子ども用マスク10枚

c0179853_08383845.jpg

 町内敬老の日プレゼント<牛乳パックで作るお薬手帳入れ>35個を役員さんに届けて、その後、10個ほどを役員さんが集まって作るというので、仲間に入れてもらって、出張作成。
「ミマンさんんが手伝ってくれなかったら、もう1回集まらなくちゃいけなかった」と、感謝された。

 そして、昨日、完成品230個に、メッセージを添えてリボンをつけて袋詰め。
 終わりました!

 1か月間、<牛乳パックで作るお薬手帳入れ>製作にかかりっきりだったけれど、充実した楽しい1か月だった。そのうえにこんなに感謝されたのは、長女の出産・育児を手伝った時以来かな。でも、長女は家族なので、他人さまに感謝されるというのは、充実感も伴って、なかなかにいいものだという発見。

 ただ、「ミマンさん、ただものじゃない。ぜひ、これからの行事にも参加して、手伝って」と言われてしまって…。「今回は、自分の得意な分野だったので、頑張ったのだけど、あとは無理」とは言っているのだけど。この1か月間の充実感と連帯感とそして猛暑を忘れたかのような自分の元気さに、「老後を生き抜くのに、こういうのもありか?」と、思うところもある。

 それにしても、前のブログにも書いたことだけど、充実した老後って、<したいこと>ではなくて<しなくちゃいけないこと>のほうが大切だなあ。<したいこと>って、なんだかんだと理由をつけて、先延ばしにしてしまう。

 私の場合、時間があるのに<したいこと>を先延ばしにすると、「なんという怠け者なんだろう」と自分を責めだして、心身共に不調になるのだ。それと、<しなくちゃいけないこと>を積極的にこなしていると、その隙間時間に<したいこと>を上手く入れ込んでいく、体力と精神力が出来るような気もする。

 …ということで、役員さんたちからのお誘い、どうしたものかと悩みどころ…。

 <牛乳パックで作るお薬手帳入れ>製作にとりかかる前に布を裁っていた子ども用マスク。
 前回6枚完成させて、今回10枚完成させた。これで、子ども用マスクは終わり。
 さて、次は、何を作る?




[PR]

by miman57 | 2018-07-28 08:41 | 作ったもの | Comments(0)