2018年 01月 22日 ( 1 )

キャラメルポーチが3個

c0179853_07502706.jpg
c0179853_07503382.jpg


 キャラメルポーチを3個、縫った。
 花柄のが2個と、ネコ柄が1個。営業部長の夫から、ネコ柄解禁令がでたのだ。

 前回に出来上がった花柄を持って、お店に納品に行った時のこと。

 手作りの先輩で、いろいろとアドバイスをいただいている人が言った。「ミマンさん、ネコ柄がよく売れているのに、今回はどうして、花柄なの? 売れている時は、それを続けるのが、コツよ」

 そのあと、家に帰ってから、「ネコ柄を作れ!」と、営業部長はうるさい、うるさい…。。

 どうしてうちの営業部長は、他人の意見だとあんなに素直に従うのだろう。まあ、夫婦で「どうして?」の応酬をしていると、喧嘩になるので、私は腹の中の「ふん!」にとどめておくことにする。

 そうそう、もう1つ、私の特色である2色使いのこと。
 これも、「どうして?」と、いつも営業部長は聞いてくる。

 私のような2色使いの作家さんは、お店では少ない。そのことを、「1枚の布を使ったほうがインパクトがあり、そしてそのほうが売れるからだ」と、営業部長は考えているらしい。

 でも、先日、この問題にも答えが出た。先輩が言ったのだ。
「ミマンさんの布合わせ、ミマンさんの個性が出ていいと思う。でも、その個性を出す一手間って、ほんとうは一手間どころか、二手間も三手間もたいへんでしょう」
 その日から、この問題に関しては、営業部長は何も言わなくなった。

 営業部長のまるで3歳児みたいな「どうして? どうして?」攻撃は、うるさくてしかたがないのだけど、おかげで、なんとなくやっていることにもちゃんと答があるんだなと気づかされる。
 次は、何について「どうして?」と聞いてくるのかな?

 


[PR]

by miman57 | 2018-01-22 07:54 | 作ったもの | Comments(5)