コイン入れが2個

c0179853_08531280.jpg


 コイン入れを2個、縫った。
 4月19日のブログに、「コイン入れを20個作る!」と書いて、これで11個。

 このネコ柄は、最後に無理やりはめ込んで、これでみごとに使い切った。
 ものすごい達成感!

 営業部長(夫)は、こういう布の使い方を嫌がる。同じ手間をかけて(いや、面倒かも?)、出来上がった作品から、<けちくさい>臭いがしてくるからだと思う。「どうして、また、性懲りもなく、こんなものを作るんだ?」と、営業部長は聞いてくる。

 だから、最近は、残り布利用の時は、営業部長の目を盗んで作っていた。「「布くらい、買ってやる。けちけちするな」と言われても、やりたくてたまらないのだなあ。(笑)

 …で、どうして私は<けちくさい>ことをするのだろうと考えてみた。

 思い出した!
 布雑貨を作り始めた最初の動機が、孫の幼稚園グッズや服を縫った残り布利用だったこと。たぶん、新しい布を買ってまでは、私は布雑貨を作ってはいなかったと思う。

 私は、残り布をいろいろと考えて、再利用するのが大好きなのだ。どんな小さな布でも捨てるに忍びない。基本は、<布地大好き>人間なのだ。だから、作品を作った達成感よりも、布地を使い切った達成感のほうが大きい。

 人の意見を素直に聞いて、取り入れることも大切だと思う。でも、気をつけていないと、「なぜ、自分はこれをしたいのか?」っていう基本から、外れてくるのだなあ。

 


[PR]

by miman57 | 2018-05-06 08:55 | 作ったもの | Comments(0)