肩掛けバッグ(試作品)・№1

c0179853_07295027.jpg
c0179853_07295479.jpg
 前回のマクラメ編みの蓋つき肩掛けバッグを参考に、「こうなったら、肩掛けバッグ製作を極めよう!」ということで、試作品・№1。

 前回のと大きさは同じだが、布地の関係で(洋服を裁断したあとの細長いハギレ)、蓋つきは無理なので、ボタンに紐をかける形にした。前のと大きな違いは蓋なしと、肩紐の幅を太くして布地に芯地を貼り、しっかりさせてみたこと。

 この大きさの形のこだわりは、長財布を横にしてすとんと底に収まること。でも、あとちょっと横広いほうが、出し入れが楽かもしれないなあ。

 肩掛け布バッグは、1年前に2つ作ってから、ずっと作っていなかった。それで営業部長(夫)が、「作れ! 作れ!」とこの1年間、煩かった。この2つ、お店に出したらすぐ売れたのだけど、なんか私としては満足いく出来ではなかったのだ。

 どこがどう気に入らないのか、そこが明確にわからないのに、なんか頭の中のイメージと出来上がったものが違うのだ。でも、先日、先輩でライバルの人が作ったバッグを見て、そして彼女が言った言葉「この形に落ち着くまで、何個も作った」というのを思い出し、私も頑張ろうと思った。

 試作品ということでナンバーまで振ってみた。
 いったい何個の試作品を作ることになるのだろうなあ。




[PR]

by miman57 | 2018-06-02 07:33 | 作ったもの | Comments(0)