メダカ…?!

c0179853_07522228.jpg

 メダカを飼い始めて、3年目かな、4年目かな。
 今年の春、初めて、孵化に取り組んでみた。

 大きな水槽で飼っているメダカが卵をお腹につけたら、藻を入れた小さい水槽に移して、卵が藻にくっついたら、元の水槽に移す。そんな簡単なことの繰り返しだったけれど、今、小さい水槽には、10匹くらいの小さい子どもメダカが泳いでいる。

 それから、大きな水槽の親メダカ、3月30日のブログに8匹いると書いたのだけど、いつのまにか3匹になってしまったので、先日、8匹買い足した。

 そのブログにも書いたことなのだけど、メダカが行方不明になる現象がずっと続いていて、頭を悩ましていたのだが、その原因がやっと判明した。

 水槽の中に沈めて吸盤でガラスの縁に固定するタイプの濾過装置の隙間に入って、身動き取れなくなって、死んでいくみたい…。屍が見つからないのは、メダカって小さいから、屍はいつのまにか溶けちゃうのね。

 濾過装置と水槽の隙間ではないかなあ…とは思ってはいた。
 でも、いくら脳みそのなさそうなメダカでも、自分からUターンできない隙間に入り込むことはないだろうと思ったり、メーカーが作っている濾過装置なんだから、小さい魚が入り込むなんてことは予防してあるだろうと思ったり。

 今回、濾過装置と水槽の縁の間に、1匹の屍と屍らしい残骸を発見したことで、濾過装置の吸盤を外して、水槽の縁からちょっと離れたところに、砂に埋め込んで立てるという形で、濾過装置を設置してみた。

 ははは…、メダカたち、濾過装置と水槽の縁の数センチくらいの隙間を、嬉しそうにぐるぐる回っている。メダカって、狭い場所が好きなんだねえ…。

 生きている間に、謎が解けてよかった!
 それにしても、人間の脳みそって、目の前に真実は形としてあって、目は確かにそれを見ているのに、脳みそは自分に都合のよい方向へ思考をするように出来ているんだなあと思ったことだ。
 

 


[PR]

by miman57 | 2018-05-12 07:57 | 日々に想う | Comments(0)