素敵な花柄に囲まれると、花の咲き乱れたイングリッシュガーデンをさまようって、きっとこんな感じだろうと思う。

 想像&妄想で、日々を楽しめるようになった。
 もしかして、これは、老人力…?
[PR]
# by miman57 | 2014-06-14 04:46 | 作ったもの

フクロウのストラップ

c0179853_37343.jpg



 近所の集会場で、月に2回ある手芸クラブ。
 今は、敬老の日に地域のお年寄りにプレゼントする、梟のストラップ作りに励んでいる。

 手芸クラブの先生は、70歳を超えた素敵な女性。
 手先の器用さももちろんのこと、その優しい言葉使いと物腰ともに尊敬している。 

 手作り品を委託販売しているお店の私のボックスの向かい側は、ハワイアンキルトの小物を専門に作っていらっしゃる80歳の女性。

 それから、先日、ある集まりで、お洒落な和風布バッグを持っておられる方がいて、お声をかけたら、「昭和2年生まれの従姉が、足踏みミシンで縫って作ってくれたのよ」とのお返事。

 将来の自分の姿と重ね合わせたいと思える先輩と出会えるということは、老いていくしかない人生の<一筋の光明>だと思うことです。

 

  


  
[PR]
# by miman57 | 2014-06-13 03:12 | 作ったもの

麻紐バッグ

c0179853_410357.jpg


 麻紐に水色の布を裂いて縁どりしたバッグが売れたので、色違いで、2作目を作った。

 作りながら、脳内一人劇場を楽しんだ。(笑)
 
 舞台は、小学校の廊下。
 出演者は、授業参観に来ている私のバッグを買ってくださった若いママと、その友人。

 「あら、○○ちゃんのママ、お久しぶり! 元気してた? まあ、素敵な麻紐バッグ!」
 「××っていう手作り作品売り場で、見つけたのよ。ひと目で、気に入ったわ」
 「見せて、見せて。まあ、丁寧な仕立て! でも、お高いのじゃない?」
 「それがね、信じられないような安さ」
 「うわ~~、普通にお店で買うと、その3倍はするわよ」
 「手作り作品を売っている××に行ってみたら。また、新作が、出ているかも」
 「うん、うん。授業参観を見終わったら、さっそく行ってみなくちゃ」

 
 



 
[PR]
# by miman57 | 2014-06-12 04:17 | 作ったもの

縫って、編んで、出かけて、そして日々の想いにふけり…。そうだった、ぼちぼちと、家の中と人生の片付けも、始めなくては。


by miman57

カテゴリ

作ったもの
囲碁日記
お出かけ
人生の片付け
日々に想う
マスク(制作覚書)

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

リンク

自作小説のページ
ミマンの日記

手作り作品委託店
Strawberry Field

コスメ使用層の低年齢化

ブログジャンル

シニアライフ
ハンドメイド