あらま、難病らしい…

 1か月前くらいに、持病の軽度糖尿病の治療を、自宅から遠い循環器科の内科から家の近所の糖尿病専門病院に変更したことは、ブログに書いた。

 その時、新しい病院での触診で、半年ほど前に出来たしこりについて、CTのある大きな病院で検査を受けるように言われて、紹介状を書いてもらった。

 そのしこりは、風邪の症状とともに出来たものだったので、前の病院では「風邪という原因がわかっているのだったら、悪性腫瘍ではないだろうから、そのうちに消えるでしょう」と言われていたもの。痛くもかゆくもないので、私も放っておいた。

 しかしながら新しい先生にこれからずっと診てもらうのだったら、逆らうわけにもいかないだろうと、昨日、大きな病院に行ってきた。

 その結果、前の先生も今の先生も内科だから、悪性リンパ腫の可能性を示唆していたのだけど、リンパとは関係ないしこりだった。

 どうも、ごくごく最近にわかった自己免疫疾患からくる臓器硬化という、難病らしい。

 運が悪ければ、そのうちに、肝臓・膵臓・腎臓などの臓器も壊れてくるらしい。今までは、その1つ1つが独立した病気としてとらえられていたが、ほんとにごく最近、それも世界に先駆けて日本の医者が原因らしきものを発見した、自己免疫疾患からくる一連の関係した病気だとわかったらしい。

 症例の少ない病気で、それも現在、世界に先駆けて日本の医者が原因究明と治療法に取り組んでいるという、なかなかに華々しい病気だ。

 新発見の病気とは、まあこの私の人生の最後にしては面白いことになったとは思うけれど、ステロイド投与以外には、まだ治療法が確立されていないのが、残念といえば残念。

 …とまあ、これから詳しい検査をするので、もしかしたら、医者の見立て違いということもある。(笑)

 だから、ブログに書こうかどうしようかと迷ったけれど、このブログは私の日記であるので、こんなすごい経験を書かないわけにはいかないだろうということで、書き残しておくことにした。

 
c0179853_02530291.jpg
 

 

[PR]

by miman57 | 2018-09-05 02:55 | 日々に想う | Comments(2)

Commented by chabo1107 at 2018-09-05 11:33
ミマンさん、こんにちは

大きな病院に行かれて
原因がわかって、驚かれたでしょう
そのような病があること
ミマンさんに、初めて教えていただきました
日本の医療は優秀で、どんどん進んでいます
早く良いお薬が見つかることを祈っています


Commented by miman57 at 2018-09-06 02:51
choboさん、
ご心配をおかけしてしまいました。
時間が経つにつれて、
じゃんけんにも弱く、くじ運もまったくない私が、
そんな珍しい難病を引き当てることはない、
という確信に満ちてきております。(笑)
風邪の症状とともに腫れたという原因がわかっているので、
その腫れがしこりとして残っているに違いないと…。
初めのお医者さんの見立てが当たっているように思われます。
それにしても、大病院でのあれこれの検査は疲れました…。