和布で作る造花・2本目

c0179853_1047273.jpg



 昨晩は、地域の集会場で開催されている手芸クラブの、今年最後の集まり。

 前回に続いて、和布で作る造花の2本目。
 2本をまとめて花入れに差して、デジカメでパチリ。

 手芸クラブに行く前に、私は夫に言った。
「今年最後の集まりだから、先生は、絶対、お菓子を持ってこられるよ。そして、『頂き物なんですけど、お口に合うかどうか…、…、」と言われながら、みんなに配ってくださるのよ」
 はい、今年も、その通りになりました。(笑)

 そして、先生は授業料を受け取られないので、生徒の私達はお盆と暮れに心ばかりのお礼をするのだけど、そうすると、先生から同じ金額ほどのお返しが必ずある。
 今年は、素敵な和風のハンカチをいただいた。

 もちろん、みんなで「先生、そんなことをされては困ります」と言うのだけど、先生は、「いいえ、いつも布代をたくさんいただくものだから」とおっしゃる。

 布代のことは、前のブログでも書いたことがあるけれど、「家にあるものだから、いりません」と言われる先生に、世話役さんが値段を決めて先生に強引に受け取っていただいている。
 それも、ほんと、申し訳ない安さの金額。

 先生、大好きです。
 いつまでもお元気でいてください。
 まだまだたくさんのいろいろなことを教えていただきたいです。
[PR]

# by miman57 | 2014-12-17 10:50 | 作ったもの

孫のマフラーが完成!


c0179853_1273314.jpg



 孫のマフラーが編みあがった。

 長さは125センチで、20センチ幅に編んだのを筒状に綴じている。

 冬休みも近いので、すぐに郵便で送った。
 気に入ってもらえるかなあ…。
[PR]

# by miman57 | 2014-12-16 12:09 | 作ったもの

孫のマフラーを編み始めた

c0179853_9341587.jpg



 「ばあば、ベストと同じ毛糸でマフラーを編んで」と言った孫に応えるべく、マフラーを編み始めた。

 マフラーは、幅が20センチで、長さは125センチになる予定。
 2つ折りにして閉じて、筒状にして、両端に、ポンポンをつける。

 「首に2回巻いて、後ろで結ぶ長さにして」と、孫は言った。
 そういうふうに格好良くマフラーを首に巻いているお友達か上級生がいて、真似をしたいのだろうなあ。

 そうそう、紺色でないことを気にしていたベストだけれど、「水色でもいいですか?」と先生に聞いて、「いいよ」との返事をもらったとのこと。

 小学生になっての孫の成長が嬉しくもあり、いや、いつまでも幼いままでいて欲しくもありと、祖母の気持ちは複雑です。
[PR]

# by miman57 | 2014-12-13 09:38 | 日々に想う

ピンクの豚さん柄の布でお弁当袋

c0179853_1004655.jpg

c0179853_101387.jpg



 フクロウ柄の布を全部始末したので、今度は、ピンクの豚さん柄の布の始末。

 以前より作ってみたかった、お弁当袋を2つ。
 あはは…、豚さん柄でお弁当袋って、ダイエットに効果あるかなあ。

 この年齢では、雑なものを大量生産したところでどうしようもない話なので、仕立ては丁寧に、丁寧に。

 それから、内布は、ソレイアードだから、表の布地よりもお高いです。








 
[PR]

# by miman57 | 2014-12-12 10:03 | 作ったもの

さいころ型布バッグ

c0179853_8204373.jpg



 3か月ほど前に作っていた<さいころ型布バッグ>を解体して、あちこちを工夫しながら、縫いなおしてみた。

 初めに縫ったのは本の作り方通りだったのだけど、今回は、四角い形に張りをだすために、裏を張った内ポケットを2か所につけた。

 それから、マグネットボタンもつけてみた。
 マグネットボタンを扱うのは初めてで、つける前まではあれこれと悩んだのだけど、つけてみると、思った以上に簡単につけることができた。

 中央にマグネットボタンをつけた関係で、両翼を出した感じでマチ布を見せるように縫い留めたら、デザイン的にこれが思わぬいい効果を発揮。

 自分で言うのもなんだけど、きれいな仕立てで、「あっ、もしかして、私、布バッグ作家になるのも、夢ではないかも…?」と、思ってしまった。(笑)

 もう少し縫うことに慣れたら、着物とか帯などのいい布地で縫ってみたい。
[PR]

# by miman57 | 2014-12-07 08:22 | 作ったもの

孫のレッスンバッグを縫った


c0179853_9311643.jpg

 

