中華ファンタジー小説を書き始めた…№4

 昨日、<Web小説サイト>なるものが、ネットの世界に存在することを、初めて知った。

 どういう仕組みになっているのかわからないけれど、無料で、ネットで小説を発表する場を貸してくれるようになっている。そのうえに、小説を書くのに、便利なツールつきで、自分の作品の宣伝が出来て、読者の反応もわかるようになっている。

 そういえば、ブログを書くいう場所を無料提供してくれるサイトもたくさんあるのだから、小説を発表する場所を無料提供してくれる場所もあってもいいとは、知ってから考えつくこと。

 小説を発表するのだったら紙媒体の同人誌という考えは過去の物とは、薄々わかってはいたけれど、そうしたら、ブログで書けばいいのではないかという知識も、すでに過去のものとなっていたのだ。

 この年齢で、初めて知るということが、まだまだあるのだなあ。
 そして、ネットの世界のことは、周囲に教えてくれる人がいないものだから、さまよっていて、ある日、偶然にその世界に踏み込むという形でしか、知ることが出来ないというのも、この年齢ならではの悲しさではある。

 いま、中華ファンタジー小説を書いているのだけど、読者は自分1人でいいと思っていた。
 けれど、誰かに読んでもらいたいとは思わないのだけど、自分の書く小説を、下書き状態ではなく、人の目に触れる完成状態で実際に見てみたいという欲望は、ずっと胸の内にくすぶっていた。

 もう一つ、ブログを増やして、そこに書こうかと考えていた。しかし、ブログの形式は、新しい記事が下になっていくというのが、小説発表には向いていない。

 …ということで、昨日、悪戦苦闘しながら、<Web小説サイト>に自分のページを開設。そして、おっかなびっくりで、自分の書いた小説も、2話まで載せてみた。

 30年間にファミコンでTVゲームを始めて、ついに2年前には、オンラインゲームの世界まで楽しんだのだけど、40年前に400字詰め原稿用紙に鉛筆で小説を書くことから始めて、ついに昨日、Web小説デビューだ。

 これが<今を、生きている>ということかと、感動もの!

 自分の書いた小説を読んで欲しいとはあまり思わないのだけれど、<Web小説サイト>なるものがあるのだと、私と同年代であるだろうこのブログを読んでくださる人たちに知っていただきたくて、恥ずかしいけれど、ページを貼りつけておく。

 目次をクリックすると、小説が読めるようになっている。









[PR]

by miman57 | 2018-09-25 03:38 | 中華ファンタジー小説 | Comments(2)

Commented by miqu_7cd at 2018-09-25 05:59
mimanさん、面白かったです!
是非続きが読みたいです。

Commented by miman57 at 2018-09-26 02:03
miqu_7cdさん、
嬉しいコメントをありがとうございます。
かなり長い小説になる予定ですが、
完結を目指して、頑張りたいと思います。