長女の家に行ってきた

c0179853_07410737.jpg

 11年に1回巡ってくる神社大祭の町当番を終え、普段の生活に戻った夫。1年間お休みしていた長女の家の空き地での家庭菜園をまた始めるとのことで、その夫についていく形で、長女の家に行ってきた。

 上の写真は、草ぼうぼうの畑でちょっと手を休めて、学校から帰ってきた上の孫と話す夫。
 この孫は外遊びが大好きで、10年前に夫がここで家庭菜園を始めた時も、野菜造りをする夫の横で玩具のスコップやらジョロを持って、ずっとそばにいた。

 あの時はおむつしていたのに、10年経って、こんなに大きくなりました。放課後の水泳練習があったとかで、髪がざんばらです。

 下の写真は、長女の家の裏の、田植えを待つ水を張った田んぼ。写っている山は、10年前は山火事のためにはげ山状態だったのに、10年経つと、こんなに青々となった。

 …と、なんか、やたらと今回は、長女がここに住み始めた10年前を思い出した…。

c0179853_07410254.jpg

 ところで、長女の家に行くと、夕食作りは献立も買い出しも調理も、すべて私の役目。

 しかしながら、今回、職場で怪我をした夫に、労災ということで給料も出て保険も支払われたので、食材の支払いを夫に任せることとした。(笑) それで、久々の豪華な夕食となった。

 前日から煮込んで準備したおでんに、長女にも孫にも好評の新じゃがをつかったポテトサラダ。
 このポテトサラダ、じゃがいも・人参・ゆで卵・ソーセージ・きゅうり・マカロニといろんなものを入れるのだけど、久しぶりに作ったので、「ばあば、リンゴが入っていない」と孫に言われてしまった。

 そして、いろんな種類の揚げ物ときゅうりの酢の物と甘い煮豆は、長女の家の近くにある、集客数と売り上げが全国でも1~2位を誇る産直で買った。そしてそして、もう1つ、特別メニューとして、産直のお魚屋で買った大粒のアサリがお椀からあふれるお吸い物。

 みんなに「美味しい、美味しい」と言ってもらって、嬉しかった。



[PR]

by miman57 | 2018-06-09 07:45 | 日々に想う | Comments(0)