 長女より、孫のお稽古用バッグを頼まれていたので、縫った。

 小学一年生の孫は、幼稚園の時から体操教室に通っているのだけど、今度、市主催の子ども絵画教室にも通い始め、「毎週、体操教室で使った荷物を出しては、絵画教室の荷物をバッグに詰めなおすのは、面倒でしょう。だから、絵画教室用のバッグを作ってね、お母さん」とのこと。

 あらまあ、週に1度、バッグに詰めなおすのが、面倒なんだって…。
 作るほうが、よっぽど面倒だわ、と返したい言葉は、ぐっと飲み込んで…。

 ちょうどよいことに、長男の孫のバッグを縫った布が、余っていた。

 見返しも、表布地と同じバービーシリーズの布で揃えたので、出来上がりは、お洒落度100%の素敵なバッグとなった。








 
[PR]

# by miman57 | 2014-12-06 09:38 | 作ったもの

和布で作った椿のブローチ・3つ目


c0179853_8582859.jpg



 一昨日の手芸クラブの課題は、和布で作る造花だったのだけど、「椿のブローチ用に、○○さんから布をいただいたので、裁ってきました」と先生は仰って、椿の花弁の形に裁って印までつけた紺色の絣の布まで配ってくださった。

 造花が完成したので、さっそく、それで椿のブローチを作った。

 前回に作った2つのブローチと並べて、デジカメでパチリ。

 再来週までの手芸クラブの宿題、全部、片づけてしまった~~。

 「今日は、何を縫おうか?」と、わくわくする楽しみが、なくなった…。
 

 
[PR]

# by miman57 | 2014-12-04 09:01 | 作ったもの

和布で作る造花


c0179853_11114183.jpg



 昨晩は、近所の地域の集会所で開催されている手芸クラブの日で、作品は和布で作る造花。

 こういう細工物は、私は今までしたことがなかったので、先生の話された作り方を忘れぬうちにと、頑張って完成させた。
 2週間後の次回は、色違いで、もう1つ作るそうだ。

 ところで、これは、先生がどこかで買われたものを見本にして、先生が布地を用意しくださり、みんなで作るというもの。そして用意してくださった布は、先生の手で、裁ってあって、印もついている。

 それを、先生は、「布は、家にあったものを使いましたから、材料費代は受け取れません」と言われる。いつものように、先生とお世話の方で押し問答があり、1本につき100円となった。

 そうそう、前に作った和布の肩掛けバッグの材料費は500円。もちろん、授業料はただです。

 70歳を過ぎられている先生だけど、「いつもありがとうございます。これからもお元気で、まだまだたくさんのことを教えてください」と、感謝の言葉しかありません。
[PR]

# by miman57 | 2014-12-03 11:16 | 作ったもの

ソレイアードシェル型ポーチ


c0179853_10382489.jpg



 布の多色使いとシェル型ポーチの縫い方に慣れてきたので、やっと、長女に頼まれていたソレイアードを使ってのシェル型ポーチを作ってみた。

 大きさは、ネコちゃんポーチと同じで、マチは4センチで、自立する。

 あはは…、天下のソレイアード様を切り刻んで使ったというのに、私の手にかかると、やっぱり、昭和の香りのパッチワークだなあ…。

 でも、さすが、ソレイアードの底力!

 見ているだけで元気の出てくる配色。
 完成と同時に、最近の私を捉えて離さない<寂しい病>が吹き飛んだ!

 こういう布使いと色使いが、基本的に、私は好きなんだと思う。






 
[PR]

# by miman57 | 2014-12-02 10:41 | 作ったもの

ネコちゃんシェル型ポーチ・2つ目

c0179853_13493736.jpg

c0179853_1349517.jpg




 以前に作っていた、初代<ネコちゃんシェル型ポーチ>。

 作ったものの、委託販売には出さずに、ずっと手元に。
 自分としてはかなり頑張ったもので、出来上がりも気に入っていたのだけど、布使いのセンスがダサいというのはわかっていた。
 長女に見せた時にも、「やっぱり、いつもの昭和の香り!」って、言われたし…。

 でも、作って1か月以上過ぎて、恥をかく勇気もできた。(笑)

 あら~~、お店に出したら、すぐに売れちゃった~~。

 長女に、「古臭い昭和レトロでも、丁寧に作っていたら、欲しいと言う人がいるんだ」と変な言葉で感心されて、「それって、個性かもね。お母さんはどう努力しても、今風の布使いは出来ないのでしょう。だったら、こういう路線で作っていくのもいいのかも」とも言われた。

 …ということで、ネコちゃんシェル型ポーチの2つ目を作ってみた。
[PR]

# by miman57 | 2014-12-01 13:55 | 作ったもの